あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« メディア情報 | トップページ | 「グランドホテル」関連ニュースいろいろ »

2016年1月26日 (火)

朝日スターファイルに劇評「DNA-SHARAKU」

■朝日新聞デジタルスターファイル(2016/01/26)
【公演評】ミュージカル「DNA―SHARAKU」出演
個性的なキャストとダイナミックな映像、融合した熱い舞台

有料記事
(1)四つの時代を行き来する、意図がもっと伝われば
(2)歌で思いを届けるナオト、文句なしのメッセージ力
(3)「感じろ」「考えろ」と観客に問う、時代にあった作品

有料記事から引用できないのですが、あっきーのことは「多彩なキャストのなかでひときわ存在感」を放っていたと。人間離れして動物的だとか。
やはりそれ、小動物でしょうか(笑)
わたしはあの白い衣装と感情も残忍さも見せない目(カラコン、けっこう痛かったみたい)から、白イタチのノロイ(in ガンバと仲間たち)を思い浮かべました。あんなにでかくないけど。

面白い舞台だったな、と思います。
人によって感想はいろいろでしょうけど、わたしは初めから違和感なく楽しめました。ってか、一回しか見てないんだけど。




いま自分の受け止め方の違いを「CHESS」と比較して書き始めたけどうまくまとまらなかったので削除。(って書く必要ある?)

そのうち何かまたつぶやくかも。

あ、ところで前回スターファイルのナオトさんとあっきーの対談で二人のサイン色紙プレゼントがありましたが、締め切りが1/29で、もうすぐです。ご応募はお早めに→こちら

« メディア情報 | トップページ | 「グランドホテル」関連ニュースいろいろ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/63657456

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日スターファイルに劇評「DNA-SHARAKU」:

« メディア情報 | トップページ | 「グランドホテル」関連ニュースいろいろ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ