あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

ゲゲゲのげ

2015年11月30日 (月)

水木しげるさんの訃報に

鬼太郎シリーズや「悪魔くん」「河童の三平」など、子どもの頃から親しんできた作品の作者、漫画家の水木しげるさんが亡くなったそうです。93歳。
普通の方ならりっぱなお歳で大往生ですが、この方の場合は少なくとも100歳とか200歳とかまで生きていそうな気がしていたので(妖怪じゃない)、なんだか早いな、という気持ち。
たぶん、まだひょうひょうとしてこちらとあちらを行ったりきたりしてるんじゃないかと(笑)
たくさんの怖くて楽しい漫画を描いてくださってありがとうございました。

さて鬼太郎といえばゲゲゲ。ゲゲゲといえば鬼太郎、鬼太郎といえば?あっきーですよね(をい)

2011年夏の座高円寺での公演を懐かしく思い出します。

Gegege_panel

Gegege_zakoenji02

脚本も美術も音楽もほんとうに美しい舞台でした。鬼太郎もかっこよかったしlovely映像残してくださってありがとうございます♪

公演中にお友だちと分け合った鬼太郎グッズ。(舞台公演とはまったく関係ありません)

Akinorinbingo08

Akinorinbingo02

Akinorinbingo06

Akinorinbingo04

楽しかったな~。Hさん、たくさん差し入れありがとうねhappy02

Gegege20110823b

千秋楽には目玉ピアスを着けていきました(笑)

この赤トンボのブローチにもちょっとした意味があって、トンボってあの世とこの世を行き来するっていうじゃありませんか。生者と死者、現世と魔物や妖怪が跋扈する世界を自由に行ったり来たりする物語にふさわしいシンボルかなって。

この夏は震災後初めて被災地を訪れたことでも記憶に残っています。福島の海辺の景色、忘れられません。今はあの場所はどうなっているんだろう?機会があればまた訪れてみたいです。

水木しげるさんの訃報から話がずれてますが、水木さんが生涯描き続けてこられたテーマとして妖怪の世界とともに忘れてはならないのが戦争体験です。

水木さんが証言する南方戦線の現実→NHKアーカイブ「証言記録 兵士たちの戦争」(番組映像見られます)

過酷な戦場の生と死の狭間で水木さんは普通の人が見えない世界を見ていたのかもしれません。
そして水木さんの漫画の世界とキャラクターを借りて生まれた渡辺えりさんの戯曲もしっかり水木ワールドを継承していましたよね。

水木さんはきっと目には見えないけど確かにあるあちらの世界に行ってしまわれたのでしょう。今頃は鬼太郎やねずみ男や子泣き爺や一反木綿と楽しくやってるかも。その方が水木しげるさんにふさわしい世界だという気がしてしますよね。ご冥福を祈ったりお悔やみを言うのはなんだかそぐわないので、どうかあちらでいつまでもお元気でhappy01

2013年8月17日 (土)

『ゲゲゲのげ~逢魔が時に揺れるブランコ~』DVDが届きました

8/18以降と言ってたのに早い!と思ったら、もう明日は8/18。「あかい壁の家」は新潟公演ですね。きっと会場でも販売されるでしょうね。

Gegegedvd_01

Gegegedvd_02

音楽劇『ゲゲゲのげ~逢魔が時に揺れるブランコ~』DVD
2011年8月1日~23日 座・高円寺1にて上演
税込4500円

早く見たい!という気持ちもありますが、来週あか壁仙台公演を見る予定なので、こちらが一段落してから。

これからの旅公演先の会場でも販売されると思いますが、会場までいらっしゃれない方は通販も受け付けているようです。ご案内は、オフィス3○○のゲゲゲ公演情報ページで。

2011年8月の公演については、→このブログの公演情報(更新中)をご参考に。

続きを読む "『ゲゲゲのげ~逢魔が時に揺れるブランコ~』DVDが届きました" »

2013年8月 2日 (金)

『ゲゲゲのげ~逢魔が時に揺れるブランコ~』DVD発売

本日開幕した「あかい壁の家」の会場で、2011年8月のオフィス3○○公演『ゲゲゲのげ~逢魔が時に揺れるブランコ~』DVDcdの通販予約受付が始まりました!

DVDは、送料込4500円。発送予定は8月中旬で、発送はメール便となるようです。

あっきーFCではすでにお知らせがあり、限定数ながらFC特典(舞台写真)付きで注文受付中です。わたしはもう申し込みましたscissors
今回は、お知らせメールへの返信による注文は必要なく、入金をもって予約受付完了となるようです。(お知らせの文言がわかりにくかったので問い合わせました)
FCへのご注文をお考えの方は、お早めに~。
焦らなくても十分間に合うとは思いますがbleah

それにしてもこれはうれしいニュースでした。
2年前の夏のこの公演は、わたしにとって鮮烈な印象を残した、あっきー風に言えば「心に傷を残した」舞台でしたから。鬼太郎や時彦ちゃんにまた会える、あの凄絶な歌声がまた聞けると思うと、うれしすぎて胸が痛くなるほどです。
初めて鬼太郎のビジュアルを目にした時(オフィス3○○からのお知らせハガキでした)の衝撃ったらなかったです。あっきーがこんなにも小劇場系の舞台にはまるとは、まったく予想してなかっただけに、実際に生舞台で生き生きと動き歌う鬼太郎を見た時は二度目の衝撃。
今回のあか壁舞台はサードインパクトとなるか?(笑)

もう今から楽しみでしかたありません。
あ、会場ロビーで映像流してますので、いらっしゃる方は開演前にでもチェックしてみてくださいね。

これテレビで放映してくれないかな~。
初演で岸田國士賞取った後、再演の舞台(本多劇場でした)はNHKで放映されたものがビデオとして販売されたんですよね。
今度は先にメディアが出ちゃうけど、最近復活したBSプレミアムの演劇枠とかでいかがでしょうね?NHKさん。って、ここで言ってもしょうがないけど。

2012年6月27日 (水)

びっくりしたのでこれを先に

またいろいろと溜め込んでますが、今日のびっくりニュースeye
訃報:伊藤エミさん71歳=歌手「ザ・ピーナッツ」の姉

ザ・ピーナッツは、「シャボン玉ホリデー」の頃から親しんできた双子の歌い手で、今でも大好きな歌がいっぱいあるし、そのお姉さまの方が亡くなられたことに関しては心からお悔やみ申し上げます。
「♪モスラ~っや」の怪獣映画「モスラ」での小さな姿も懐かしい…。

っていう話ではなくてですね。この訃報記事を見て何にびっくりしたかというと、亡くなった伊藤エミさんの本名が「沢田日出代」さんだったこと!
なんと、やっぱりマキオのお父さんはジュリーだったのね~sign02
という冗談は置いといて。
そっか~、だからあのお母さんの名前、日出代だったんですね。
そこまでは気づかなかったよ。
さすがだ、えりさん。

突然すぎて、何の話かわからない方へ。
昨年の夏、あっきーが鬼太郎を演じた「ゲゲゲのげ~逢魔が時に揺れるブランコ~」で、いじめられっ子のマキオの母ちゃんが自分は双子でテレビで歌っているジュリーがマキオの父ちゃんだと言い張ってたんですね~。
渡辺えりさんが熱烈なジュリーファンで、初演当時ジュリーが双子(ザ・ピーナッツ)の片割れと結婚してたことに引っかけたシャレなんですが、意外と受けてなかったsweat02
もはやそんなことを憶えてる世代も少数派になりつつあるのでしょうかcoldsweats01

話は戻るけど、エミさん、別れても名字は変えなかったんですね。
その気持ちにちょっと思いを巡らせてみたりして。
心からご冥福をお祈りします。

そしてまったく関係ないけど、あっきーの「情熱の花」をまた生で聞きたくなった(笑)

2012年3月25日 (日)

第39回伊藤熹朔賞選考舞台美術展

週末ずっと出かけてて、なかなか更新する暇がありませんでしたcoldsweats02
昨日のさかきーソロライブのことも書きたいのですが、まずは急ぐお知らせから。

Kinoexhibition

優れた舞台美術作品(装置、衣裳、メーキャップ等のデザイン)に対して贈られる伊藤熹朔賞の選考において、「ゲゲゲのげ~逢魔が時に揺れるブランコ」の衣裳デザインを担当したドルドルドラニの木鋪ミヤコさんがファイナリストに選ばれました。
ただいま新宿の紀伊国屋画廊で最終選考に残った作品の舞台セットミニチュアやデザイン画、舞台写真などが公開中です。

紀伊国屋画廊今月の予定
■3月22日(木)~3月27日(火) 
午前10時~18時30分(最終日は18時まで)
第39回伊藤熹朔賞選考舞台美術展
会場:紀伊國屋画廊 

(紀伊國屋書店新宿本店4階)

昨日と今日、立ち寄ってきましたが、ゲゲゲの展示は、パネル1枚分、けっこう大きなカラーの舞台写真が10枚くらいと、小学生たちのデザイン画でした。鬼太郎は登場シーンで小学生たちの前で大見得切るところと一葉のマキオが時彦ちゃんと「逢魔が時」を歌ってるシーンがありました。それ以外に一次審査用の資料がクリアファイルに入って自由に閲覧することもできます。
細かい書き込みがいっぱいあって、興味深いのですが、唯一判読できたのは、鬼太郎衣裳のチャンチャンコの下の服に「昔の制服」という書き込み。ああ、あれって国民学校とかの制服なのかな?古すぎる?bleah水木さんに設定聞いてみたい(笑)
各出演者と衣裳デザインがずらっと一覧にしてあって、衣裳合わせ用の?ちっちゃい写真のあっきーがいました。

ドルドルドラニサイトのお知らせによると、今日がその最終選考会(公開)だったみたいなんですが、わたしが行った時はもう終わってて、特に受賞作品の発表とか気づかなかったなぁ。どうなったんだろう?(ここをチェックしてればわかるかな?)
展示は、27日(火)までです。ご興味がおありでお時間の都合のつく方ぜひ。

紀伊国屋画廊では、前回展示の竹田団吾さんを見逃したので、次回のこちらもちょっと気になる。

■3月29日(木)~4月3日(火)  野波浩トリビュート展「EXPANDED」
公式ブログ

続きを読む "第39回伊藤熹朔賞選考舞台美術展" »

2011年9月20日 (火)

夢見る力が希望になる

書きかけだった記事をやっと補完してアップします。

なかなかゲゲゲの夢からさめない。夏休みの宿題を残したまま2学期が始まってしまった感じ。転校生はいつやってくるのかな。

そんな夏の終わり、8月最後の日、渡辺えりさんの朗読ライブに行ってきました。あいにくの雨降り、場所もわかりづらくて苦労しましたが、なんとか辿りつきました。

Hon01

Hon02

2011年8月31日(水)
open 19:00 live start 19:30
「本・つながる・未来」プロジェクト Vol.3
金子飛鳥 ・ 渡辺えり ・ 近藤達郎 ライブ「夢見る力 音楽隊」

会場:Rainy Day Bookstore & Cafe
レイニーデイ・ブックストア・アンド・カフェ

【第一部】
金子飛鳥×近藤達郎ライブ
【第二部】
渡辺えり朗読&ライブ
演奏:金子飛鳥×近藤達郎
朗読作品:「酸っぱいビワの実吐きだせない」渡辺えり作
ライブセットリスト:
「酸っぱいビワの実吐きだせない」(朗読に続き)
舞台「りぼん」から3曲
映画「ローズ」から「The Rose」
「この素晴らしき世界で」
「ロコへのバラード」(曲:ピアソラ)
※歌詞は訳詞を含めすべて渡辺えりさんによる

第一部の楽曲名…すみません、まったく憶えていませんsweat01
近藤さんは現在渡辺えりさんの劇団の音楽担当されていますが、その前に関わりのあった劇団の舞台音楽とか、金子飛鳥さんのオリジナル曲とか、いろいろ。金子さんはボーカルでもあります。ちょっと不思議な楽器のような歌声でしたよ。最後の歌、ウクライナ出身の歌手ナターシャ・グジーさんのために書いたとおっしゃった歌がよかったです。これもタイトル忘れたんですが、希望のイメージ。

途中カウンターの奥から渡辺えりさんも現れて、しばらくお二人の演奏に聞きいってました。

続きを読む "夢見る力が希望になる" »

2011年9月 5日 (月)

酸っぱいビワの実、うっふん♪

先週渡辺えりさんの朗読ライブで、1週間ぶりに「酸っぱいビワの実吐き出せない」の歌を聞き、ほぼ完ぺきに自分でも歌えるということを確認してきました(笑)

ふざけたタイトルごめんなさいcoldsweats01
ちょっとふざけた記事が書きたかったんです。

酸っぱいビワの実の「♪行き着くところは(果ての果て)」のところがどうしても「♪わっかいむすめは(うっふん)」に聞こえちゃうんですよ。
わたしだけかな~sweat01

そして魔境のテーマ(勝手に命名)では、「♪魔境魔境と風が吹く」のところが「(青春時代の真ん中は)道に迷っているば~かり~♪」になっちゃうの。

えりさん、ごめんなさいbleah

続きを読む "酸っぱいビワの実、うっふん♪" »

2011年8月30日 (火)

あらいまいさんのブログ

ゲゲゲ、アンサンブルキャストのあらいまいさんのブログ
千秋楽後の更新から。

あっきーと2ショット!ちょっと緊張気味?(笑)

小学生1 小学生2
パワフルでしたね~。オレンジと青の衣裳。オレンジはビワの実の色、子どもの時間の色なのかなと思いました。無限のエネルギーも感じます。

アイロンがけ、ご苦労さまでした。

河童が着てたのはカッパ(合羽)
そのシャレに気付いたの3回目くらいでした(笑)

大入り袋出たんですね~。よかったですね!最後の5日間は座席もぎりぎりいっぱいまで増やして満員御礼でしたもんねscissors いやいや、まいさん、しっかり存在感ありましたよ。あの髪型可愛かったheart04

シャツにサインもらったんですね。あっきーのもある~lovely

あっきーからクッキー(笑)
あっきー、期間中お弁当とかお菓子とかお水とかいろいろ差し入れしたんですね~wink

お稽古中からキャストの紹介や小道具衣裳の準備作業、舞台の情報などさまざまな話題で楽しませていただきました。ありがとうございました!ブログ、また時々のぞかせていただきますね。

次のお仕事もがんばってください!rock

って、ここに書いてもね(笑)

続きを読む "あらいまいさんのブログ" »

2011年8月27日 (土)

落ちる落ちる下へ下へ

あああ、千秋楽のネタレポ、とっとと終わらせないと気持ちが悪い!
というわけで、憶えてるとこだけ書いちゃいます。
この続きね。でもたいしたことは憶えてない…

蛇のシーンが楽しかった♪
吐き出すのと飲み込むのはだんだんうまくなってきましたよね(笑)
千秋楽ではいつも以上にテンション高く「GO!」ってやってましたが、あれも最初の頃はそんなこと言ってなかったですよね?そして「入ります、入ります、どこまで行きますか、そこまでですか?実況お願いします」ってマキオに(爆)「気持ちいいならいいって言えよ」とか、この場面はもう毎回エロいというよりは爆笑のツボでした。
あっきー関係では、河童たちとの闘いで砂かけ婆あの応援団として拳をふりあげてはしゃぐ、はしゃぐ(笑)「いいぞ!いいぞ!いけいけ婆あ!」(爆)
砂かけ婆あ、子泣き爺、一反もめん、と広岡さんの肩、帯(お腹?)、足と順番に鬼太郎と目玉おやじの声で言うところ、時々ずれて二人で笑っちゃうこともありましたが、最後はうまくいきました~。
ただ、この河童シーンでわたしが楽しみにしてる一本指投げキッス(笑)の場面は、この日は角度的にちょうどマキオの背中が塞いで全然見えなかったんです。最後にもう一回見たかった~crying 河童に視界を遮られたこともあり、そういう意味での座席運はイマイチ。(それで評価する?)
河童で思い出したけど、砂かけばばあになる前の広岡さん、つまり給食のおばさんは河童の梶本くん(満潮と干潮の水位にこだわる)に夢中なんですね。最後にやっと気がつきました。ペンライトふってるあたりから、投げキッスを交換したり(笑)、鬼太郎に追い立てられるまでうっとり歌に聞き惚れていたりlovely
確かに梶本くんのソロはすてきでした。後で配役表見たら多賀健祐さんとおっしゃるんですね。最後に少しお疲れ気味の歌声だったのがちょっと残念。

続きを読む "落ちる落ちる下へ下へ" »

2011年8月25日 (木)

渡辺えりさんのインタビュー記事

ゲゲゲ千秋楽の話の続きを書きたいのですが、なんだか脱力しちゃってどうにもダメですcoldsweats02
できるだけ、思ったこと感じたこと、知ったことなど書きとめておきたかったのですけどね。

高円寺在住の友だちから、中野・杉並ローカルなフリーペーパーに、渡辺えりさんのインタビュー記事が掲載されていると教えていただきました。全戸配布のタウン誌で、こちらからダウンロードもできます。→ポスティア9月号
インタビューは25ページです。
ゲゲゲ26年ぶりの再演にかける思いを語ってくださってるんですが、いま読むとあらためて納得できるところがあります。一部引用しますが、

 孤立していたり、疎外感を感じている子どもというのはいつの時代もいるはず。そう感じている子にとって、この作品は時に痛快だったり、色々と思うものがあるかと。
 私の創る作品は“シュール”ですが、私はリアリズムだけでは人は救われないと思うんです。リアルなものは、観る人がその状況にぴったりあてはまらないとダメ。でもシュールなものは如何様にもとらえることができて、救われることができる。だからシュールな作品が好きなんですね。

シュール(レアリズム)で難解なのは、わかる人だけわかってください、じゃなかったんですね。如何様にも解釈してください、ってことなんですね。理解できないのは、わたしがバカだからじゃなく、正解があるはずだと思っていたのが間違いだったということなんですね。やっぱりバカだsweat02
リアリズムだけでは人は救われない。そのとおりだと思います。
だから人は夢を見、望む世界を妄想するのでしょう。

座・高円寺のフリーペーパー「座・高円寺」(まんまですね)にも渡辺えりさんの対談が3本も掲載されていて、えりさんの演劇のルーツや考え方にふれることができました。
これちょっとわかりにくいところに置かれてたみたいで、お気づきの方少なかったかも。
わたしは人に聞いて知ってロビーのチラシ置き場をチェックしましたが、見当たらなくてスタッフの方にお尋ねしたら、2階の事務所にあると教えていただき、ゲットすることができました。高円寺駅にもあったみたいです。

ところでわたしも20代の一時期杉並に住んでいたことがあります。ちょうどゲゲゲ初演の頃です。しかも渡辺えりさんがお住まいになっていた同じ町内でした!善福寺川の緑地あたりで、もしかしたらすれ違ってたかもね(笑)

続きを読む "渡辺えりさんのインタビュー記事" »

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ