あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

  • hilda's tweets

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 【ネット記事のまとめ】『ジャージー・ボーイズ』イン・コンサート | トップページ | Bumpy Lens #1フォトギャラリー公開 »

2018年5月14日 (月)

【公演記録】ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』イン・コンサート

予想を越える素晴らしさでした。
初演の映像をうまく使いながら、ストーリー展開と楽曲をスムーズに繋いでいく演出が秀逸で、初演を見ている者には懐かしく、また再演では登場しない赤チームの二人(藤岡くんはコンサートのみ参加、光夫さんはカテコでステージ上に登場のサプライズありcrying)や、都合で今回のコンサートには参加できていないアンサンブルキャストさんの姿が見られたのもうれしかったです。また、評判を聞いて今回初めて見る方たちにとっても素晴らしいイントロダクションになっていたと思います。
公演概要とミュージカルナンバーをまとめました。

69951

【公演記録】

ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』インコンサート

■日程:2018年5月12日(土)~5月13日(日)
■開演:両日とも①13:00~ ②17:30~
■上演時間:休憩なし2時間弱
■会場:東急シアターオーブ
■チケット料金:S席10800円 A席8500円 B席5500円

■出演:
フランキー・ヴァリ:中川晃教
トミー・デヴィート:藤岡正明/中河内雅貴/伊礼彼方
ボブ・ゴーディオ:海宝直人/矢崎広
ニック・マッシ:福井晶一/Spi
■女性コーラス:小此木まり/遠藤瑠美子/ダンドイ舞莉花/湊陽奈
■男性コーラス:白石拓也/山野靖博/森雄基/伊藤広祥

■音楽監督・ピアノ:島健
■演出:藤田俊太郎
■脚本:マーシャル・ブリックマン&リック・エリス
■音楽:ボブ・ゴーディオ
■詞:ボブ・クルー
■公式グッズ
公演プログラム    2500円
Tシャツ    3000円    ※サイズS/M/L
トートバッグ    2000円    ※ブラックとナチュラル
オリジナルペンライト    1500円
Bluetooth speaker    7000円
※プログラムとペンライト以外は完売

Goods

69950

このミュージカルのシンボル、水玉模様を身に着けていらっしゃる方も多く見られました。↑はお友だちが用意してくれたリボンribbon

※5/13マチソワ公演しか見ておりませんので、公演ごとに違ってるところがあったらすみません。
【ミュージカルナンバー】
・Ces soirées-là (Oh What a Night)    8人
Spring
・Silhouettes        トミー×3+フランキー
・You're the Apple of My Eye    トミー×3
・I Can't Give You Anything But Love    フランキー+トミー×3
・Earth Angel        トミー×3
・A Sunday Kind of Love    フランキー+トミー(藤岡)
・My Mother's Eyes    フランキー
・I Go Ape    伊礼彼方
Summer
・(Who Wears) Short Shorts    トミー×3、ボブ(矢崎)、フランキー
・I'm in the Mood for Love/Moody's Mood for Love <恋の気分で>    フランキー
・Cry for Me    ボブ×2
・バックコーラスメドレー
 ・An Angel Cried    矢崎広
 ・I Still Care    海宝直人+矢崎広
 ・Trance    矢崎広
・Sherry    ブルーチーム(Spi、矢崎、中川、伊礼)
・Big Girls Don't Cry <恋はヤセがまん>    ホワイトチーム(福井、海宝、中川、中河内)
・Walk Like a Man <恋のハリキリ・ボーイ>    混合チーム(Spi、矢崎、藤岡、中川、福井)
・December, 1963 (Oh, What a Night) <あのすばらしき夜>    ボブ(矢崎)
・My Boyfriend's Back        エンジェルズ(女性コーラス4人)
・My Eyes Adored You <瞳の面影>    海宝直人
・Dawn (Go Away) <悲しき朝やけ>    8人
・Walk Like a Man (reprise)    8人
Fall
・Big Man in Town    フランキー、トミー(藤岡)、ボブ(海宝)、ニック(福井)
・Beggin'    Spi
・Stay        フランキー+ボブ(海宝直人)
・Let's Hang On! (To What We've Got)    ニック(福井晶一)
Winter
・Opus 17 (Don't You Worry 'bout Me)    フランキー+ボブ(矢崎)
・Everybody Knows My Name    インスト+フランキー独白
・Bye Bye Baby        フランキー
・C'mon Marianne    フランキー
・Sherryほか    ピアノソロ:島健
・Can't Take My Eyes Off You <君の瞳に恋してる>        フランキー
・Working My Way Back to You <君のもとへ帰りたい>    フランキー+男性コーラス4人
・Fallen Angel        フランキー
・Rag Doll<悲しきラグドール>    7人(クルー役の藤岡以外)
・Who Loves You<愛はまぼろし>    8人

Bows
・メドレー    (インスト)
    (キャスト紹介)
・December, 1963 (Oh, What a Night)     (インスト)
    (ミュージシャン紹介)
Bows2
・メドレー(Oh, What a Night、Walk Like a Man、Sherry、Can't Take My Eyes Off You、Big Girls Don't Cry)    全員
※「Can't Take My Eyes Off You」は中川晃教×藤岡正明(除く5/13マチネ)
※8人=中川晃教、藤岡正明、中河内雅貴、伊礼彼方、海宝直人、矢崎広、福井晶一、Spi
※特記のない曲もコーラスあり

ミュージカル版と比較しましたが、インスト含め、一曲も欠けていません。プラス島健さんのピアノソロが入って、音楽的にはミュージカル本編よりお得かも。
1曲だけ、歌のない歌「Everybody Knows My Name」については、また別に書きたいと思います。
あと、気になる貼紙。

Jbc3

一階席後方にでっかいハイビジョンカメラが3台、舞台上には、客席撮影とキャストをアップで撮影するカメラが2台以上、ちゃんと確認していませんが、おそらくは客席内にももう数台、カメラ配置していたと思うので、この収録、何に使うんですか~?
本編前の特番として放映期待してますよ、WOWOWさん!paper

« 【ネット記事のまとめ】『ジャージー・ボーイズ』イン・コンサート | トップページ | Bumpy Lens #1フォトギャラリー公開 »

コメント

Hilda-san
コンサート、最高に楽しかったですね!

まとめてくださったコンサートの概要、素晴らしいです。
プログラムは買ったものの、誰がどの曲を歌ったのかわからなかったのでとっても助かります。ありがとうございます。

コンサートを見て、観劇回数を増やしたくなりました。9月の本公演は本当に楽しみですが、果たしてチケットが手に入るのかどうか、少々不安です(ただでさえ、取りにくい日を希望しているし。。。)。

演劇の神様に毎晩、お祈りしようかしら。

追伸
水玉のリボン、可愛いですね💛

>Mickeyさん
いつもコメントありがとうございます!
プログラムに演奏曲リスト載ってるから、今回はメモいらないかなと思ったのですが、役と違う歌を歌われたキャストもいると聞いて、メモりました。いつもはコンサートって真っ暗なのでメモ大変なのですが、今回はペンライト推奨ということで、大いに助かりました(笑)
本公演では同じ舞台で聞くことのできない組み合わせや、役ではない歌、伝説の(笑)赤トミーを加えた編成、そして最後は彼がクルーの役を担って再演メンバー7人を紹介(引き継ぐ)という、心憎いばかりの構成と演出にはもう感服するほかありません。
わたしも今からチケット増やしたくなったけど、取れるのか??という不安もありますね。
水玉リボン、本公演でも活用したいですhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/73486413

この記事へのトラックバック一覧です: 【公演記録】ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』イン・コンサート:

« 【ネット記事のまとめ】『ジャージー・ボーイズ』イン・コンサート | トップページ | Bumpy Lens #1フォトギャラリー公開 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ