あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

SHOW-ism VII「ピトレスク」公演情報

中川晃教が SHOW-ism第7弾、「ピトレスク」に出演、オリジナル楽曲提供します。

SHOW-ism VII「ピトレスク」
http://www.tohostage.com/pittoresque/

Twitter公式アカウント:@pittoresque2014

→公式アカウントでアップされた画像や動画のみ表示

→ピトレスクに関するつぶやきまとめ(クミコさんスタッフ作成)

【NEWS】
2014.04.17 スターファイル(朝日デジタル)に【公演評】「SHOW-ismVII ピトレスク」
2014.04.03 無事に千秋楽の幕が降りました。みなさん、お疲れさまでした!
2014.04.02 プログラムが在庫切れのため予約受付開始しました。
2014.03.27 無事に初日の幕が開きました。物販、プログラム1200円。
2014.03.27  「ピトレスク」ダイジェスト映像が公開されました。



2014.03.27 公式サイトに舞台写真が公開されました。
2014.03.26 座談会映像が公開されました。→1 →2 →3
2014.03.26 朝日新聞スターファイルに中川晃教インタビューと写真ギャラリーアップ
2014.03.26 宝塚ジャーナルに彩輝なおさん×風花舞さん対談掲載
2014.03.25 東京新聞夕刊に公開稽古取材記事掲載
2014.03.25 毎日新聞デジタルに中川晃教インタビュー掲載
2014.03.23 しんぶん赤旗日曜版にクミコさんインタビュー掲載
2014.03.20 NoviaNoviaに『ピトレスク』のご紹介記事が掲載
2014.03.15 LUSHコラボチケット発売
2014.03.14 稽古場映像動画公開→Movieページ
2014.03.12 朝日スターファイルにピトレスク稽古場会見特集
2014.03.12 公式サイトのSTORY更新
2014.03.11 日刊えんぶ、演劇人のリアルに小林香・中川晃教・クミコ・岡本知高登場
2014.02.27  稽古場公開と記者会見→ニュースまとめ
2014.02.25 2/27発売「STAGE SQUARE vol.7」に中川晃教×舘形比呂一対談掲載、3/8発売「演劇ぶっく4月号」に中川晃教×演出家小林香対談掲載
2014.02.19 日比谷シャンテのニュースにバレンタイントークのレポートアップ
2014.02.14 日比谷シャンテでバレンタイントークイベント開催。→レポ
2014.02.10 日比谷シャンテで2/14バレンタイントークイベント決定。詳細と参加方法は、→日比谷シャンテニュースで。
2014.01.29 「STORY」「CAST / STAFF」ページが更新されました。
2013.12.09 公式サイトに「SHOW-ism HISTORY」ページがアップされました。
2013.12.07 チケット一般発売開始
2013.11.29 公式サイトリニューアル
2013.11.13  公式サイトリニューアル、新ビジュアルとコメント動画アップ
2013.10.30 中川晃教の出演、楽曲提供を発表
2013.10.18  「ピトレスク」上演決定の発表

SHOW-ism VII「ピトレスク」
【日時】2014年3月27日(木)~4月3日(木)
【会場】シアタークリエ

3月27日(木)19:00開演
3月28日(金)14:00開演
3月29日(土)13:00開演
3月29日(土)18:00開演
3月30日(日)13:00開演
3月31日(月)14:00開演
3月31日(月)19:00開演
4月01日(火)14:00開演
4月02日(水)14:00開演
4月02日(水)19:00開演
4月03日(木)14:00開演

【上演時間】
一幕 70分
休憩 20分
二幕 75分→70分

【スタッフ】

作・演出:小林香 | blog
音楽監督:前嶋康明 
劇中歌作曲:中川晃教
振付:港ゆりか

美術:島川とおる
照明:高見和義
音響:山本浩一
衣裳:中村秋美
演出助手:森田香菜子
舞台監督:酒井 健
プロデューサー:小嶋麻倫子

宣伝美術:川岸涼子(united lounge tokyo)
宣伝写真:村尾昌美
宣伝ヘアメイク:谷森正規(FEMME MANAGEMENT PRODUCE)

【キャスト】

マルゴー・アインシュタイン クミコ | blog 
ジャン・ルイ 中川晃教 | blog 
ピョートル 岡本知高
カミーユ 彩輝なお
マヌエラ JKim | blog 
リュシエンヌ 風花舞 | blog 
フリードリヒ・アイヒマン 舘形比呂一 | blog 
タマラ・フォン・ミュンヒハウゼン 保坂知寿
イヴェット 美鳳あや
トマ 三井聡 | blog 

【チケット料金】
9500円    (全席指定・税込)

【チケット一般発売】
2013年12月7日(土)~

【チケット取り扱い】
・東宝ナビザーブ(インターネット)
・東宝テレザーブ(電話)

その他のプレイガイド
・チケットぴあ
・e+(イープラス)
・ローソンチケット
・CNプレイガイド

【公式サイトのSTORY】3/12更新

1942年9月。ドイツに占領されて2年が過ぎたフランス・パリ。
 灯火管制の沈黙の中、パリ市民たちは、BBC放送から流れるド・ゴール将軍のレジスタンスを呼びかける声を聞きながら、解放のときを待っていた。

 ナチスの表現統制によって閉店させられた、自由の象徴だったキャバレー「La Figue(ラ・フィギュ)」。アダムとイブがかじった“イチジク”という名のこのキャバレーを愛した人々が、夜な夜なドイツ兵の警備の目をかいくぐり、地下の額縁工場に集まっていた。
 「La Figue」のスピリットを受け継いだショーを秘かに作って地下で上演し、キャバレー「イチジクのなる部屋」として復活させようというのだ。

 元「La Figue」文芸部のジャン・ルイ、衣装係のカミーユ、歌手のマヌエラ、女給のイヴェット、大道具係のトマ。「La Figue」に食材を卸していた、パン屋のピョートルと肉屋を手伝うトマの妻リュシエンヌ。そして、「La Figue」のシンボルとなる絵を描いた画家のタマラ————。
 そこに新たな仲間が加わる。タマラが偶然リュクサンブール公園で再会した幼なじみでユダヤ系ドイツ人のマルゴー。元小児科医の彼女は、夫を殺され亡命した息子とは離ればなれになり、ナチスの目から隠れるように暮らしていた。
 そこへやってきたのが占領軍のドイツ兵フリードリヒ。仲間に加わりたいと言う言葉を罠ではないかと疑うも、彼らは受け入れることにする。

 ある日、元「La Figue」だったキャバレーが「Walküre(ワルキューレ)」としてオープンするという情報が入る。オープンの日にドイツ大使主催の記念祝典が開かれ、彼らはその幕開けの素人劇団の枠で歌うことになった。

 ナチスやドイツ政府関係者だらけの客の前で歌うのは自殺行為だと躊躇する仲間にタマラは、コンサートの録音を盗んでロンドンに運び、それをBBC放送のド・ゴール将軍の演説のすぐ後に流すという計画を告げる。堂々と歌い上げる市民の声をパリ市民に聴かせることで、レジスタンスの姿勢を示そうというのだ。コンサートが行われるクリスマスに向けて、稽古にいそしむ彼ら。
 沈黙していた人々が口を開く時が近づく————。

【公式サイトのSTORY】1/29更新

1942年秋。ドイツ占領下のパリ。

夜間外出禁止令をやぶり夜中に人が集まってくるのは、とある工場の地下。
ドイツ軍に閉鎖されてしまったキャバレーで働いていた人々が集まって、別の場所にキャバレーを存続させようと、素人ながらに奮闘している。
競売方式で出し物を選んでもらう趣向だが、なかなか客に見せられるまでにならない。

そんなある日、閉鎖されたキャバレーが名前も精神もナチス流にリニューアルされて再開するという知らせが入る。
オープンを祝うコンサートに出ることになったメンバー。
出演時間は7分間。
客席はドイツ関係者ばかりだが、彼らはそこで歌うことで、とんでもないレジスタンスを企てていた。

【公式サイトのIntroductionより】
1940年代、ナチス占領下のパリ。
夜の闇にまぎれて幾人かの男女が「イチジクのなる部屋」に集まってくる。
母、学生、妻、恋人、レジスタンスの男、亡命者、同性愛者、ユダヤ人、協力者・・・。
名乗りあうことさえままならない彼らは、配られた一枚の紙に黙って目を落とす。
それは今夜の台本。
彼らは、密告と検閲の目をかいくぐり、灯火管制をかいくぐり、
腹がいっぱいになる笑いと生き生きした歓びを演じることに興じる。
暗い夜のなかに灯された、
彼らがみたピトレスク=忘れられないほど美しいものとは・・・。

演出家・小林香が放つSHOW-ismシリーズ第7弾は、シャンソン界の女王・クミコ、
今作に楽曲を提供するシンガーソングライター・中川晃教、
ミュージカル界を代表する名女優・保坂知寿、
奇跡のソプラニスタ・岡本知高、
元宝塚歌劇団トップスターの彩輝なおと娘役トップスター・風花舞、
稀有なるダンサー・舘形比呂一、
圧巻のディーバ・JKimらを迎えた、
パリやベルリンなどヨーロッパの美しい旋律に充ち溢れた渾身の新作です。
彼らのコラボレーションをどうぞお楽しみください!!

【このブログの関連記事】
SHOW-ism VII「ピトレスク」使用楽曲リスト

ヴァンゼーを揺らす月は今日も輝いているか

無花果のなる部屋への招待、SHOW-ism VII「ピトレスク」開幕

その他
カテゴリー「SHOW-ism」の記事

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ