あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

  • hilda's tweets

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

ヒルダの子守唄

2018年7月 3日 (火)

【TV出演】CS/TBSチャンネル1「地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.11『X day』」(7/22)

2010年夏の公演、「地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.11『X day』」が初テレビ放映されます。
DVDも販売されてるけど、テレビで日本全国の方に見てもらえるのはうれしいですよね。

CS/TBSチャンネルのお知らせ(2018/07/03)
TBSチャンネル1
2018年7月22日(日)午後9時00分~午後11時20分
「地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.11『X day』」
岸谷五朗と寺脇康文による演劇ユニット・地球ゴージャスの11作目のステージをTBSチャンネル1でテレビ初放送!岸谷と寺脇に加え、ミュージカル界で活躍する中川晃教、元宝塚歌劇団の陽月華、女優で振付師としても活動する藤林美沙、圧倒的な歌唱力と存在感を誇る森公美子が出演。少数精鋭のキャスト6人で贈るオムニバス形式の作品をどうぞお楽しみに!

→番組詳細

地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.11『X day』
出演:岸谷五朗、寺脇康文、中川晃教、陽月華、藤林美沙、森公美子
制作年 : 2010年
作・演出:岸谷五朗 演出補:寺脇康文

→このブログのカテゴリー「X day」

→公演情報まとめ


続きを読む "【TV出演】CS/TBSチャンネル1「地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.11『X day』」(7/22)" »

2018年6月30日 (土)

舞台「銀河鉄道999」東京公演無事終了

先週始まったと思ったらもう千秋楽。初日は雨でしたが、公演期間中に梅雨も明け、夏空が広がる最終日でした。
※画像はクリックで大きくなります。

999_raku01

999_raku00

999_raku02

999_raku03

999_sho01

999_raku04

999_raku05

Sany1942

Sany1944

Sany1933_2

Sany1934_2

Sany1935_2

Sany1936_3

Sany1938_2

Sany1939_3

背景の緑がきれいでした~。良い季節clover

続きを読む "舞台「銀河鉄道999」東京公演無事終了" »

2018年6月10日 (日)

藤田さんの『ラヴ・レターズ』インタビュー

明日の開幕を控えて、藤田俊太郎さんへのロングインタビューです。
■スパイス(2018/06/10)

演出家・藤田俊太郎ロングインタビュー!「『ラヴ・レターズ』はずっと続けていきたい作品です」

先日のBumpy Lens #2では時間が全然足りなくて、ラヴレターズまで話が及ばなかったので、ここでじっくりお考えを知ることができてうれしいです。

【ご参考】
このブログのカテゴリー:LOVE LETTERS
振り返りながら自分の感想(2008年と2010年)を読み返してたら、なんだか時の流れとあっきーの成長と自分の環境の変化をしみじみ感じて感慨深いものがありました。

予習復習兼ねて、原作を読み返そうかな、時間があれば。
Bumpy Lens #2の感想も書いておきたいのですが、いまちょっと落ち着いてまとめてる余裕がないsweat01

藤田俊太郎さん公式サイトを見るとこれまでの講演記録やバンド活動、写真作品などから藤田さんの個性を感じることができます。
秋田県はわがふるさとながら、少子高齢化で廃れていく以外変化のない保守的でつまらない、ある意味眠ったような地域だと思っていたけど、こんなアーティストが出現するような素地もあったんだな~。

続きを読む "藤田さんの『ラヴ・レターズ』インタビュー" »

2018年6月 7日 (木)

BUMPY LENS #1レポート第二弾

4月に開かれたBUMPY LENS第1回の様子が写真とともにアップされました。
■丸の内ミュージカル研究会(2018/06/07)

4.27.2018 BUMPY LENS  #1   振り返り & フォト

わたしも参加したんですが、有料イベントにつきあまり詳しいレポはご遠慮くださいということだったので、遠慮してる間にどんどん日が過ぎて記憶もだいぶ曖昧にcoldsweats01
岩村さんも印象的だったか、吹き矢の話(笑)は可笑しかったですね。ジャージーボーイズで読売演劇大賞を受賞して成功した自分をどう思うか→いやまだまだもっとすごい人がいるから、かつて思い描いた自分になれているかどうか→「まったく(なっていない)。まだ向かっている途中」と即答したこと、出会いと繋がりから心が動き始める、ここが大事(と胸を叩く)、ほか、ここだけの本音(笑)とか、ほんとうに貴重なお話と素のあっきーが見られて、すごく楽しかったんです。
だから、これは、相手が誰でもきっと面白いイベントになると思ったので、次回はゲストがまだヒントも何もない段階で参加を決めました。
たまたま藤田俊太郎さんで、あっきーとご縁のある方でしたが、別の方でもきっと面白いお話聞けそうだから、今後もタイミングが合えばできるだけ参加したいと思っています。
【関連記事】
■丸の内ミュージカル研究会(2018/05/13)
4.27.2018 Bumpy Lens #1 フォトギャラリー

2018年6月 3日 (日)

最近のネット記事から

たまには独り言ネタでも。
最近Twitterで拾ってきた公演情報など。
■ロックオペラモーツアルト台湾公演サイト

https://uevent.udnfunlife.com/Mozart2018/
公演期間:2018.10.11 ~ 2018.10.21

なんと台湾にフランス版ロックオペラモーツァルトがツアーでやってくるんですね。
しかもオリジナルキャストのミケランジェロさんがモーツァルトみたいですよ。
会場はフランスツアーと同じスタジアム形式です。
やっぱり劇場型よりこういうライブ的な設営の方が盛り上がるかな~。いいですよね。
台湾なんて近いから、日本からも見に行く方がいらっしゃるかもしれませんね。
いいなあ、日本にもちょっと足を伸ばしてくれませんかねぇfoot(誰か呼んでくれ)
もちろん、日本版再演もお待ちしてますよ~。>オーブさんとかネルケさんとか

■ステージナタリー(2018/06/02)
「死神の精度」原作者・伊坂幸太郎のコメント&新ビジュアル発表
あっきーが出演した初演は2009年、あれから9年を経ての再演です。ラサールさんだけ続投なんですね。
あっきーの若者役がとても鮮烈で、痛々しくて、愛おしかったから、同じ演出家の舞台だけど別の若い俳優さんたちでどんな風に生まれ変わるか見てみたい気持ちと、見てもあっきーのゴースト(笑)に惑わされそうでちょっと恐いのと半々かなcoldsweats01

あっきーの阿久津をもう一度見てみたい気持ちもあります。
でもあっきーもあれからずいぶん遠くまで来ちゃったからな。
あの舞台はあっきーにとって役者としての大きなターニングポイントのひとつだったと思うし、あそこでラサール石井さんと出会い、渡辺えりさんと出会い、その後の様々な舞台へ繋がる扉を開けてくれた、それでいいんじゃないかな。
つまり再演にあっきーがいないことをそんなに残念がらなくてもいいかな、ってこれは自分に言い聞かせるように(笑)

【ご参考】
2009年版「7Days Judgement 死神の精度」 公演情報

2011年3月に放映されるはずだった舞台中継、東日本大震災の影響で、中止になったまま、いまだに再放送ありません。
たまに思い出すとNHKにリクエストしたりしてるんですけどね…。

2018年5月25日 (金)

「Bumpy Lens ~劇場で出会ったクリエイティブな人たち~ #2」に藤田俊太郎さん登場

■ステージナタリー(2018/05/25)
藤田俊太郎が「Bumpy Lens#2」に出演、“劇場のシゴトと魅力”を語る

■丸の内ミュージカル研究会(2018/05/08)
シークレットゲスト企画 第2弾♪

■Peatixイベント情報
Bumpy Lens ~劇場で出会ったクリエイティブな人たち~ #2

【開催概要】
日時 2018年 6月 8日(金) 19:00-20:30 *18:40開場
会場 東京交通会館6階 LEAGUE有楽町
出演 ナビゲーター 岩村 美佳 with  シークレットゲスト(藤田俊太郎)
申込 5/08 火 12:30pmよりご予約スタート。ゲストに関する情報を公開するごとにプライスUP! 料金は下記をご参照ください。参加費には「ちょっとおしゃれなノンアルコールドリンク1杯」を含みます。

→ お申込はこちらから

※ ゲストに関する情報を公開するごとにプライスUP!下記日程における時刻は全て12:30pmとします。
① 5/08 火 - 5/15 火 (3,800円) シークレットゲスト
② 5/15 火 - 5/25 金 (4,100円) ゲストに関するヒント公開!
③ 5/25 金 - 6/05 火 (4,500円) ゲスト発表!
④ 6/05 火 - 6/07 木 追加募集は、6/05 までにキャンセルが出た場合のみ実施させていただきます。

☆ 5/08 火 公開 ☆ 今回のゲストはこんな人です
1. 男性
2. 賞の受賞経験もある演出家
​3. 昨年5本、今年5本もの舞台を担当

☆ 5/15 火 追記 ヒント ☆ ご本人に伺いました
1. 大人になってから克服したもの「マシュマロと蕎麦」
2. 好きな言葉「この世界すべてが一つの舞台、人はみな男も女も役者にすぎない。」(『お気に召すまま』作 W・シェイクスピア/訳 松岡和子)
3. 昔にタイムトラベルして、会ったことのない人に1人だけ会えるとしたら「70年代のジョン・レノン」

というわけで、本日ゲストの発表!
期待してなかったといえばウソになりますが(笑)ヒントからは確信できませんでしたcoldsweats01
でも初回、あっきーとの対談トークがとても楽しかったので、今回はノーヒントで申し込みしてました。
あっきー→藤田さん、とJBつながり(ラヴレターズつながりもある)で続くと思わなかったので、すごくうれしいです。
いいお話聞けるといいな♪

続きを読む "「Bumpy Lens ~劇場で出会ったクリエイティブな人たち~ #2」に藤田俊太郎さん登場" »

2018年5月22日 (火)

「ひかりを聴け」どうでもいい話

今回のあっきーのスーツスタイルがかっこよかったな~、と思ったら、今回はスタイリストさん付いてたんですね~。
そのスタイリスト、鷲頭マコトさんってどんな方?と思って調べたら、こんなプレスリリースをみつけて、地球ゴージャスに繋がりのある方なのか、2009年に直談判ということは、もしかして、、、
と思って調べたらやっぱり!
2010年の地球ゴージャス公演「X day」の衣装デザインをご担当。

あっきー、こんなつぶやきも。何の相談だったのかな?

鷲頭さん、こんなミニ番組にも。
TBS「EARTH LABO 次の100年を考える」(番組は今年3月終了)
あっきーこういうの好きそうwink

2018年5月14日 (月)

テレビでよく見る電池で動くウサギ

初演のときに他の情報とごたまぜでアップしたせいか、あまり気づいてもらえてないかもしれないので、ここだけ再掲。

公式サイトの用語集にないけど、フランキーの最後の台詞に出てくる電池で動くウサギは、Energizer Bunnyと言って、米国の電池メーカーのCMに登場するマスコットだそうです。

→オリジナルCM

動画検索するとたくさん出てきますがこれが面白い。
6 Energizer "Bunny" Commercials - from 1993!

キングコングもダースベイダーも止められない!(笑)
ライバル社の電池をディスってるのも可笑しいhappy02
(最初の悪役さんが誰なのかわからない…たぶん有名なキャラクターなんだと思うけど)

Still Going. Nothing Outlasts the energizer battery. It keeps going and going and going and going and going and going and going. - Energizer Bunny
(まだまだ行くよ。エナジャイザーより長持ちする電池なんてないさ。ずっとずっとどこまでもどこまでも進んでいくんだ)

Valli教さんもずっとずっと歌い続けてね♪

2018年5月 4日 (金)

ロック・レジェンド降臨スペシャル

今日のレジェンド降臨、お聞きになりましたか?
びっくりしたのは、あっきーも生放送のスタジオに現れたこと。
てっきりドラマと歌だけ収録したものを放送するのかと思っていたので、これはうれしいびっくりでした。
しかもそのドラマは、今回はなんとダイジェスト版??
本放送がまだなのにチラ見せ(聞かせ)してくれたってことらしいですよ!
では、いずれダイジェストではない完全版の放送があるってことで、それまではこちらの番組サイトの更新を要チェックですね。

■番組サイト
ロック・レジェンド降臨
http://www.nhk.or.jp/radiosp/rock-legend/

「ビューティフル」の自分の役名を思い出せなくて、オーディエンスからのメッセージで指摘されるなど(爆)ハラハラな生放送でもありましたが、
ダイジェストとはいえ、今回放送された旧作3本とリクエストの歌2曲も含め、歌もドラマもあっきーが一番!って思ったのは贔屓目ですかね(笑)

プリンスというアーティストのこと、ほんとに全然知らなかったんですが、あっきーのドラマ聴いて突然興味を持って、さっそく映画「パープルレイン」のDVDをレンタルしたり、ネットの情報を調べたりしています。

いろいろな資料や動画をネットで調べましたが、こちらの解説がわかりやすく参考になりました。
■JazzTokyoサイトの本宿宏明さん楽曲解説(2016/05/01)
ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #5『Purple Rain』
特にリンクポリシー見当たらないので勝手にご紹介。

完全版の放送がとても楽しみですhappy02heart04

2018年4月28日 (土)

Hibiya Festivalオープニングショーの記事

■ステージナタリー(2018/04/27)
「Hibiya Festival」開幕、一夜限りのショーで大澄賢也・中川晃教ら歌い踊る

■ウォーカープラス(2018/04/27)
日比谷の街が劇場に!「Hibiya Festival」が宮本亜門さん演出でスタート

■zoom up collection(2018/04/30)
大澄賢也、中川晃教、SAMURIZE from EXILE TRIBEがHibiya Festivalオープニングショーに登場

楽しいイベントでした。
運営は最悪でしたがsweat02
鹿鳴館の時代から、音楽とダンスの歴史をたどるストーリー仕立てになっていて、あっきーは、1960年代担当。「ジャージー・ボーイズ」の中から「愛は幻(My Eyes Adored You)」と「君の瞳に恋してる(Can't Take My Eyes Off You)」の2曲を歌ってくれました。
途中観客の間を通って、シンボルオブジェ、フローラの周りを回ったときに、めっちゃ近くだったんですが、いい写真撮れなくてsweat01
そう、写真撮影OK、SNSアップOKだったんですよ。
でも夜の写真、しかも被写体動くのうまく撮るのは至難の技でsweat01
後で少しアップしようと思いますが、Twitterでは、

#あっきーの写真撮るの下手くそ選手権

なんていうハッシュタグができてますので、よかったらチェックしてみてください。
みなさんの愛あふれる失敗写真の数々に泣き笑いすること必至です(笑)

より以前の記事一覧

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ