あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

あかい壁の家

2014年1月13日 (月)

渡辺えりさんのコンサート@STB

行けなかったんですけど、今日六本木のスイートベイジルSTB139で渡辺えりさんのコンサートがありました。
行ってきたともだちによると、「あかい壁の家」から4曲(含あっきー作曲2曲)の演奏があったみたいです。聞きたかったな~。
わたしは友の会に入っているので、実を言うとずいぶん早い時期(去年の11月)にご案内のDMいただいてたんですが、、、そこに「あかい壁オリジナルバンド」なる出演者の名前があり、懐かしいあか壁キャストのみなさんのお名前があるのは気がついていたんですが、ちょっとタイミング悪く申し込みそびれてしまいましたweep

栗山絵美さんとKiyokaさんがブログに様子をアップしてくださってます。

■栗山絵美『★☆177cm日々成長blog☆★』
ドラマティックコンサート写真館♪

■Kiyoka'blog
『渡辺えり ドラマティックコンサート』

栗山さんによると、歌ったのはDOGSの劇中歌「わがままロック」とタンゴ?パッシオーネのことかな?いや、あれはワルツだし。じゃあ「エイジング」?
あっきーの歌は何だったんだろう。1曲は主題歌として、「閖上のテーマ」かな?それともゲルニカ?
あ~ん、聞きたかったよ~crying
去年の夏は、あんなにあか壁にはまって閖上まで行ってきたくらいなのに、なんで行かなかったんだ、わたしのバカバカ!punch

えりさんのブログはまだ更新されてないみたいだけど、セトリアップしてくれるかな?

■渡辺えりオフィシャルブログ
「夢見る力」

それにしてもSTBって懐かしい。
以前はよくあっきーもここでライブしてたけど。
最後のライブはいつだっけ?と探してみたら、2010年3月20日の「コウ・ケンテツ×中川晃教 生きるレシピ」でした。

【追記】
かなり遅ればせながら、音楽劇「あかい壁の家」の公演情報ページをぽつぽつ更新していまして、配役と楽曲リストを掲載しています。よろしかったらご参考に。

続きを読む "渡辺えりさんのコンサート@STB" »

2013年12月29日 (日)

渡辺えりさんの忘年会

わたしは気づかなかったんですが渡辺えりさん、夕べのコンサートにいらしてくださってたらしいです。CHESSでもお見かけしました。あっきーだいぶお気に入りらしく、うれしいですねhappy01

クリスマスイブにあか壁メンバー中心の忘年会。あっきーも参加したみたい。

■渡辺えりさんブログ「夢見る力」
クリスマスイブの忘年会など

来年「天使猫」やるんですね。大和田美帆ちゃん、初演のまぶっちゃんの役かな?もう一回見たいと思っていたのでうれしい。

昨日帰りが遅かったので、コンサートまとめなどはちょっとお待ちを。

2013年9月26日 (木)

演劇総合雑誌月間テアトロに音楽劇「あかい壁の家」劇評

ちょっとお知らせが遅くなりました。

演劇雑誌テアトロ最新号にあか壁の劇評が掲載されています。

月刊テアトロ
2013年10月号
2013年9月13日(金)発行
定価:1260円
発行:株式会社カモミール社

http://www2.odn.ne.jp/teatro-chamomile/index.htm
(更新されていないようです)

→Amazonで買う?

斉藤偕子さんの劇評「あかい壁の家」と林あまりさんの「今月選んだベストスリー」の中でも最後に選外作品として取り上げられています。

斉藤さんはあっきーのことを「変化に富む豊かな歌唱力とメリハリの利いた演技で本格ミュージカルでの評価も高い俳優」とおっしゃってくださっています。林さんはあっきー作曲のテーマソングが心にしみると。それぞれ印象に残る舞台になったようでうれしいです。

あか壁の話はまだまだ語りつくせなくて、書きとめておきたいこといっぱい残しちゃってるんですがsweat01 時間も体力も足りない~despair

シナリオ、どっかに掲載されないかなbook

2013年9月 5日 (木)

笑っていいともの渡辺えりさんと東北の声

あか壁に関するニュース記事をひとつ見つけました。

提言型ニュースサイトBLOGOSから
■河北新報 オピのおび ふらっと弁論部
山形市出身、劇作家、女優「渡辺えり」の東北への想い

渡辺えりさんと親交の深い山形市の絵本作家、菊地悦郎さんのブログから。
震災復興支援から生まれたつながりと、そこで実現できた公演ツアー「あかい壁の家」が東北各地で歓迎され大成功おさめたのもむべなるかな。

今日のお昼にフジテレビ「笑っていいとも」テレフォンショッキングのコーナーに渡辺えりさんがご出演でした。あっきーからのお花に気がつくと、「中川くん」とずっと一緒に旅公演してきたこと、その「中川くん」の登場シーンで、久慈のお客さまが劇中の人とわからず、ざわつき舞台に上がったとたん状況理解して大爆笑、みたいなエピソードをうれしそうに話してくれました。
後ろにあっきーのお花がずっと映っているし、えりさんは「中川くん」を連呼してるし、あまちゃん撮影の裏話と半々くらい。うれしかったです。
公演前のテレビ番組(スタパや花まる)では時間がなくて語れなかったあっきーのことをここぞとばかりにリベンジ!?したのかな(笑)

えりさん、ありがとうhappy01
体重やブラのカップサイズまでばらしたのにストラップもらえなかったのは残念でしたbleah

【追記】2015/05/31
菊池さんの記事リンクが切れていましたので、こちらからご覧ください。

→ふらっと弁論部オピのおび
http://blog.livedoor.jp/kahokushimpo/archives/54584157.html

あか壁の家、それぞれの千秋楽

キャストのみなさんの大楽後のブログ記事を集めました。

十倉彩子さん
http://ameblo.jp/s-aya-x/entry-11606255408.html

金宮良枝さん
http://ameblo.jp/kanepy52/entry-11605759065.html

小倉卓さん
http://ameblo.jp/suguru-paul/entry-11606173819.html

馬渕英俚可さん
http://blog.livedoor.jp/mabuchinco/archives/65762359.html

藤本沙紀さん
http://ameblo.jp/0204saki/entry-11606486065.html

栗山絵美さん
http://ameblo.jp/emi-kurhyama/entry-11606882531.html

高岡早紀さん
http://www.takaoka-saki.com/photoblog.php ※9/4~

Kiyokaさん
http://ameblo.jp/diary-kiyo/entry-11606973867.html
http://ameblo.jp/diary-kiyo/entry-11606136453.html

渡辺えりさん
http://ameblo.jp/eri-watanabe/entry-11605528837.html
http://ameblo.jp/eri-watanabe/entry-11606772701.html

おわくり!(中川晃教くん)
http://blog.owakuri.com/?eid=209723
http://blog.owakuri.com/?eid=209726

【追記】

石山知佳さん
http://ameblo.jp/chika-0620-ishiyama/entry-11612579112.html
http://ameblo.jp/chika-0620-ishiyama/entry-11613977451.html

若松武史さん
http://www.k-seven.co.jp/blog_wakamatsu/ ※9/9

2013年9月 4日 (水)

おわくり連続更新

怒涛の更新dash
って、自分で言うか(笑)
そうそう、夏休みの宿題は溜めると大変>ぢぶん

http://blog.owakuri.com/?eid=209723
あか壁兵庫の夜から金沢へ、開演前のアップ。またおもしろいパンツはいてる(笑)

http://blog.owakuri.com/?eid=209726
金沢のおいしいもの。大楽舞台直前の表情イイネ!。

http://blog.owakuri.com/?eid=209727
blackAでのPOPSSICリハ~。今日もがんばってるのかな?さすがにもう終わったかcoldsweats01

日和山のおみやげ

「あかい壁の家」仙台公演観劇日に立ち寄った閖上、日和山の小さな神社にもお守りや絵馬を販売する授与所がありました。
市場がお休みだったので、せめてささやかな買い物をと思い、鈴のお守りと「感謝」と書かれたミニタオルを何枚か購入。日頃お世話になってる方へのおみやげと感謝の気持ちを表すのにも使えるかな~と思って。

Hiyoriyama02

Hiyoriyama09

Hiyoriyama10

↑飾られた絵馬(日和山のシルエットがデザインされています)には、二度と悲しい思いをしなくてすみますようにという願いがたくさんあふれていました。

続きを読む "日和山のおみやげ" »

2013年9月 2日 (月)

音楽劇「あかい壁の家」金沢公演大楽終了

「あかい壁の家」大千秋楽無事に終了したようですね。
おめでとうございます!happy01
本多劇場から始まり、日本縦断ツアー公演がこれですべて終了。
最後まで見届けたかった、という思いはいまだにありますが、東京6公演、仙台1公演、計7公演見ることができて、自分なりにこの舞台の世界を感じ取り巻き込まれ理解できた、と思っています。
めちゃくちゃなようでちゃんと全部繋がっている、渡辺えりさんの演劇世界はやっぱり大好きです。
みなさん、お疲れさま。あっきー、お疲れさま。
この公演を通じて、あきらめないこと、苦難から立ち上がる力、そして希望shineがきっと全国に届いたと思います。
えりさん、ありがと~heart01

あっきーは、この舞台で自分の最大の武器である歌声はもちろん、美しく場面にもぴったりな劇中歌の作曲を通してソングライターとしての才能も存分に発揮、さらには音楽的な魅力のみならず、役者としての成長も感じることができて、あっきーファン的にはこれ以上ないくらい幸せな舞台だったと思います。
えりさん当て書き、さすがあっきーの魅力をちゃ~んとわかってくれてましたよね。
も~、えりさんにはひたすら感謝です。

これは紙面かどうかわかりませんが、公演ご案内。

■北國新聞おでかけニュース

渡辺えりさんら音楽劇 赤羽ホール

チケット完売と聞いていたけどこういうお知らせが出るってことは当日券は出たんでしょうね。だからって行けなかったですけどsweat01

ああ、でも金沢行きたかったな~(しつこい)
戯曲本とDVDはぜひとも出していただきたいのですけどね。
要望は多いとスタッフの方もおっしゃってたので、ぜひぜひ前向きにご検討を!

続きを読む "音楽劇「あかい壁の家」金沢公演大楽終了" »

夏休みの日記その6.音楽劇「あかい壁の家」仙台公演

長い一日の最後は、元々この旅の目的地日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)で音楽劇「あかい壁の家」を観劇。

Seinenbunkacenter01_2

Seinenbunkacenter02

Seinenbunkacenter03

2013年8月21日(水)19時開演
音楽劇『あかい壁の家』
会場:日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)シアターホール
座席:G列下手寄りサイド
作・演出:渡辺えり
音楽監督・作曲:近藤達郎
テーマ曲作曲:中川晃教
キャスト:
中川晃教/高岡早紀/馬渕英俚可/稲荷卓央/土屋良太/田根楽子/若松武史
緑魔子/渡辺えり
奥山隆/瑚海みどり/石田恭子/小出奈央/佐藤友紀
石山知佳/川口龍/泉佑里奈/大鶴美仁音/小倉卓
形桐レイメイ/金宮良枝/Kiyoka/栗山絵美/佐川守正
十倉彩子/林田航平/藤本沙紀/宮島朋宏
生演奏 バンドネオン:川波幸恵

会場のシアターホールは、約600席弱のキャパですが、ほぼ満席状態でした。
キャストの金宮さん(振付師役)ブログに画像がありますが、客席通路が本多劇場と比べるとずっと前の方にあり、わたしは少し後ろから見ていたのですが、まだ客電明るいうちに入ってきた凡平に友だちと二人で「来た来た♪」と盛り上がってました(笑)
この友だちは、あっきーファンではなく、バレエ繋がりの友だちなのですが、妖精さん登場シーンで「シルフィードだね」と耳打ちしてきて、そうそう、そうなのよ~!バレエのシルフィードのポーズです。わかってくれてうれしいhappy01
前からそうだったかわかりませんが、助手も同じポーズしてました。

今回少し残念だったのは、音響があまり良くなくて(響きすぎ?)細かいセリフや歌詞が聞き取りにくかったこと。せっかくこの作品の舞台になっている現地公演なので、東北ネタや笑いのツボ、もうちょっとしっかり届けたかったなと思いました。

でもそれ以外は舞台の上は大熱演でした!歌も踊りも。
舞台の幅が少し広いのか、左右の移動が大きく感じました。
特に笑ったのが、紅嶋先生をエスコートしている振付師さんが頭で押して移動させるところ、若松さん、完全に寄りかかっていて全然前に進まず、距離もあるので金宮さんすごい苦労して押してました(笑)

笑いのポイントがたぶん違うだろうとは思いましたが、愛島でかなり受けてましたね。やっぱり地元の固有名詞が出てくると反応ありますね。他にはアトムの敷物でもけっこう受けてました。

東京と演出が変わった、と感じたところ。
・最初のあか壁テーマ曲の演奏、少し前奏が長かったような。これは気のせいかもしれません。(その間下手の赤いテーブルセットの後ろで待機してる渡辺えりさんが四つん這いで隠れているのを見てしまいました)
・オデオン座の小劇場で声が響くという説明で、関西人の新郎新婦が「マコト~」「ミチコ~」と叫ぶところ、「二人の愛は永遠や」と付け加えられていました。これで横穴の落書きと結びつきますね。
・味噌会社の社長と社員たちがポンペイの音楽祭とミュージカルオーディションの説明をするところで、社長の言葉を受けて浪子さんが「味噌は力、味噌は命、味噌は必須アミノ酸を多く含み最も栄養価の高い食品云々かんぬん」と力説するところが全部社長のセリフになっていました。社長のこのキャンペーンにかける意気込みを強く印象付けてよかったと思います。

変わったわけではないけど、初めて気が付いたこと。
・山形出身作曲家志望のゆりちゃんはサクランボ模様のブラウスcherry
・下手のセットで、紅嶋先生が座る椅子とテーブルは青で、凡平のとうちゃんかあちゃんが座るのは白だった。ずっと同じかと思ってました。
・ねえちゃんが恋しくなった凡平が抱きつく前にねえちゃんの顔にさわろうとして拒絶される(笑)←これはもしかしたらこの日だけのハプニング
・これは東京楽後に気が付いて、今回確認できたんだけど、赤黒ダンサーズが踊り、花嫁二人がデュエットで歌う歌は「PASSIONE」と同じメロディ。ワルツ風のダンスミュージックにアレンジされてるからずっと気が付きませんでした。

な~んて、基本のストーリーや音楽データもまとめずいきなりこんな風に書いても、見た人にしかわかりませんよね。すみませんsweat01

続きを読む "夏休みの日記その6.音楽劇「あかい壁の家」仙台公演" »

兵庫公演も無事終了

渡辺えりさんブログ、また更新。
ちょっとおもしろい角度のあっきー画像もあります(笑)
兵庫公演も満席のお客さまで盛り上がったみたいですね。よかった、よかった。

そうでした。うっかりしてましたが、兵庫も震災地。もう18年も経ったけど、まだ癒されない心、復旧されていない土地もあるのでしょうね。
兵庫県公式サイトの「阪神・淡路大震災の復旧・復興の状況について」から「阪神・淡路大震災の復旧・復興の状況について(平成25年2月版)(PDF)」によると、経済状況は概ね震災前のレベルに復興しているとしながらも、
「閉じこもりがちな被災高齢者に対する生活支援、格差が見られる復興市街地整備事業のスピードアップやまちのにぎわいの回復、地域経済の活性化など、被災者や被災地の抱える課題は個別・多様化しており、それぞれの状況に配慮したきめ細かな対応が引き続き求められている。」ということです。
東北の震災後の行く末を見るようで、やはり復旧復興への長い道のりを思ってしまいます。
忘れてはいけない。たった2年半前の東日本大震災はもちろん。
18年前の阪神淡路大震災も。
68年前の広島長崎原爆も。
そしてこの日90年目を迎えた関東大震災も。
(でも気が付けば何も備えていないsweat02喉元過ぎても熱さを忘れてはいけないのに)
ずいぶん無茶なスケジュール組んだな~と思うけど、「あかい壁の家」地方公演の開催地選択にも意味を感じますね。

残るはラスト1公演、金沢です。
あっきー舞台の大楽行かなかったのって、M!再演博多座と「X day」BRAVAに続き3回目だけど、そのどちらも最終地公演に一回は見に行ってるもんね。1公演しかないのに見届けられなかったのは初めてです。
今さらだけど、金沢行きたかったよ~!!crying
泣きながら、最後の公演成功をお祈りしてます。

より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ