あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 【ラジオ出演】ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」5/19 | トップページ | 【イベント】ふくしまサクラモリプロジェクト植樹祭参加(5/27) »

2017年5月20日 (土)

Your music is wonderful♪

Hakujuhall01

Hakujuhall02

タイトルは手抜きで去年の流用smile
相変わらずの相性のよさと、誰よりもあっきー自身が楽しんでるのが印象的なこのシリーズも3回目となりました。
今日はあきのり先生のリズム講座とステップ講座付きで、さらに自由度ましましのあっきーの無茶ぶりに小沼さんがよくついてきてくださってるのがありがたいやら申し訳ないsweat01やら
いやいや、ほんと感謝しかないですconfidentheart01

■「中川晃教meets小沼ようすけ~music is wonderful~HAKUJU HALL」
2017年5月20日(土)17:30開場  18:00開演
会場:HAKUJU HALL(東京)

【出演】
中川晃教(Vo., Pf)
小沼ようすけ(Gui.)
小沼ゆうじ(ジャンベ)

【セットリスト】
1. It Don't Mean A Thing(スイングしなけりゃ意味ないね)
2. 恋のフーガ
3. 君は薔薇より美しい
4. One Way Ticket(恋の片道切符)
5. Bohemian Rhapsody
6. Coffee Please    **    +ゆうじさんジャンベ
7. Songe Mwen (remember me)    ***    +ゆうじさんジャンベ
8. Duo Ka    ***ようすけさんソロ
9. Will You Love Me Tomorrow  *あっきー弾き語り+ようすけさんギター
10. Smile
11. Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)
En. My Way    *ノーマイク
En.2    I WILL GET YOUR KISS    *あっきー弾き語りのみ

*記述のないものはあっきー歌+ようすけさんギター
** 小沼ようすけ:作曲、中川晃教:作詞
*** 小沼さんのアルバム「Jam Ka Deux」(昨年11月リリース)から

昼公演(14:30開演)も同じ構成だったと聞いています。
違うところがありましたらお知らせいただけるとありがたいです。
基本的に昨年10/1の取手コンサートと似たセットリストでした。(アレンジは違ってたかも)
今回もようすけさんの弟さん、ゆうじさんがジャンベで参加してくれてます。
衣装は昼夜で違ったみたいですが、夜公演の衣装は、→こんな感じ 髪がだいぶ短くなってました。

取手になかった曲について。

4. One Way Ticket(恋の片道切符)
フランキーはいい、でも彼はニール・セダカじゃない」(from JB)のニール・セダカの超有名曲ですね。日本では平尾昌晃さんのカバーが大ヒットしました。
Neil Sedaka - One way ticket (to the blues)

9. Will You Love Me Tomorrow
キャロル・キング作曲の歌から。
この前ふりのMCで五輪真弓さんが和製キャロル・キングと呼ばれたことや、キャロル・キング自身がピアノで五輪さんのアルバムに参加している話の中であっきーが突然「恋人よ」を弾き語りで歌い始める!そのインパクトが強すぎてこの歌の記憶がどっか行っちゃった(笑)
そしてこれも?と言って驚いていた曲は「You've Got a Friend」(それこないだの製作発表で歌ってたじゃん)
あっきーが言ってたロバータ・フラックバージョンがみつからないので、ご本人の歌でどうぞ。
Carole King & James Taylor - Will You Still Love Me Tomorrow

En. My Way    *ノーマイク(アカペラではありません)
手拍子指導付き(笑)
ジプシーキング風ですかね。
ピッチが444とか440とか、ヒトラーとかジョン・レノンの名前も出ましたがよくわかりませんでした(笑)何か特別な力を持つピッチらしい。
My Way - A Mi Manera - Gipsy Kings

ついでにその他の曲とMCについてもさらっと。

1. It Don't Mean A Thing(スイングしなけりゃ意味ないね)   
あっきー弾き語り風に始まる。前もこうだったかな?

2. 恋のフーガ   
前後にかなり長いインプロ風アドリブ曲付き。
真珠の指輪のところでずいぶん指輪をながめてましたね。

3. 君は薔薇より美しい
最後の「きみは変わった」のところ「変わった?」と疑問文に(笑)

5. Bohemian Rhapsody
最後の「Anyway the wind blows(どのみち風は吹くのさ)」のところで、指をちょっとなめて立てて風向きをチェック。
4.と5.の間のMCで二人の出会いからこれまでのコラボ歴について語り、ジャズを超越したあっきーと二人でやってると危険なところに行きそうになるとようすけさんがおっしゃってました。危険なところって??

6. Coffee Please    **    +ゆうじさんジャンベ
7. Songe Mwen (remember me)    ***    +ゆうじさんジャンベ
8. Duo Ka    ***ようすけさんソロ

この3曲はようすけさんメインのコーナー。
ジャンベという打楽器の由来話(アフリカのマリで生まれ、当初は言葉の通じない部族同士のコミュニケーションツールだったのが、18世紀の奴隷狩で新大陸に渡り混血が進む中で新しい音楽を生み出していった)は前にも聞いたかもしれないけど、音楽がコミュニケーションツールになって人と人を繋いだり、人の心を救ったりするのは大昔から、っていうかほぼ原初的な存在なのだなとあらためて思いました。
それに対してあっきーがコミュニケーションって一方通行じゃなくて、お互い心を開かないと成り立たないよねっていう話から、ようすけさんによるとあっきーは勘がいいから(リハしてて)すぐいっちゃう(どこに)って話から、ここは小宇宙(←これはあっきー語)とか、まあ、なんというかほんとに特別な小宇宙みたいな音楽空間でしたよ。
ようすけさんソロはフレットレスギターという珍しい?ギターでの演奏でした。

10. Smile
最近気仙沼に行った話、震災復興のための活動にいろいろ関わってるような話、今度福島に桜を植えるイベントがある話(→これかな)
子どもの笑顔が素晴らしい話(甥っ子ちゃんたちとラジコンで遊んだとか微笑ましい)からの「Smile」でした。
でもMCというよりほとんどようすけさんと会話してる感じでリラックスしてるのはいいんだけど、マイクが遠くてよく聞こえなかったよ~(ぶつぶつ)
でもこのときあっきーが言った「笑顔とは思えない笑顔」の意味がちょっとわかりづらくてようすけさんも少し戸惑ってたんだけど、子どもたちが「すくすく育ってる」のがあっきーの思う笑顔らしい。ニュー・フィロソフィー?wink
この曲の後も楽しい笑顔と小宇宙話が続いてて、どういう流れだったか忘れたけど突然あっきーのステップ講座が開講(笑)
ようすけさん、かなりがんばってついてきてくれました。(ありがとう)
さっきは手に汗かいてたけど今度は顔に汗が
メモにガクブルとか書いてあるから、あっきーの緊張ほぐしのためだったかもしれない(笑)
個人的には、ちょうどゴスペル(再開しました)の振付レッスンが始まったところなので参考にはなりましたgood

11. Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)
このとき初めてあっきーが耳に何か着けてることに気づく。銀色のピアスじゃなさそう、マグネット式かな?
そして最後に指2本突き出して、口をポン!ってやったのあれ何?どういう意味??

En.2    I WILL GET YOUR KISS    *あっきー弾き語りのみ
アンコールは衣装替えてきました。黒ジャケにインナーは黒シャツに白い模様。
このときだけだったと思うのですが、客席内サイド上方のライトが青白く点灯、どこからか風がふわ~っと流れてきたのは演出?単なるエアコン動作?

最後のアンコール、二人で登場して何回もハイタッチ!
あっきーが社交ダンスのようにようすけさんの手を取ってくるっと回すと、ようすけさんも同じようにあっきーを一回転。
なかよしぶりをアピールして、4回目のセッションも期待できそうでした。

歌についての感想が全然ないけど、まあこんな感じでbleah

あ、そうそう、終演後にサイン会あったんですが、CD/DVDお買い上げ先着100名さまのみで、わたしはそれほど遅くなく並んだつもりでしたが間に合わなくてCD買えず、ちょっと残念でした。
後で聞いたらようすけさんのサイン会もあったそうで、気づかず残念weep
気づかなかったといえば、豊中コンサートや来年年明けのクリエ10周年イベントのチラシが置いてあったそうなのですが、わたしは「Beautiful」とオリンピックコンサートのチラシしか目に入らず、もらいそこねましたsweat02なんで気づかなかったんだろう?

可愛いお花も届いてましたよ。

Flowers

【ご参考】
2016年10/1取手JAZZ DAYSのコンサート

2015年6/29さくらホールのコンサート

【追記】
・キャロル・キングの歌の話で、LOCOMOTIONと言おうとしてVACATIONと言っていました(笑)後で言い直し。でもわたしもVACATION歌ってるつもりで途中からLOCOMOTIONになっちゃうので気持ちはわかる。ゴールデンハーフの三人(四人だっけ?)はいまどうしてるかな?

・MC中の話題で多くの方が「?」だったピッチの話、小沼ようすけさんがTwitterでフォローしてくれています。
ピッチA=444とA440についてヒントをいただいたので、自分なりに調べてみました。ソルフェジオ周波数。
→こちらのサイトがわかりやすく、冷静な分析と考察を展開していると思うのでご紹介します。
それでも純正律と平均律とかやっぱりよくわかりませんが、他の関連書籍の書評なども合わせて読んで、自分で理解したことは、

・ソルフェジオ周波数の科学的効果は実証されていない
・だからといってまったく効果がないとは言えない
・ヒトラーの演説もジョン・レノンの歌も陰謀論の域を出ない
・ソルフェジオ周波数でなくても音楽には人の心と体を癒す力がある

まだ証明されていないだけかもしれないので全否定はしませんが、なんかこれって「水からの伝言」並みのニセ科学っぽい…

でも「音」にも「音楽」にも何かのパワーがあるってことは確かだし、あっきーの歌声やようすけさんのギターを聞いて幸せになれるのは実感してますよ。

その力を信じて自分の音楽を届けてくれたらうれしいと思います。

« 【ラジオ出演】ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」5/19 | トップページ | 【イベント】ふくしまサクラモリプロジェクト植樹祭参加(5/27) »

コメント

Hildaさん、こんにちは。
コンサートの詳細なセトリ、ありがとうございます❗
昨日は楽しかったですね😉ミュージカルの時と違って、自由な感じで、何よりもアッキー自身が楽しんでいる様子が印象的でした。ミュージカル俳優としてのアッキーもシンガーとしてのアッキーもどちらもアッキーなんですね❤「そのままの僕を愛してほしい」というヴォルフの歌を思い出しました。幸せなひとときでした🎵


>Mickeyさん
コメントありがとうございます!
いつも遅くなっちゃってごめんなさいcoldsweats01
いや、なんというかあっきーが楽しいのはよくわかるんですが、ときたま観客おいてけぼりなのがね~、毎回となるとちょっとthinksweat01
そういう僕が好きなんでしょう?と言われればぐうのねも出ませんが。
実際楽しかったし、幸せな気持ちで帰れましたけどねbleah

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/70624952

この記事へのトラックバック一覧です: Your music is wonderful♪:

« 【ラジオ出演】ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」5/19 | トップページ | 【イベント】ふくしまサクラモリプロジェクト植樹祭参加(5/27) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ