あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

  • hilda's tweets

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« ●「中嶋朋子が誘う音楽劇紀行第六夜 バロック・オペラからミュージカルへ 」出演(2019/02/2,3) | トップページ | 【TV出演】WOWOWグリーン&ブラックス »

2018年4月20日 (金)

あっきーと「若者たち」

シンフォニックコンサート、大阪と東京のアンコール曲で歌ったマイクレス「若者たち」
古い映画だかドラマだかの主題歌で、わたしでさえもうろ覚えなくらい古い歌。音楽の教科書には載ってたけどね。
いつだったかはっきりしないけど、あっきー、いつかどこかでこの歌を歌ったか、話題にしたかしたときがあったよな~?と思って、自分のブログを検索してみたら、なかなか出てこなくてあきらめかけた頃、最後に開いた→この記事にありました!

コメントにも情報あるので読んでね。

2006年、そんな前だったか~?!

あっきーが泣かされた歌、だったのね。そして自分にぴったり、自分が言われてる応援歌のようだとも。

もう少し近い時期にもどっかで何か言ってた気もするけど、 それは発見できませんでした。

やっぱり何でも書いておくもんだな~wink good

しかし12年前。
わたしにとっては、ちょうどこのブログを始めたばかりの頃。
そして、その時点ではまだ知らなかったけど、あっきーが前の事務所をやめると通告して、個人事務所を立ち上げようとしていた頃。
何を思ってこの歌を歌ったんだろうね?
そして今再び、歌おうと思ったのは、なぜ?
しかもマイクレスで自分の生声だけで、何を伝えたかったのかな?
などなど、いろいろと考え込んでしまいました…。

ところでリンクしたブログ記事中の参考サイトは、もうリンクが切れてたんだけど、もしかして移転されたのかも?と思って名前を頼りに探してみたら、→こちらにありました。
しかし、トップページには→こんなお知らせが…
最後の更新が2016年3月6日…
ご家族がトップページを編集されたんですね。
そして、以前のトップページにあったメッセージの主むのたけじ氏(父の友人でした)も偶然にも同じ2016年8月に亡くなっています。
なんかもう、言葉にできない時の流れを感じますね…。
もしわたしに何かあったら、このブログはどうなるのかな?なんてことも最近よく考えるようになりました。

気を取り直して、
シンフォニックコンサート、残すところ3公演。
次はどんな歌声が聞けるかな。
東京近郊は、板橋と市川、いずれも公共施設でのコンサートでチケット代もリーズナブル。
お近くの方、ぜひ!
特別な音楽体験ができることをわたしが保証します。
(あんたに保証されてもね~coldsweats01)

■中川晃教 Symphonic Concert ~Spring Has Come~
<東京公演>
日時】2018年4月21日(土)
開場13時30分 開演14時
【会場】板橋区立文化会館
【料金】S:6,000円 A:5,500円(全席指定/税込)
<千葉公演>
【日時】2018年4月22日(日)
開場13時30分 開演14時
【会場】市川市文化会館
【料金】S:7,000円 A:6,000円(全席指定/税込)
<三重公演>
【日時】2018年4月29日(日・祝)
開場13:00 開演 14:00
【会場】鈴鹿市民会館
【料金】5,000円(全席指定/税込)

« ●「中嶋朋子が誘う音楽劇紀行第六夜 バロック・オペラからミュージカルへ 」出演(2019/02/2,3) | トップページ | 【TV出演】WOWOWグリーン&ブラックス »

コメント

Hilda-san
こんにちは。先週、サントリーホールで聴いた「若者たち」には、そのような背景があったのですね。興味深い記事をありがとうございます。

>Mickeyさん
コメントありがとうございます。今日はチラッとお見かけしましたがお声をかけそびれましたcoldsweats01
マイクレス「若者たち」すてきでしたね。なんで今この曲を?って思ったときにかすかな記憶がよみがえりました。選曲理由を聞いてみたいですね。そしてこれを知った上でもう一度聞く機会があればなおうれしいです。

Hilda-san
休憩時にHilda-sanのお顔が見えたので、終演後にお会いできるかと思いましたが、人が多くて探せませんでした。次回、ご挨拶させてくださいね😉市川には行きませんが、行かれるなら楽しんで来てください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/73341777

この記事へのトラックバック一覧です: あっきーと「若者たち」:

« ●「中嶋朋子が誘う音楽劇紀行第六夜 バロック・オペラからミュージカルへ 」出演(2019/02/2,3) | トップページ | 【TV出演】WOWOWグリーン&ブラックス »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ