あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

SHOW-ism

2016年6月 5日 (日)

ぼくのファンは歌がうまいってほんとうですか?

先々週アップする予定だった記事、今頃公開sweat01

Twitterでも時々つぶやいてましたが、実は昨年からゴスペル始めました。PASONAのゴスペルチームで7月の10周年コンサート目指して日夜(?)お稽古に励んでいます。
どういう経緯で??っていう話を始めると長いので後にしますが、もうすでにチケットも発売になり、いよいよ後がありません!ひ~、頑張らないとsweat01
りっぱなチラシができたのでお見せしちゃいます。

Flyer01

Flyer02

■ソウルメイツ・ハーモニー チャリティー・コンサート
【日時】2016年7月2日(土)16:30開場 17:00開演
【会場】日経ホール

【演出】小林香
【出演】JKim ※歌唱指導も
パソナ・ソウルメイツ・ハーモニー
ゲスト:上原理生
【チケット】全席指定 3500円
発売:2016年5月21日(土)10:00~
チケットぴあ
e+
ローソンチケット
【お問い合わせ】サンライズプロモーション東京 0570-00-3337
【主催・製作】パソナグループ

先生はJKimさんです。
ゲストは深みのある歌声が魅力の上原理生くん。
そしてなんと演出にshine小林香さんshineですよ!どうしましょ(笑)

続きを読む "ぼくのファンは歌がうまいってほんとうですか?" »

2014年9月14日 (日)

ピトレスク前半の曲判明

あっきー友さんがみつけてくれました。これですよね?「ピトレスク」あっきー作曲の歌の前にJKimさんが歌い、みんながコーラスした歌。

Dulce Pontes - Nu
https://www.youtube.com/watch?v=Ac1tj_lBIHw

Nuって、ポルトガル語で「ヌード」のこと。歌詞らしきものがないので、どういう出自の歌なのかはわかりませんが、ドゥルス・ポンテスさん2009年のアルバム、「Momentos」に収録されています。

この歌のことは、岡本知高さんが9/7オペラシティでのコンサートでピトレスクの歌を歌ったよとクミコさん宛てにつぶやいたツイートで知りました。

そこに図々しく割り込んで確認したら、やっぱり!

先日のラジオでもあっきーがトモチンが自作曲をコンサートで歌ってくれたことをすごく喜んでいましたが、舞台と同じように、この「Nu」とあっきー「ピトレスク」2曲続けて歌ったそうです。ピョートル、ありがとう♪今度いつかまたみんなで歌える日が来るといいね。っていうか切望!heart04

ただ曲名はわかったものの、誰が作ったのか、誰が歌っているのかなど検索してもなかなか出て来ず、半分あきらめかけていたら、友だちが探し出してくれました。感謝~lovely

わかってみれば、ポルトガルの音楽ファド。しかもアンパレのとき、「蜃気楼」のパートでニコ(彩吹真央さん)が歌った恋人を失って嘆き悲しむ歌の原曲を歌ってた方ではありませんか?!なるほど、繋がった!flair

当時ご紹介したのはこちらの動画ですが、

■海は荒海バージョン
cancão do mar ~ dulce pontes
https://www.youtube.com/watch?v=Qy9fzZqJGYM

こんなのもありました。

■ダンスバージョン
CANÇÃO DO MAR | COMPANHIA DE DANÇA DE AVEIRO

https://www.youtube.com/watch?v=j51oyMWOWEM

【ご参考】
→アンパレ原曲集

→アンパレ公演情報まとめ

こんなところでアンパレとのつながりが判明するとは、小林香さん、やるな~(笑)

この「裸」というタイトルの付いた歌、「ピトレスク」劇中ではJKimさんの透明感のある歌声も素晴らしかったけど、この動画にはないコーラス部分は、うまくアレンジしてくださった音楽監督さんのお仕事でしょうか。素晴らしいです。ありがとうございました。

なんかあまりにも美しい歌声だったので、もったいなくてあまり人に聞かせたくない(笑)みたいな心理でちょっとアップするのが遅くなったことは内緒だbleah

続きを読む "ピトレスク前半の曲判明" »

2014年7月 1日 (火)

なんて素敵にピトレスク

ジャン・ルイもこんな詩を書いただろうか?こんな歌を歌っただろうか?
ジャン・ルイの歌声が聞きたい。
ピトレスクの世界が現実の悪夢として現代の日本に現れたようなこんな夜に night

バルバラ

思い出せ バルバラ
あの日ブレストはひっきりなしの雨ふりで
雨のなかを
きみは歩いていた ほほえみながら
花やかに 楽しげに 濡れて光って
思い出せ バルバラ
ブレストはひっきりなしの雨ふりで
シャム通りできみとわたしはすれちがった
きみはほほえみ
わたしもほほえんだ
思い出せ バルバラ
きみをわたしは知らなかった
きみはわたしを知らなかった
思い出せ
それでもあの日を思い出せ
忘れるな
門口にひとりの男が雨やどり
バルバラ
と きみの名を呼んだ
雨のなかをきみは男に駆け寄った
濡れて光って 楽しげに 花やかに
そして男の腕に抱かれた
あのことを思い出せ バルバラ
きみと呼んでも咎めるな
わたしは一度しか会わなくても
愛する人ならみな「きみ」と呼ぶ
たとえ知らないひとでも
愛し合うひとならみな「きみ」と呼ぶ
思い出せ バルバラ
忘れるな
しあわせなきみの顔に
しあわせなあの町に
あのおだやかな雨 しあわせな雨
海にも
海軍の工場にも
ウェッサン通いの船にもあの雨
ああ バルバラ
じつに愚劣だ 戦争は
この鉄の雨
火の雨 血の雨 鋼の雨のなかで
今きみはどうしている
いとしげにきみを抱きしめた
あの男は
死んだか 行方不明か それともまだ生きているか
ああ バルバラ
ブレストは昔と同じように
ひっきりなしの雨ふりだが
もう同じ雨ではない すべては悪化して
恐ろしい荒んだ弔いの雨だ
もう鉄や鋼や血の
篠つく雨ですらない
ただの雲
犬のように野垂れ死にする雲だ
ブレストの潮の流れに
犬どもは姿を消し
やがて遠くで腐る
ブレストのはるか彼方で腐る
この町に残るものなし

ジャック・プレヴェール
小笠原豊樹:訳
1991年マガジンハウス社発行「プレヴェール詩集」より

2014年4月17日 (木)

スターファイルに「ピトレスク」劇評

予告されていたピトレスク劇評がアップされました。

■スターファイル(朝日新聞デジタル)
【公演評】「SHOW-ismVII ピトレスク」
響くテーマにとろけるような歌とダンス

※有料記事
(1)ショーと芝居、高い完成度に観客は…
(2)中川のオリジナル曲には、人間の温かみと強さが
(3)クミコ、岡本、中川、Jkim、保坂の声が重なると

わたしもいろいろ語りたいことがいっぱい溜まってるんですが、
それより忙しさと体調悪さで、前回のあっきーインタビュー記事の読者プレゼントに応募しそこなってたことに気がついてshockもうショックでショックでannoy…寝ますsweat02

2014年4月 8日 (火)

SHOW-ism VII「ピトレスク」使用楽曲リスト

原曲がわからない曲が多いのですが、わかった分だけ書き出しておきます。
劇中の楽曲タイトルは、セリフの中になかったものは、わたしが勝手に付けました。

【1幕】
★オープニング「閉じた口」(歌:キャスト)
(オリジナル:小林香+中川晃教)

★ないないづくしの歌(歌:キャスト)
原曲:Choo choo ch'boogie
参考動画→https://www.youtube.com/watch?v=_A2pRVyBmOY

★イチジクという名のキャバレー
原曲不明
(スイングジャズの結構有名な曲だと思うのですが…)

★マルゴーのハミング
ドイツ民謡「Summ, summ, summ, bienchen summ herum」
(「ぶんぶんぶん(蜂が飛ぶ)」)
参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=zMK-PfZdZkw

★ジャンルイのハミングとモノローグ
原曲:Parlez-Moi d'Amour (聞かせてよ愛の言葉を)
参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=QN2o_MS-kn4

★黒い目
(フリードリヒのリクエストでマヌエラが歌いマルゴーが続く)
原曲:黒い瞳(ロシア曲)
参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=TXjRuD_sbBA

★回転木馬 (歌:マルゴー)
原曲:La Foule(群衆)
参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=tZ5zHAlXfpg

★声のない声(歌:ジャン・ルイと婚約者)
原曲:Mon émouvant amour(声のない恋)
参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=TczGCB9zayM

★声にならない声、または閉じた口2(歌:ジャン・ルイ)
原曲不明

★「鍵のかかった絵」前口上(歌:ジャン・ルイとマルゴー)
原曲:「ハバネラ」(ビゼーのオペラ「カルメン」より)
参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=xlGTz0pSLS8

★「鍵のかかった絵」プロローグ(歌:ピョートル)
原曲:「サラバンド」(ヘンデル)
参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=iBiEXefA0dI

★「鍵のかかった絵」返された鍵(歌:フリードリヒ、カミーユ、ピョートル、タマラ)
原曲:「アランフェス協奏曲」(ロドリーゴ)
参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=hRk8YDjzBxo

【2幕】
★マルゴーの誕生日
・Joyeux anniversaire
(Happy Birthday to you のフランス語版)
・Ein Prosit (ドイツ乾杯の歌)
・天国と地獄(オッフェンバック)
・Ça c'est Paris(「サ・セ・パリ」)
・Lili Marleen(「リリー・マルレーン」)
・ロシア民謡「カリンカ」

★前口上(歌:フリードリヒとカミーユ)
原曲不明

★性的嗜好マイノリティの歌
原曲不明

★多数決の歌または海賊の歌(タマラ+みんな)
原曲不明

★Silent Night(イベット?とマヌエラ)
参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=iAH0qm6OWKk

★ピトレスクへのイントロ(歌:マヌエラ、ジャン・ルイ、ほか)【更新】flair
原曲不明:Nu (Dulce Pontes)
参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=Ac1tj_lBIHw
★ピトレスク(歌:キャスト)
(オリジナル:小林香+中川晃教)

★自由の歌(歌:キャスト)
原曲:「歓喜の歌」(ベートーベン交響曲第九番合唱付き)
→小林香さんブログに歌詞
参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=iU5av55T2Yk

書き出してみると、「ピトレスク」がM20だとすると、一曲足りないのですよsweat01
何か忘れてるかな?coldsweats01
少しずつ場面解説など入れたいと思いますが、取り急ぎタイトルのみ。
一幕冒頭のジャズナンバー(2曲目)と、二幕中盤の出し物の曲が丸々わかりません。
どなたか~??おわかりの方いらっしゃったら教えてくださいね。
どこかのレビューにクルト・ワイルの曲とかラボエームの曲とか書かれていたので、それかもしれないんですが、あいにくクルト・ワイルは「マックザナイフ」しか、ラボエームは「サマータイム」しかわからないので(笑)
あと死ぬほど知りたいのがピトレスクのイントロ。
ケルティックかな~と思っていろいろ聞いてみたけど発見できず。
独特の哀愁と郷愁に満ちた曲ですよね。
後半あっきーのオリジナル曲も素晴らしく優しく美しく、ほんとうにそこだけ切り抜いてもう一度聞きたいくらいです。
あっきー、コンサートで歌ってくれない?イントロから一人でbleah

続きを読む "SHOW-ism VII「ピトレスク」使用楽曲リスト" »

2014年4月 6日 (日)

自由の歌が聞こえる

「ピトレスク」演出家の小林香さんがブログで「ピトレスク」最後のナンバー、第九「歓喜の歌」こと「自由の歌」の歌詞を公開してくださっています。
あれは「自由の歌」というタイトルだったんですね~。
千秋楽のカーテンコールでは、最後にタマラさん(保坂知寿さん)の音頭取りでもう一度歌ってくれました。
アンパレのときと違って、今回は耳なじみのある曲が多かったから、細かい歌詞はともかく曲が頭にこびりついて離れず脳内再生を繰り返しています。
こんな風に歌詞を公開してくださると一緒に歌えるのでうれしい♪

でもできれば使用曲の原曲のタイトルだけでもプログラムに書いておいてほしかったな~(今さら)

今さらプログラムといえば、最終日を前にプログラムが完売してしまったらしいんですよ。
それで最後の二日間は、増刷の予約申し込みを受け付けていたそうです。
わたしよくチェックしてこなかったんで、詳しいこと知らないんですがsweat02
プログラム、もちろん全員買うわけじゃないけど、今回けっして毎回満員御礼というわけでもなかったのに足りなくなるって、見積もりが甘かったんですねcoldsweats01

2014年4月 3日 (木)

雨のピトレスク

Pitto01

あいにくのお天気となりましたが、SHOW-ism VII「ピトレスク」無事に千秋楽を迎えました。まずは今回この美しい舞台に関わられたスタッフ・キャストのみなさんに、ありがとうとお疲れ様と言いたいです。

Pitto02

千秋楽らしく、カテコではキャスト全員からのご挨拶がありました。詳しくはまたのちほどまとめたいと思いますが、中学生の頃からの夢だったミュージカル出演を果たすことができたという岡本さんの涙が印象に残っています。ともちん、最後まで可愛かったlovely

三度目の観劇にしてようやく各出し物の意味がわかったり、いろいろ納得の千秋楽でした。やっぱり近くで見るのって大事。今回初めて少し前方列だったのでキャストのみなさんのお顔もよく見えました。難しいかもしれないけど、これはもっと小さい小屋で、お互いの体温感じるくらいの距離で見たかった。

みなさんはどんなピトレスク、お持ち帰りになりましたか?

Pitto03


ヴァンゼーを揺らす月は今日も輝いているか

「ピトレスク」これから三回目にして最後の観劇に向かいますがその前に。
前回3/30(日)マチネのときのタイムテーブル。

Timetable20140330

二幕の時間が5分短くなってました!
どこがどう整理されたのかまではわかりませんが、全体的にすっきりした感じがしたのは勘違いじゃなかったってこと。その後も毎回ダメ出し(笑)と細かい手直しが加えられているようなので、今日はまた違った印象や理解が深まることを期待してます。

すでに観劇した多くの友人たちも言ってることですが、ラストシーンの展開がどうもイマイチ腑に落ちてなくて。なんであの地下室を一回逃げるように出て行って、またすぐ戻ってきたのか。そこの流れがピンとこないのです。

あの部屋のイチジク(電灯)の象徴するものや第九の歓びの歌を使った最後の歌の力強いメッセージがわかりすぎるくらいわかるから、よけいにここで引っかかるのが惜しいというか。

今日はまた何か違う心象風景が見られるといいのですが。

続きを読む "ヴァンゼーを揺らす月は今日も輝いているか" »

2014年4月 1日 (火)

チューチューチュブギ♪

ピトレスク、2曲目の音楽、これかな?
パリではいろいろないないづくしだと皮肉っぽくみんなで歌って踊るシーン。

ここ盛り上がって手拍子入らないかな、と思っているんだけどね。自分では胸の前で小さく。
全体的にピトレスク、拍手が入れづらいですsweat02

★Louis Jordan - Choo choo ch'boogie



もう一曲もジャズっぽかったけど。

ピトレスクを見た人々

当たり前だけど日々観客の累計は増えていって、その感想も様々ながら増加。怒涛のように流れていくつぶやきをクミコスタッフさんがまとめてくださってます。

■クミコスタッフさんによるまとめ(開演直前~公演中)
SHOW-ism Ⅶ『ピトレスク』(2)2014/3/20~
http://togetter.com/li/647820

■クミコスタッフさんによるまとめ(開演前)
SHOW-ism Ⅶ『ピトレスク』(1)2013/10/18~2014/3/27
http://togetter.com/li/647840

わたし自身は、誰にでも無条件でお勧め!とは言えないし、手放しで絶賛もできないでいるのだけど、ただいくつものシーンが、歌声が目に耳に焼き付いて離れない。そんな感覚に襲われています。めっちゃ好みなのは、舘形さんと彩輝なおさんの二つのダンスシーン。
仮面舞踏会の(ユダヤを表す)黄色いドレスと黄色い鍵の謎めいたやりとり。ルパンがどうとか言ってたような?
そして「愛の嵐」や「地獄に堕ちた勇者ども」を思わせる退廃的な額縁ショー(笑)
松葉づえついたボンデージ美女~、ドツボにはまった(爆)

歌でいうとやっぱりあっきーとJKimさんの「声のない恋」(モ~ナムール♪)と「ピトレスク」ですね。なんと言っても。鳥肌立つようなピトレスクの前半の原曲が知りたい!ケルティッシュかと思ったけど、二度目聞いたらちょっと西南アジアっぽいエスニックな響きも。そして後半あっきー曲のなんて優しい!またまたアーティスト中川晃教を見直しましたhappy02<エラそう
そしてクミコさんの力みのない歌声!なのにとても力強く心に響いてくる。JKimさんとの「黒い瞳」「群衆」。「ぶんぶんぶん」のハミングさえ思わず耳をそばだてたくなる。
岡本さんの人間離れした歌声。どこかで耳馴染みあると思ったら、フジテレビのフィギュアスケート番組のオープニング「ボレロ」を歌っているのが岡本ともちんでした。聞き覚えあるはずだわ。
でもこのお二人、歌よりさらにいいな~と思うのが素朴な演技とセリフheart01
たくまず人間性がにじみ出てくるような。岡本ピョートルほんとに可愛いったらlovelyheart04
クミコさんはブログで歌やセリフ覚えに苦労されてることや舞台上での失敗をまったくためらいなく正直に書かれていて、頭や体が少しずつ思い通りに動かなくなりつつある自分もすごく共感してしまうんだけど、忙しい合間にご両親のめんどうみたりと、同じ人間として生きてる実感というのかな、歌の自然さや強さはこの「普通の人間」としての人生から生まれてくるのかな、と。一文が長い!(笑)
とにかく大好きです!わたしは。

あと、初日書き忘れましたが、音楽演奏が生です!
姿が見えないのでわからなかったんですが、カテコに(たぶん)前嶋さん他ミュージシャンの方々が登場したのでわかりました。どこにいたんだろう?

クミコさんブログにもピトレスク公式アカウントさんのつぶやきにも観劇されたたくさんの方々のことが話題になってますが、

■大澄賢也さんブログ
ピトレスク

あっきーとのツーショットあり。また共演したいと言ってもらえるのって幸せですよね。

■知念里奈さんブログ
ピトレスク観劇。

この間のドラロマチームとは別にお一人で、いや親子でご観劇だったんですね。
息子さんエライ!
そうです、そうです。ありふれた日常がどんなに貴重で大切で愛しいものか、それが何より美しいピトレスクだっていうのがこの舞台の大きなテーマなのですよ。<またエラそう

続きを読む "ピトレスクを見た人々" »

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ