あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

ヒルダの子守唄

2017年7月12日 (水)

【TV出演】フジFNS系列「MUSIC FAIR」(9/2)

まだ少し先の予定ですがすでに収録されたようですhappy01

フジテレビ「MUSIC FAIR」
【放送予定日】9月2日(土)18:00~18:30
【出演】
生田絵梨花
石丸幹二
知念里奈
中川晃教
新妻聖子

【情報源】
→中川晃教公式Twitter

→石丸幹二さんTwitter

→ディレクター島田さんTwitter

→新妻聖子さんTwitternew

ソロ、デュエット、クインテット取り混ぜ、全部で10曲!
あっきーは何を歌ったのかな?

とても久しぶりのミュージックフェア出演です。
わたしの記憶にある限り、あっきーが出演したのは2回。

2016年より前のバックナンバーがありました。

02/05/11 杏子 / SILVA / 中川晃教
01/10/20 鈴木雅之 / 中川晃教

以前はセットリストもあったんですが、新体制になって番組サイトが更新されたときに古いデータは整理されたんでしょうね。
それでもこれだけの長寿番組、記録を残してくださってるだけでもありがたいです。
鈴木さんとのデュオで「Me and Mrs.Jones」、杏子さん、SILVAさんとの「ローズ」懐かしいなあconfidentheart01

2002年5月ってことは、もう15年前じゃないですか~?!
15年ぶりのミュージックフェア!
しかもこの面子ということはミュージカル特集♪
楽しみですね~happy02heart04

2017年5月20日 (土)

Your music is wonderful♪

Hakujuhall01

Hakujuhall02

タイトルは手抜きで去年の流用smile
相変わらずの相性のよさと、誰よりもあっきー自身が楽しんでるのが印象的なこのシリーズも3回目となりました。
今日はあきのり先生のリズム講座とステップ講座付きで、さらに自由度ましましのあっきーの無茶ぶりに小沼さんがよくついてきてくださってるのがありがたいやら申し訳ないsweat01やら
いやいや、ほんと感謝しかないですconfidentheart01

■「中川晃教meets小沼ようすけ~music is wonderful~HAKUJU HALL」
2017年5月20日(土)17:30開場  18:00開演
会場:HAKUJU HALL(東京)

【出演】
中川晃教(Vo., Pf)
小沼ようすけ(Gui.)
小沼ゆうじ(ジャンベ)

【セットリスト】
1. It Don't Mean A Thing(スイングしなけりゃ意味ないね)
2. 恋のフーガ
3. 君は薔薇より美しい
4. One Way Ticket(恋の片道切符)
5. Bohemian Rhapsody
6. Coffee Please    **    +ゆうじさんジャンベ
7. Songe Mwen (remember me)    ***    +ゆうじさんジャンベ
8. Duo Ka    ***ようすけさんソロ
9. Will You Love Me Tomorrow  *あっきー弾き語り+ようすけさんギター
10. Smile
11. Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)
En. My Way    *ノーマイク
En.2    I WILL GET YOUR KISS    *あっきー弾き語りのみ

*記述のないものはあっきー歌+ようすけさんギター
** 小沼ようすけ:作曲、中川晃教:作詞
*** 小沼さんのアルバム「Jam Ka Deux」(昨年11月リリース)から

昼公演(14:30開演)も同じ構成だったと聞いています。
違うところがありましたらお知らせいただけるとありがたいです。
基本的に昨年10/1の取手コンサートと似たセットリストでした。(アレンジは違ってたかも)
今回もようすけさんの弟さん、ゆうじさんがジャンベで参加してくれてます。
衣装は昼夜で違ったみたいですが、夜公演の衣装は、→こんな感じ 髪がだいぶ短くなってました。

取手になかった曲について。

4. One Way Ticket(恋の片道切符)
フランキーはいい、でも彼はニール・セダカじゃない」(from JB)のニール・セダカの超有名曲ですね。日本では平尾昌晃さんのカバーが大ヒットしました。
Neil Sedaka - One way ticket (to the blues)

9. Will You Love Me Tomorrow
キャロル・キング作曲の歌から。
この前ふりのMCで五輪真弓さんが和製キャロル・キングと呼ばれたことや、キャロル・キング自身がピアノで五輪さんのアルバムに参加している話の中であっきーが突然「恋人よ」を弾き語りで歌い始める!そのインパクトが強すぎてこの歌の記憶がどっか行っちゃった(笑)
そしてこれも?と言って驚いていた曲は「You've Got a Friend」(それこないだの製作発表で歌ってたじゃん)
あっきーが言ってたロバータ・フラックバージョンがみつからないので、ご本人の歌でどうぞ。
Carole King & James Taylor - Will You Still Love Me Tomorrow

En. My Way    *ノーマイク(アカペラではありません)
手拍子指導付き(笑)
ジプシーキング風ですかね。
ピッチが444とか440とか、ヒトラーとかジョン・レノンの名前も出ましたがよくわかりませんでした(笑)何か特別な力を持つピッチらしい。
My Way - A Mi Manera - Gipsy Kings

ついでにその他の曲とMCについてもさらっと。

続きを読む "Your music is wonderful♪" »

2017年5月18日 (木)

立川シネマシティでゲキ×シネ「SHIROH」極爆上映

音響効果が素晴らしいと評判の立川シネマシティで、ゲキ×シネ「SHIROH」を見てきました。
噂に違わず素晴らしい音!座席を揺るがす大音響でも音割れせずクリアな歌声と演奏を堪能してきました。

Tachikawacc01

Tachikawacc02

Tachikawacc03

これだけの客席、満席になったの久々じゃないかな。
お正月に東劇で見たときはガラガラで寂しかったのに。
やはり1回だけ上映でしかも極上爆音上映ということで、ファンの期待値も高かったんでしょうね。

ゲキ×シネは元々音が良い映像作品ですが、特にRXと銘打たれたロックミュージカル「SHIROH」は大音響で体感したいという願望が強かったと思うのです。

この上映を実現してくれた立川シネマシティの音響スタッフさんには感謝しかありません。国の無形文化財に推薦したいくらいです。

Tachikawacc04

Tachikawacc05

そしてこの映像を残してくれた劇団☆新感線、ヴィレッジ、E!オシバイのみなさま、あらためまして御礼申し上げます。ほんとうにありがとうございました。

生舞台を見ていないわたしは、このゲキ×シネ「SHIROH」で中川晃教という才能と出会うことができました。

もう何十回も見てるのに、同じところで笑い同じところで泣き、そして毎回なにかしら新しい発見がある。同じ映像何回見たって同じはずなのに、やっぱりそのときのコンディションで感じるポイントが変わるのでしょうね。
そしてやはりこの作品は自分にとって特別なもの、という気持ちを新たにしました。

見るたびに、恋に落ちる、何度でも(ぎゃっhappy02heart04)

今回はあっきーの前説と最後のご挨拶(あなたのあっきー(笑))がありませんでした。たった1回の上映だからしかたありませんが。(何度でも見に来てとか無理ですよね)

あと夜1回だけだったので、遠方のため間に合わなくて断念した、とおいう方も多かったのです。
今回好評で満席になったから、次回もあると期待しているのですが、その際はぜひ日中の上映も追加してくれるとうれしいですね。ご検討くださいませ>立川シネマシティさん

2017年4月23日 (日)

久々中川和泉ちゃんライブとかミュージカル情報とか

和泉ちゃんブログの告知がわりと直近だったので、ご案内する余裕がなかったのですが行ってきました!

■ライブ「うな祭り」
日時:2017年4月22日(土)
17:30開場18:00開演(予定)
場所:神田イゾルデ
TEL 03-5294-6282
出演バンド&時間
⚫️スピカ 18:00~18:20
⚫️和泉 バンド18:20~19:00
⚫️ウナタナ 19:00~19:30
⚫️downtown funk19:30~20:10
⚫️ウナイチ 20:10~21:00
■チャージ:¥2,000- ワンドリンク付き
▪️自由席

珍しく、っていうか初めて?邦楽ナンバーのカバーのみセットリストで、正確なタイトル思い出せませんが、ドリカム、MISIA、中島みゆき、玉置浩二(2曲)でした。
中島みゆきの「ミルク32」は懐かしくかったです。玉置さんの「しあわせのランプ」は結婚式のときにお父さんに歌ってほしいと言ったらキーが高くて無理と言われたとか、それってあんまり考えたくないだけなんじゃ(笑)最後の「悲しみにさよなら」はみんなで「ららら~」とスキャットして(させられて?)楽しかったです。
お写真撮らせていただきました。いつもありがとう、和泉ちゃん、バンドのみなさんもお疲れ様でした~。これからも和泉ちゃんをよろしくお願いしますね♪

20170422izumi02

20170422izumi01

今回日本語の歌ばかりだったからというのもあるかもしれませんが、一曲目始まってすぐに、和泉ちゃん、声がやわらかくなった!って感じました。
何か特別なボイトレ頑張ってる?って聞いたら、特にはしてないんだけど、昨年から続けてミュージカル出演してきたことが良い影響与えてるかもということでした。
それはわたしもすごく同感!
ミュージカルの歌って、独立した歌と違ってストーリーの中で流れを作っていかなくちゃいけないから、歌詞とそこに込められた感情を確実に観客に伝える必要ありますよね。
そこで自然と歌い方がやわらかく進化したのかなって。
まだまだ成長できるよ、和泉ちゃん!<なにさま

【追記】4/25
和泉ちゃんブログにセトリがアップされていました!

和泉バンド セットリスト
・愛してる愛してた
/Dreams Come True
・It’s just love/MISIA
・ミルク32/中島みゆき
・幸せのランプ/玉置浩二
・悲しみにさよなら/安全地帯

こちらもお知らせしそびれてましたが、昨年上演された舞台の再演に出演が決まっています。

ソングサイクル・ミュージカル
HOMEMADE FUSION
-ホームメイド・フュージョン-

2017年6月2日(金)~4日(日)
高円寺 Studio K

詳細とチケットの申し込みについてのご案内は
→和泉ちゃんブログにも

昨年11月公演のことは、→このへんに書きました。
すんごく面白い舞台だったので、今回は2チームによる上演でもあるし、前回見た方も見られなかった方もぜひ見てください!わたしも両方見たいけど、ちょっとお財布と相談moneybag

続きを読む "久々中川和泉ちゃんライブとかミュージカル情報とか" »

2017年3月14日 (火)

中川晃教公式FCメンバーズサイトの更新

ホワイトデーの動画がアップされました。
会員の方は公式サイトへGO!!dash

あっきーからのメッセージと、先日の読売演劇大賞贈賞式でのあっきー挨拶映像でした。ちゃんと見られてよかった。

コンサートのことはまたのちほどですが、これまでのクラシックホールコンサートの中では音もセトリも一番をつけたくなるような素晴らしさでした!lovely

2017年3月12日 (日)

発売中の雑誌情報

ただいま発売中の演劇雑誌に掲載されているあっきー関連記事についてまとめました。

BEST STAGE 4月号(2/27発売 1,290円 )
STAGE REPORT ミュージカル『フランケンシュタイン』
BROADWAY MUSICAL『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』取材会リポート

STAGE SQUARE vol.25(2/27発売 900円)
『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』
村井良大×中川晃教

シアターガイド4月号(3/2発売 440円)
『Endless SHOCK』レビューの中にあっきーのコメントがあります。

ミュージカル3・4月号(3/5発売)
★表紙★
2016年ミュージカル・ベストテン 第1位 『ジャージー・ボーイズ』。
★特集★
2016年/ミュージカル・ベストテン選出
男優賞第一位 中川晃教!
※詳細は↓に。
★インタビュー・座談会★『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』……………………村井良大/中川晃教
★ステージフォト★『フランケンシュタイン』の中川晃教・柿澤勇人、加藤和樹・小西遼生、他
※5/5以降は→こちら(2017年バックナンバー)から

えんぶ4月号(3/7発売 499円)
特集1  発表! 読者が選ぶえんぶチャート2016
★俳優部門
4位    2576    中川晃教
★作品部門
7位    2849    ジャージー・ボーイズ
16位    2074    グランドホテル
73位    754    マーダー・バラッド
589位    1    DNA-SHARAKU

最後の1票まで集計ご苦労様、ありがとうございます。
去年までのブログ記事をチェックしたら、あっきーが30位以内に入った!とかで大喜びしていていじらしい(笑)
でもこの順位も作品しだいなところがあるから、来年はどうなるかわかりません。
また、こちらはミュージカル誌と違って読者(観客)が選ぶ順位なのでだいぶ傾向が違いますね。

記事もあります。
僕たちならではのチャーリー・ブラウン&スヌーピーに
村井良大・中川晃教

アーカイブページに記事画像がアップされました。(3/17)

さて、ミュージカル誌のミュージカル・ベストテンについては、昨年の記事にこれまでの順位をまとめてありました。
ミュージカル・ベストテン2015(2016/03/05)

一年前に期待したとおりの結果に!!

2016年ミュージカル・ベストテン
★男優ベスト10
1位 中川晃教
2位 三浦春馬
3位 市村正親
4位 石丸幹二
5位 海宝直人
6位 井上芳雄
7位 小池徹平
8位 浦井健治
9位 成河
10位 伊礼彼方

★作品ベスト10
1位 ジャージー・ボーイズ
2位 ノートルダムの鐘
3位 キンキーブーツ
4位 1789-バスティーユの恋人たち
5位 グランドホテル
6位 手紙
7位 For the people
8位 るろうに剣心
9位 Shakspeare
10位 ラディアント・ベイビー

★演出家賞
藤田俊太郎

うれしいですよね、この高評価!shinecrownshine
作品に恵まれたということもありますが、やはりあっきーあっての「ジャージー・ボーイズ」。
それとさりげなく「グランドホテル」が上位に入っているのもうれしいですheart01
友だちが数えたところによると、本誌中「中川晃教」という文字が50回以上登場しているそうです(笑)
今号はあっきーファンにとってはまさしく永久保存版!happy02heart04
あ、「チャーリー・ブラウン」記事も忘れずチェックしましょうね!wink

2017年3月 5日 (日)

月の光に導かれ

Halfmoon

今夜の月は上弦の月、朧にかすんだ半月moon2
まだ満ちてはいない。
これからゆっくり満ちて次の満月は3/14。(コンサートの日だね!)
満ちて欠けてまた満ちて、繰り返しながら進んでいけばいい。良い時も悪いときも。
その光に導かれてわたしも歩いていくよ。

Chinzansou03

Celebration01

Celebration02

今日はあっきーの読売演劇大賞最優秀男優賞の受賞を祝う祝賀会がありました。
場所は東京、ホテル椿山荘。
そう、あの椿山荘、11年前あっきーが前の事務所から独立して個人事務所を立ち上げて、初めてのFCイベント「披露宴」が開かれた場所。
この場所を選んだあっきーの気持ちを思うとちょっと泣けますね。新たな船出。でも希望よりも不安の方が大きかったあの頃。そのことを意識したようなあっきー挨拶でした。

ちなみに本日のお衣装は→こちら

あっきーの言葉から記憶にあるものをいくつか拾い出すと、(メモってないので正確じゃありません)
「いいことばかりじゃなかった。でもそれも人生。」
「あのときはどうなることかと…」
「泣いた気がする」(うん、ちょっとね)
「でもここまで来ました!」(大拍手)
「応援するみなさんも大変」(わかってるじゃん)
「(自分からファンへファンから自分へ)一方通行でなく両思いの関係で」
「言葉だけじゃなくぼくが頑張ってるってわかってもらえて、みなさんに楽しんでもらえたら」
「この電車の到着駅はどこなんだろうと思っていたら」
「15周年のいいタイミングでビッグニュース!」
「この受賞はだからみなさんにもおめでとうと言いたい」

そのとおり、順番は前後しますがあっきー登場するや、まずは各テーブルを回って、ひとりひとりにメッセージカードを手渡しながら声をかけてくれました。
今日はお見送りはなしと聞いていたので、これはちょっとしたサプライズ。でも直接おめでとうが言えたのはうれしかったな。

わたしのテーブルはごく最初の方だったので、心の準備もないまま、気の利いたことも言えずに終わってしまったのですが、約30テーブルほどの後半になるにつれて各テーブルでのお祝いの表現が華やかに盛り上がっていくのが見ていても楽しく、心が温まりました。あっきー、ひとりひとりしっかり目を合わせて声かけてましたよね。

そうそう、テーブルといえばですね、お食事はビュッフェと聞いていたのですがちゃんとした着席のコース料理でした。
この人数でビュッフェは競争きびしくてつらいなと思っていたから、うれしかったです。でも全部食べないうちに授賞式の上映が始まってしまい、続いてあっきー登場してしまったので、隙を見て(笑)大急ぎでお肉を平らげ、あっきーのテーブル回りが終わってからゆっくりデザートとコーヒーをいただきました。←とにかく出されたものは全部食べないと気が済まない貧乏性

続きを読む "月の光に導かれ" »

2017年2月12日 (日)

最近のフランケンシュタイン情報

タイトルの付け方がどんどん雑になるcoldsweats01

福岡公演も無事に千秋楽を迎えたようですね。
あっきー、お疲れ様。他のキャスト&スタッフのみなさんお疲れ様。

だいぶ記事溜まっちゃってますsweat01

■アイデアニュース(2017/02/08)
キャスト全員が魂を削って描いた「孤独」、『フランケンシュタイン』4組の公演を観て

■MANTANWEB(2017/02/09)
加藤和樹:「どの公演も命懸けで」 ミュージカル「フランケンシュタイン」で2役

■CUCURU(2017/02/09)
【加藤和樹・独占インタビュー】1人2役に挑戦『フランケンシュタイン』の見どころは?

■ぴあ中部版(2017/02/10)
ミュージカル「フランケンシュタイン」
加藤和樹インタビュー「観終わった後に“魂をもっていかれたような気持ち”になる作品」

加藤和樹さんが名古屋出身ということで、最後の公演地名古屋方面のメディアのプッシュが大きいようです。
↓これはフランケン関係ないけど、あっきーのことを語ってくれてるのでご紹介。
■CDジャーナル(2017/02/10)
インタビュー・加藤和樹
――ミュージカルで共演された中で、刺激を受けた方を挙げるとすると。
 「中川晃教さん。『フランケンシュタイン』で共演中なんですが、とにかく歌声がすばらしいんです。なんだろう、うまいだけじゃない、本当に心に届く歌声というのを感じる。中川さん自身、自分で曲もつくって、CDも出してらっしゃるし。共演することによって、すごく刺激を受けてますよね。今後も、一緒に何かできたらいいな……と思っています
ありがたやありがたやconfidentheart01

■小西遼生さんブログ(2017/02/11)
さらば晃教ビクター

■おわくりブログ(2017/02/12)
昨日、福岡でミュージカル「フランケンシュタイン」!

あきこにペアは昨日で終わり。
コニタンアンリはあっきービクターと抱き合うと片手がどうしても頭にきちゃって髪の毛わしわし、イイコイイコpaperになるのがツボでした。

続きを読む "最近のフランケンシュタイン情報" »

2017年2月10日 (金)

狂気の天才科学者から世界で一番有名な犬になる

何なんですかね~。
今日から福岡公演、本番中に次のお仕事の取材はタイミング的にしかたないとして、フランケンシュタイン→スヌーピーって、やっぱり振り幅大きすぎ(笑)

福岡フランケン初日公演後に「チャーリー・ブラウン」取材中
https://twitter.com/nakagawa1982aki/status/829991321716666368
https://twitter.com/nakagawa1982aki/status/830013094210330625

そしてその合間には精霊の守り人撮影中。
https://twitter.com/nakagawa1982aki/status/828453264060403713

忙しいな~。
体に気をつけて頑張っておくれrock

2017年1月14日 (土)

新宿タワレコイベント

昨年8月8日のプレミアムコンサートのライブCD発売を記念して開催されたインストアライブに行ってきました。
都合でぎりぎり駆け込みだったので、姿が見えないんじゃないかと思いましたが、最後方ではありますが隙間から楽しそうに歌うあっきーの笑顔と歌声を堪能することができました。

20170114a

20170114towershinjuku

■オーケストラコンサートCD 発売記念 インストアイベント
◆日時:2017年1日14日(土)20時30分スタート
◆場所:タワーレコード新宿店7Fイベントスペース
◆集合:タワーレコード新宿店7Fエレベーター横階段(20:00集合)
◆内容:ミニライブ&ジャケットサイン会
出演:中川晃教(弾き語り)
【セットリスト】
1. 星(ダニー・ボーイ)
2. 春
3. タイの歌(アドリブ)
4. I WILL GET YOUR KISS

時間がなくてリハなしだったみたいですが、一曲目はサウンドチェック兼ねて、と笑いながら歌いだしたら、舞台本番中だからかな?歌声にいつもより深みと厚みを感じて、とても心に響きました。特に時期的に「春」が聞けたのはうれしかったな。これは昨年一月、この曲のレコーディング中(decade)に亡くなったお祖母様への追悼曲のようにも聞こえました。
わたしからは見えなかったんですが、前方にいた友だちからの報告によると、音響さんも最初は必死に調整してたみたいなんですが、タイの歌あたりであきらめて笑ってたそうです。
でも今まで聞いたインストアライブの中で一番と言っていいくらい良い音でしたよ!
あっきーもどっちかというとミュージカル寄りの感情込めた歌い方だったような気がする。

即興曲「タイの歌」の一部が→公式Twitterにアップされました(爆)
ほんとにご機嫌さん(笑)

♪タイタイタイタイ…
のところは会場のみなさんにも歌を強要うながしてました。
これは歌いやすくてよかったです(笑)
歌詞がなかなか降りてこないと歌いつつ、
♪たいたいたいたい歌いたい
♪たいたいたいたい何になりたい
♪自分の首絞める痛い男にはなりたくない
と、なかなか名調子です。

腰蓑タイベルトの全貌は→こちらの画像で。
タワレコさん、ありがとう!

おじいちゃんの遺品にあった大量のブランドものネクタイを使って、前夜12時半までかかって自作したそうです。
お裁縫は苦手だそうで、ひとつひとつ首にかけてわっかを作ってからベルトに通していったようです。律儀っていうか(笑)

その他トークで憶えてること。
珍しくお正月休みが取れたこと、12/31~1/2三日間お休みできたので、ゆっくりテレビを見たり部屋の掃除したり、でもなかなか捨てられないものもあって、と言って自作の腰蓑ベルトを一回りして見せてくれました(笑)
直接には全然見えなかったのですが、ステージの右側にモニターがあって、そこに全身映るので後方からでも細かいところはともかくどんな感じかは見ることができました。
あと映画を見たと言ってたかな?
そして最後のトークでは、銀英伝のオーケストラバージョンがきっかけになって始めたオーケストラコンサートが期待した以上に良い成果を出せて、CDにもなってうれしい、みたいなことを言ってました(と思います)
これからもっとこれ(オケとのコラボ?)を進めていきたいという言葉も。20周年、25周年、30周年とさらに音を追求して進化を遂げていくのだろうと期待がふくらみますね。

より以前の記事一覧

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ