あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 今日のラジオ情報 | トップページ | サントリーホールコンサート、メッセージ動画 »

2016年5月15日 (日)

ぴあ中部版のインタビュー記事

大事な記事のご紹介がもれていました。

■ぴあ中部版WEB(2016/05/13)
中川晃教 活動15周年記念インタビュー「ミュージカル俳優としてもSSWとしても、自分の歌の力を1番に信じている」
→(2/1)

→(2/2)

シンガーソングライターとしての中川晃教と、ミュージカルアクターとしての中川晃教の内面の葛藤は、この間のあっきーファンからも薄々、というより傍目からはかなりはっきりと見えていたことですが、本人の口からここまで率直な言葉が出るようになったのはうれしい驚きです。そのどちらも自分であることを受け入れられるようになったのは大きな成長の証だから。アルバム「decade」はその結晶と言ってもよい。
一時は苦しかったよね、あっきーが与えたいものとファンが求めるものとのギャップが大きくて。(それがつらくて去っていった方も多かったです…)
でも苦しんだ分お互いにあの時期を共有して一緒に闘って、一緒に乗り越えてきた、っていう「同志」としての感覚あるかもしれないな。だからあっきーファンどうしってなかよしなのかもしれない。
それにしても、ほんとうにいま!一番良い時を迎えてるな~と感じます。もちろん、今よりまたこの先どんどん進化していく可能性も大いに期待できるところがほんとにうれしい。
そのすべてを見届けることが無理だとしても、ずっとみつめていたいです。そしてできるだけその歌声を聞いていたい。FOREVER AND MORE

« 今日のラジオ情報 | トップページ | サントリーホールコンサート、メッセージ動画 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/65497710

この記事へのトラックバック一覧です: ぴあ中部版のインタビュー記事:

« 今日のラジオ情報 | トップページ | サントリーホールコンサート、メッセージ動画 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ