あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 「DNA-SHARAKU」コメント動画 | トップページ | N.A NETWORK会員のみなさまへ »

2015年11月26日 (木)

舞台はいつも一期一会

20151123kaat01

20151123kaat02

20151123kaat03

20151123kaat06

20151123kaat07

20151123kaat08

神奈川公演の千秋楽(11/23)にようやく見てきました、「HEADS UP!」
今頃って感じですが、最近はもうとにかく「行く」のと「観る」のと「帰る」だけで精一杯でしてsweat01
写真はこないだの下見とほとんど一緒だし、感想はまだこれから地方公演(今日から兵庫ですね~)が続くことを考えるとあまりネタばれもよくないかな、と。特にこの舞台はネタバレ厳禁な内容を含むので難しいです。
ただ多くの方が書いたりつぶやいたりしている通り、演劇や舞台を愛する思いにあふれた、ほんとうにすてきな作品でした。
千秋楽ではカテコでラサール石井さんが感極まって最初から最後まで涙声のご挨拶だったことと、「俳優」役の今さんがはりきりすぎて途中で足がつっちゃって(笑)二人に抱えられながら再登場したことが印象に残っています。まさしく涙と笑いに満ちたこの舞台を象徴するようなカテコでした(笑)

いや、でもほんとによく泣いたcrying
笑うより泣いてる時間の方が長かったと思う、自分。
あっきーの役「劇場さん」は、結局役名発表されたときの大方の予想が当たってたわけで、みなさんネタバレしないようにレポやツイートしてくださったけど、まあだいたいわかっちゃいますよね。
だからもう登場シーンから涙目weep
冒頭の数々の名作ミュージカルへのオマージュやパロディでさえ、笑うより泣けて泣けてcrying
舞台写真で見たあの赤い妖精さんがあんなに早く登場すると思わなかったからそれもびっくり。
いろいろと泣きのポイントはあるけれど、「チケットは売れている」の歌、チケットは約束、舞台を上演する、いい芝居をするという約束なんだ、という制作さん(青木さやか)の言葉に少し長いあっきーファンならぐっとくるはず。その約束が破られた日を思い出して。
あれ、やっぱりネタバレしないで感想書くって無理だわcoldsweats01

そしてネタバレ含む素晴らしいレポと解説がTwitterで流れてきたので勝手にリンクしちゃいますが→こちら
(ヨコウチ会長さん、すみません、完璧なまとめありがとうございます)たくさんミュージカルをご覧になってる方の方が元ネタがわかって、より楽しむことのできる作品ですよね。わたしはほんの少ししかわからなくてちょっと悔しいcatface

群像劇としてほんとうによくできていて、ひとりひとりの思いが描かれていましたが、ひとつ残念だったのは、ウラカタ大道具三人組の中で上原理生くんだけが何のストーリーもなかったこと。なんで?(声では目立ってたけどね~)
とある理由で、ただいま理生くんに注目していただけにちょっと肩透かしというか、アレ?っと思いました。 

KAATは、観劇で訪れたのはたぶん「ロッキーホラーショー」以来です。吹き抜けの天井が高いデザインは東京芸術劇場にもちょっと共通するかな。

20151123kaat09

20151123kaat10

今回一回しか見られず、いろいろ細かいところ見逃しも多かったと思うけど、それでも舞台人の心意気を感じられたことと、あっきーの役者としての成長も感じられて本当にうれしかったです。

以前とは状況変わってしまって、同じ舞台を複数回見るといった観劇のしかたは難しくなってきた、というよりほぼ不可能になってしまったので、これからはよりいっそう、何を観るか?どこに行くか(行かない選択肢も含め)取捨選択していかないといけなくなりました。

でもそんな中でたった一度の公演、見られてよかったと思える舞台との出会いを大切にしていきたいと思います。

舞台の感想は、そのうちまた思いついてつぶやくかも。

« 「DNA-SHARAKU」コメント動画 | トップページ | N.A NETWORK会員のみなさまへ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/62696444

この記事へのトラックバック一覧です: 舞台はいつも一期一会:

« 「DNA-SHARAKU」コメント動画 | トップページ | N.A NETWORK会員のみなさまへ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ