あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

風を結んで

2011年7月14日 (木)

おちぼひろい

ブログネタに、と思ってメモってあったんですが、なかなか更新できないので、リンクだけでも。

菊地美香さんのブログから
名古屋のこと
大阪のこと  
白虎隊のときは静夫さんだったんだ~。
「身長が伸びますように・・・」ってお願い、かわいい(笑)

照井裕隆さんのブログから。
右足さん、ありがとう
賢也さん、ありがとう。

あらいまいさんのブログから。
目玉の絵文字??
こんなのあるんだ~。かわいい!
吸収力
ダンス、アクロバット、タッ??アンサンブルのみなさん、大変だ~!sweat01

淺井 孝行さんのブログから。
若い!
まだ24歳なのね。希望や悩みに満ちた青春。今だけの特権だから。

2011年7月 8日 (金)

ミュージカルに風結記事

今日は「演劇ぶっく」の発売日でしたが、帰りが遅くて本屋さんに寄れませんでしたcoldsweats02
こちらももう発売してますが、まだチェックできてません。

ミュージカル出版社
隔月刊「ミュージカル」2011年7・8月号
2011年7月5日(火)発行
最新号目次
(定価 900円)
★カラーグラビア★
『風を結んで』の中川晃教、大和悠河、藤岡正明、小西遼生、ほか

でもどっちもうちの近くの本屋じゃ置いてないんだな~sweat02


2011年7月 6日 (水)

自助・独立

小ネタ、もうひとつ。
ネットをさまよっていたら司馬遼太郎さんの「風塵抄」というエッセイ集をみつけました。→こちら(個人のサイトみたいで、こういうのいいのかどうかよくわかりませんが出典を明らかにする意味でリンクしておきます)
その中に「自助と独立」というタイトルの一文があります。真ん中よりちょっと下、(1989〈平成元〉年2月6日)の日付です。
その中のこの部分にハッとしました。

薩摩藩士族には、城下士と郷士の差別慣習があった。維新後、西郷隆盛は、城下士を近衛陸軍に入れ、郷士を東京警視庁に入れた。郷士出身の川路利良は明治6年、フランスの警視庁制度を見学し、帰国後、大警視として日本の警察制度をつくるのだが、明治10年、かれにとって最大の難事が出来した。故郷が反乱(西南戦争)をおこしたのである。川路は鎮圧側に立つにあたって、
「人ト生レテ、自助独立ノ権ナク、己レ生涯ノ利害ヲ人二任シテ、 羈縻 ( きび ) (つなぎとめる)セラルルハ牛馬二均シカラズヤ」
 という名文でもって同郷出身の部下をはげました。警視庁の創設者もまた、自助・独立の礼讃者だった。

な~るほど、だからあの巡査は鹿児島弁だったんですね。由紀子さんが会食した川路さんは洋行仲間?だったわけですね。そして西南戦争においては、同じ薩摩出身者どうしが戦うという隠れた悲劇があったのですね…。日本史にうとくて、そのへんのこと全然知りませんでした。
(っていうか学校で現代史教えなさすぎですよね。メソポタミアや大化の改新より先に「今」に直接つながっている明治以降の歴史を教えなきゃ)
ちなみにわたしの日本史的知識のほとんどはNHK大河ドラマがネタ元です(爆)

ここで言われている自助・独立って、由紀子さんがあこがれた女性の自立とも繋がりますよね。

多くの歴史小説を書かれている司馬遼太郎さん、幕末~明治ものもたくさんありますが、その中で「峠」っていう小説が、日本のラストサムライの一人である河井継之助という方のお話みたいです。↑のサイトでも紹介されていますが、ちょっと読んでみたくなりました。

続きを読む "自助・独立" »

2011年7月 4日 (月)

スターファイルを解約

自分が忘れていたので、もしかしたら他の方も?と思い、書いておきます。
朝日コムの有料コンテンツ、スターファイルのあっきーインタビューを読むために6月に購読したんですが、ここはほっておくと勝手に自動継続されて購読料が課金されてしまいます。
6月中に購読停止手続きしておけば、1カ月分の課金で済んだのに、うっかりして気がついたら7月に入ってしまったので、今月分も課金されちゃいましたweep

また忘れないうちに、購読停止手続き完了。

まあ、今月いっぱい読めると思えばいいか~coldsweats01

2011年7月 1日 (金)

風結の残像

大澄さんブログ、大阪打ち上げでのあっきー。充実したいい顔。

おわくりブログ、最後の舞台化粧、白虎隊あっきー。

TSミュージカルファンデーション公式ブログに謝先生のコメント。大楽の舞台画像も。

「ひとまず終演」slateという言葉に再会の希望がかすかに見えてきます。

雨戸を閉めようとベランダの窓を開けたら、どこからか風鈴の音。「風を結んで」オープニングの竹林を通り過ぎていく涼やかな風の音色だ…notes

これからしばらく、この喪失感は続くのかな。

風結大楽カテコ動画

公演情報ページを先に更新してました。
東宝公式サイトの動画ページに昨日の大楽カーテンコールの動画がアップされています。→YouTubeへの近道
ありがとう!東宝さんhappy01
そうそう、また21歳ネタが続いてたんですよね(笑)

会場の大合唱もどうぞお聞きください。思わずまた歌っちゃいます(笑)

今回の公演は、ほんとうに最初から最後まで東宝公式サイトをはじめ、様々な演劇関連の出版物からウェブサイトから、独自の取材記事や画像や動画がいっぱいあふれてて、ものすごくたくさんの演劇関係者さんがこの舞台を温かく迎えてくれたことがわかって、うれしいんですheart01heart04
もちろん期待されてたのはあっきーだけじゃないとしても、どれだけたくさんの方がモーツァルト!再再演以来の中川晃教の本格ミュージカルを待ちかねていたことか。
その期待にみごとに応えてくれたあっきーもありがとう!
見られて幸せでした。
ほんとうに、ほんとうにありがとう、お疲れ様。

雑誌に風結記事

来週発売の演劇ぶっくに「風を結んで」のステージ紹介記事が載るみたいです。

『演劇ぶっく』152号(2011年8月号)
2011年7月8日発売 (750円)
★ステージ紹介&インタビュー★
『風を結んで』大和悠河 中川晃教

写真とレビューに期待。

結んだ風は

空のあのあたりを渡っているのでしょうか。

Brava00

中川晃教主演ミュージカル「風を結んで」大楽(大阪公演)終演後の大阪城の空です。

終わってしまいました。

ファンにとっては至福の舞台、6月4日に開幕して、6月とともに去っていってしまいました。

帰宅したら日付が変わっていました。

この大楽の舞台がどれだけ素晴らしかったか、どんな風に書き始めようか、言葉を探してもみつからずにこんな月並みなことしか書けませんが、とても良い舞台でした。

あっきー始めキャストのみなさん、バンドのみんさん、裏で支えてくださったスタッフのみなさん、お疲れ様でした。そしてほんとうにありがとうございました!

BRAVA!周辺。

Brava01

Brava03

Brava05

Brava06

あっきーは最後までぶれずに平吾というワンオブラストサムライを生き抜きました。歌声も今日が最高だったんじゃないかというような伸びと透明感と力強さで圧倒されました。

他のキャストのみなさんも歌にダンスに、刀を使った難しい振付にも素晴らしい安定感で最後まで挑み続けやり切りました。(誰か一回くらい刀落とすかと思ってたcoldsweats01)

最後のカーテンコールでは、東京千秋楽と同様、ひとりひとりが挨拶をしてくれて、それぞれおもしろかったのですが、特に印象に残っているのは、藤岡くんが万感胸に迫ったかに見せかけて(いや、実際に胸一杯だったのかもしれませんが)「んなわけねーだろ!」と一人オヤマカ節を舞台前方から後ろの階段セットまで使って歌い踊りまくって笑わせてくれたことと、大澄さんが「たったひとつ心残りは、右近として舞台で笑いたかった」と言って満面の笑みを浮かべたあと、隣の藤岡くんとオヤマカ節を一節踊ってみせたことですhappy01

藤岡くん、最後までムードメーカーでしたheart01 今回わたしの中では赤丸ポイント急上昇中です(笑)

そして最後にメインテーマ曲である「風を結んで」を客席も含めみんなで歌いたいというあっきーの言葉に、挨拶の間着席していた観客も再びオールスタンディングで大合唱note これは感動的でした。あっきーは一幕最後のリプライズと同じコーラスしてくれて、わたしもいつかあっきーと一緒に歌いたいという念願が叶いましたhappy02

ちなみに今回歌唱指導はなしです(爆)

おぼえやすい歌ですし、一緒に唄えばなんとかなっちゃうもんです。大楽にふさわしい盛り上がりで締めることができました。

 

続きを読む "結んだ風は" »

2011年6月28日 (火)

大阪風結開幕

今日から三日間、シアターBRAVA!で中川晃教主演「風を結んで」大阪公演ですね。
開幕初日、現地からのツイートによると、あっきー大阪でものびのび熱唱してるみたいです。
あと残り2公演、完全燃焼めざしてラストスパート~!rock

ところで劇場では、9月のコンサートのポスターが貼り出され、モニターでCM映像が流れ、特別先行予約の受け付けもしてるみたいです。
この舞台で初めてあっきーを知った方や興味を持たれた方が、もっともっとあっきーの歌声に浸りたい、と思ってくださったらすかさずコンサートに誘導notes うまい!(笑)
たくさんの方がコンサートでまたBRAVA!に帰ってきてくれるといいですね。

わたしは明日、会社をダッシュで出て、深夜に大阪入りの予定。
30日の千秋楽のみ、見届けてきます。

会社から直行なので、今夜中に荷造りしなきゃ~sweat01sweat01

続きを読む "大阪風結開幕" »

2011年6月27日 (月)

安定と誠実

それが今回の「風を結んで」という舞台に一番感じたことでした。
その印象は名古屋でも変わらず。

Chunichi01

Chunichi03

Chunichi02

懐かしの中日劇場。
休憩中に2階席へ行って、自分が初めてあっきーを見た場所に立ってみました。2階最前列の下手の端っこ。横に長い劇場なので、かなり斜めに見る感じです。当時の気分を思い浮かべてちょっと微笑むconfident
舞台もシアタークリエより横幅あるので、セットは真ん中に寄って見えました。あえて広げないで、左右を空けてましたね。

特に新しい演出もアドリブも大きな事故もなく、ごくスタンダードな仕上がりで歌も踊りも安定していました。
ただ、2幕冒頭の白虎隊のシークエンスから一座のお稽古シーンに入るところで小弥太の加藤貴彦さんの白い衣裳が腰のあたりに引っかかったまま登場してしまって、ご本人最初気づいてなかったみたい。途中で気づいて振り落としたら今度はそれが足にからんでしまって、外すのにちょっと苦労されてたみたい。ハプニングといえるのはそれくらいかな。
この舞台は元々、初日から安定してました。だから毎回安心して見られたっていうところはありますね。

藤岡くんの喉はだいぶ復調してました。まだ100%復活ではないけれど。
そして小西くんは東京公演でも後半になるにつれ泣き虫度がアップしていきましたが、名古屋はもっとでした(笑)2幕「西へ」の藤岡くんとのデュエット、途中で歌えなくなりそうなくらい泣いちゃってweepあそこは客席もすすり泣きが広がるところですが。
おやまか節のところでの手拍子が途中でずれちゃったみたいに聞こえましたが、わたしの方が外してたのかもしれないsweat02

あっきーは、まったくブレなし。相変わらず自信をもって堂々と、のびのびと歌っていました。こちらも文句なし。ほぼパーフェクト。一か所小さなミスがあったけど、後でダメだしされたのかな~(笑)

今日一番うれしかったのは、福島のあっきー友と久しぶりに会えたこと。
デビュー当時から長くファンをされてる方で、わたしもいろんな資料をいただいたりずっとお世話になってる方なのですが、ご自身の体調やらご家族の介護など、いろいろあってあっきーの舞台やライブはしばらくご無沙汰してました。それが久々のミュージカル復帰作、しかも福島の歴史的エピソードが背景にある舞台を見ることができて、ほんとうによかったなと思いました。被災地の中でも福島は特別ですから。

続きを読む "安定と誠実" »

より以前の記事一覧

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ