あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 11回目の「SHIROH」記念日 | トップページ | 教えてくれてなくなかった »

2016年8月31日 (水)

SKINライブCDを聴く

ようやくSKINライブCDが聴けて、あのときのリーディング付き「Lonely Man」を確認することができました。

あのリーディング、巧くんだけかと思っていたら、あっきーとの二人芝居仕立てだったのね。
遠い雷鳴、チョウチョ、恐れを知らない子ども、醜い顔、醜い息、生命維持装置のようなポンプ音(ダースベイダーと言った友だちがいました)、したたる水音、重い鉄の門が開いて閉まる音。
すべてがフランケンシュタインの怪物を指してるじゃないですか~。なんでわからなかったんだろう?
いや、わかるわけないけど(笑)
何の説明もなかったし。
逆になんで教えてくれなかったんだろう?
解説しなくてもわかってくれよって?
わかんないよ~coldsweats01
あと、1936年の意味を教えてよ~。

ライブツアーSKINは、名古屋、大阪×2、赤坂(SHAMPOO VS)と4公演ありましたが、わたしが聞いたのは大阪最終日と赤坂のみ。でも特に大阪KNAVEのライブが印象に残ってます。オールスタンディングちょっときびしかったけど(笑)
自分のブログのページめくってたらいろいろ書いてた。
この頃って遅れ遅れながら、けっこうしっかりレポやら雑感やらまとめてるな~。今とは大違いsweat01

■大阪SKINライブ関連記事
1936年のロンドンで何が(2008/12/09)

きっといつかは過ぎる時の中に(2008/11/21)

究極のエロティシズム(2008/11/18)

孤独と絶望の時代に愛を信じるキュートなディーヴァ(2008/10/25)


« 11回目の「SHIROH」記念日 | トップページ | 教えてくれてなくなかった »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/67280754

この記事へのトラックバック一覧です: SKINライブCDを聴く:

« 11回目の「SHIROH」記念日 | トップページ | 教えてくれてなくなかった »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ