あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 「DNA-SHARAKU」再放送 | トップページ | 和泉ちゃんライブ@神田Isolde »

2016年8月28日 (日)

奇跡の3日間の軌跡

怒涛の3日間が終わりました。いや楽しかった~♪
幸せがいっぱいheart01heart04
でも、疲れもしました(笑)

あっきーコンサート2回にFCイベント、それと同日の和泉ちゃんライブ、とかなりのハードスケジュール。

楽しいことでも体力消耗するお年頃...coldsweats01

それぞれのまとめは書けたら書きます。
ってまたそんないい加減な。

あ、コンサートのセトリは第一夜とまったく同じでした。
靴脱ぐのも一緒。色違いでしたが。

その他大事なこと3つ。
1. FCイベントあっきーへの質問は、メッセージ用アドレスだけでなく、サンデーメールへの返信でも、その他のVOJアドレスでもどれでもOK!だったらしい(笑)何なら公式Twitterへのリプでもよかったみたい。
まじめに考えて質問送りそこなったみなさん(わたしもだ)、次回はがんがん行きましょうrock 

2. 昨日のFCイベント内で、一部の内容は口外しないで的な発言があったと思いますが、それって最近話題のFCイベントのレポ禁止っていう意味?それとも特定の話題についてだけ?と確認したところ、良識の範囲内当たり障りのないところだけならネットで書き込むのはまったく問題ないそうです。つまり今までどおりでOKということ。

3. 今日またLonely Manを聞きながらこの歌を最後に聞いたシーンを思い出していたのですが、ハッと思い当たったのが→これ
あの巧くんのリーディング、フランケンシュタインの怪物の心象風景だったんだ!何かがバチバチバチっimpactと繋がったみたいでうれしかったです。長年の疑問がひとつ解けていい気持ち。でもまだ1936年のロンドンとどう関係あるのかわかっていませんが…。

のちほどもう少し詳しく書けたら書きます。<そればっか

« 「DNA-SHARAKU」再放送 | トップページ | 和泉ちゃんライブ@神田Isolde »

コメント

今までどおり、レポートを書いて頂けると聴いて、安心しました。いつも頼りにしてます。これからもよろしくお願いいたします。

>kuriさん
あ、わたしが書くとは限りませんから!(笑)
若いブロガーさんたちが気にしてるようだったので、代わりに確認してきただけです~。
わたしのレポは最近全然アップできてないので、今回も当てにしないで待っててください。いや待たなくていいですcoldsweats01

Lonely Man! 2008年の記事を読ませていただいて
「あった、あった!この朗読シーン!」とやっと思い出しました。
hildaさん、凄い!
今書かれたブログを読み返すと
曲に繋がる朗読にhildaさん自身がこんなにも拘ってられていた事が驚きです。(当時読ませていただいていたのは確かなのに)
初めてこの曲を聴いた時、高音が単調に続いてあっきーが苦しそうに見えて
私自身は好きになれずにいた曲でしたが
一昨日の白寿ではめちゃくちゃ心が揺さぶられました。
セットリストの中でも1、2を争う感動いただきました(笑)
何故なのでしょう。
それは背景を知る事によって歌詞がすんなり心に届いたのかも知れないし
あっきーの歌声に磨きがかかり心の琴線をつま弾いたのかもしれないです。
明日はSKINを探して確認する予定です。

>お名前ありませんがたぶん知ってるあの方(笑)
コメントありがとうございます。
おかげさまでわたしもようやくSKIN音源を確認できて、確かにフランケンシュタイン(の怪物)の物語だ~!とゾクゾクするような気分に襲われています。
あっきーも初めて歌ったとき(2006年)、ライブツアーで歌ったとき(2008年)からさらに歌力にも表現力にも磨きがかかり、来年の舞台を控えたこのタイミングでLonely Manの謎が解けて感慨深いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/67234892

この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡の3日間の軌跡:

« 「DNA-SHARAKU」再放送 | トップページ | 和泉ちゃんライブ@神田Isolde »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ