あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« スターファイルに村井良大さんインタビュー | トップページ | しんぶん赤旗にインタビュー掲載 »

2017年3月 5日 (日)

月の光に導かれ

Halfmoon

今夜の月は上弦の月、朧にかすんだ半月moon2
まだ満ちてはいない。
これからゆっくり満ちて次の満月は3/14。(コンサートの日だね!)
満ちて欠けてまた満ちて、繰り返しながら進んでいけばいい。良い時も悪いときも。
その光に導かれてわたしも歩いていくよ。

Chinzansou03

Celebration01

Celebration02

今日はあっきーの読売演劇大賞最優秀男優賞の受賞を祝う祝賀会がありました。
場所は東京、ホテル椿山荘。
そう、あの椿山荘、11年前あっきーが前の事務所から独立して個人事務所を立ち上げて、初めてのFCイベント「披露宴」が開かれた場所。
この場所を選んだあっきーの気持ちを思うとちょっと泣けますね。新たな船出。でも希望よりも不安の方が大きかったあの頃。そのことを意識したようなあっきー挨拶でした。

ちなみに本日のお衣装は→こちら

あっきーの言葉から記憶にあるものをいくつか拾い出すと、(メモってないので正確じゃありません)
「いいことばかりじゃなかった。でもそれも人生。」
「あのときはどうなることかと…」
「泣いた気がする」(うん、ちょっとね)
「でもここまで来ました!」(大拍手)
「応援するみなさんも大変」(わかってるじゃん)
「(自分からファンへファンから自分へ)一方通行でなく両思いの関係で」
「言葉だけじゃなくぼくが頑張ってるってわかってもらえて、みなさんに楽しんでもらえたら」
「この電車の到着駅はどこなんだろうと思っていたら」
「15周年のいいタイミングでビッグニュース!」
「この受賞はだからみなさんにもおめでとうと言いたい」

そのとおり、順番は前後しますがあっきー登場するや、まずは各テーブルを回って、ひとりひとりにメッセージカードを手渡しながら声をかけてくれました。
今日はお見送りはなしと聞いていたので、これはちょっとしたサプライズ。でも直接おめでとうが言えたのはうれしかったな。

わたしのテーブルはごく最初の方だったので、心の準備もないまま、気の利いたことも言えずに終わってしまったのですが、約30テーブルほどの後半になるにつれて各テーブルでのお祝いの表現が華やかに盛り上がっていくのが見ていても楽しく、心が温まりました。あっきー、ひとりひとりしっかり目を合わせて声かけてましたよね。

そうそう、テーブルといえばですね、お食事はビュッフェと聞いていたのですがちゃんとした着席のコース料理でした。
この人数でビュッフェは競争きびしくてつらいなと思っていたから、うれしかったです。でも全部食べないうちに授賞式の上映が始まってしまい、続いてあっきー登場してしまったので、隙を見て(笑)大急ぎでお肉を平らげ、あっきーのテーブル回りが終わってからゆっくりデザートとコーヒーをいただきました。←とにかく出されたものは全部食べないと気が済まない貧乏性

ほんとに話の順番が逆ですみませんsweat01

整理すると、
今回の参加者はおよそ300人あまり(10~11人のテーブルが30あったので)。
最初に受付で席をくじ引き。
席に着いたらあらかじめ用意したメッセージカードのシールを各テーブルごとの台紙に貼ります。
このメッセージの台紙をまとめてあっきーに渡す役目が抽選で5名の方に割り当てられました。
そしてもうお一方、乾杯の音頭を取っていただく方が選ばれました。会員番号で呼ばれるのですがわたしはかすりもしないでよかった~(笑)
お食事のお給仕がすでに始まっています。
メニューがなかったのでお料理名はわかりませんが、ソフトドリンク(ジュースやウーロン茶)、アピタイザー、お魚料理、肉料理、デザート、コーヒー/紅茶、そして乾杯用のシャンパンでした。
お食事途中で会場が暗くなり、読売演劇大賞贈賞式の映像が始まります。最優秀作品賞の藤田さんの挨拶(かなりはしょり)、最優秀男優賞のあっきー挨拶(ちょっとはしょり)、ジャージーボーイズのキャスト7人によるパフォーマンス(ほぼフルバージョン)
それが終わるとようやくあっきー登場、乾杯、そしてテーブル回り、あっきーへのメッセージお渡し、あっきーからの挨拶、で終了です。
テーブル回り中、すでに終わったテーブルのみなさんが金屏風の前に置かれた最優秀男優賞のブロンズを拝観(笑)するために長い行列ができていて、みなさん律儀だな~と感心happy01 前にも書きましたがブロンズの制作は宮城県出身の佐藤忠良さん、そんなところにもご縁を感じてしまいます。
予告どおり生歌はなかったけど、あっきーの思いとファンの思いが通い合う温かな時間を共有できて幸せでした。

ひとつ書き忘れたのでここに追加。
メッセージをあっきーに手渡してくださった5人のプレゼンターのみなさん、それぞれすてきなご挨拶だったのですが、特に最後の方のお言葉が素晴らしかったです。あまり正確ではありませんが、まずあっきーに目をつぶらせると、今日ここに来られた300人あまりのファン、そして今日は(様々な事情で)来られなかった方、そしてあっきーの大好きなおばあちゃんも、みんなここに来ていますよ、おめでとうの気持ちはみんな一緒ですよ、とおっしゃって、みんなの応援する気持ちを糧にしてこれからも頑張ってくださいと締めくくられました。
ほんとにね、今日実際この会場に来られなかったファンの方が多いと思うんですよ。そういう方たちへの気づかいにあふれた言葉が胸にしみました。
そしたらあっきーから開宴中に届いたサンデーメールにも同じ思いが込められていて、すごくうれしくなりました。

正直、11年前のイベントに対しては、今でも複雑な思いが消えてないんですが、あのときいろいろ考えたり心配したりしたこと、全部杞憂とは言わないけれど、こんなすてきな未来が待ってるとは、ほんとうに思いもよらないことでした。

2006年10月のイベント「披露宴」については、このブログのバックナンバーにあります。すべてではありませんがあの頃は今よりずっとまじめにレポ書いてたので、あの日そこにいらした方にも、当時を知らない方にも、それなりに興味深い内容かと思いますのでチェックしてみてください。
あえてリンクはいたしません(笑)

前回まったくチェックできなかった庭園を今日は少し歩いてみたので、その写真とか、また整理してアップします。(たぶん)

もうひとつ追記しておきます。
あっきー、「披露宴」で「夜明けのセレナーデ」は歌っておりません(笑)

あの日の歌は、3曲、弾き語りで

1. BLUE DREAM
2. Lonley Man(初披露)
3. I'm Gonna Stay With You

でしたよwink

« スターファイルに村井良大さんインタビュー | トップページ | しんぶん赤旗にインタビュー掲載 »

コメント

Hilda-sama
こんにちは。
またまたお邪魔します。

先週の祝賀会、先に予定が入っていたため、出席できず、本当に残念でした。
後日、何人かの方々のご報告を読みました。どれも、祝賀会の暖かな雰囲気やアッキーの様子が伝わるものでしたが、なかでもヒルダさんの記事は丁寧でその場にいるように感じさせていただきました。
ありがとうございます。(本当に行きたかった。。。)

FCに入会して半年くらいなので、FCの催しは参加したことがないのですが、次はぜひ、と思っています。

ホワイトデーのコンサートが楽しみです。

Mickey

p.s. Twitterもフォローさせていただいています。よろしくお願いいたします。

>Mickeyさん
いつもありがとうございます!
コメントうれしいですhappy01
最近ほんとにレポ系弱くて、なかなか書けないのですが、この日はその場にいられなかった方々への思いがいっぱいあふれたイベントだったので、思いがありながら参加することのできなかったみなさんのために一刻も早くお伝えしたいと思い、珍しくその日のうちに大急ぎで書き上げました。
喜んでいただけてうれしいです。
あっきーFCイベントは、ファンとあっきーのかけあいというか絶妙の呼吸感があって、とても楽しいのですが、ここまで来るのが長かった!(笑)
長いファンにはこの道のりをともに歩んできたという感慨が、新しいファンの方にはこの温かな空気感が印象深いイベントとなりました。
Mickeyさんも次のイベントにはぜひ参加できますように!
コンサートも楽しみましょう♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/69823408

この記事へのトラックバック一覧です: 月の光に導かれ:

« スターファイルに村井良大さんインタビュー | トップページ | しんぶん赤旗にインタビュー掲載 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ