あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« CHESSロス続行中のあなたへ | トップページ | 続・村尾昌美写真展:PICTURES~かりそめの一夜 »

2015年11月10日 (火)

【インタビュー記事】演劇キック観劇予報

■演劇キック観劇予報(2015/11/10)
まもなく開幕!裏方さんを描くエンターテイメントミュージカル『HEADS UP! ヘッズ・アップ』ラサール石井・相葉裕樹・中川晃教 インタビュー

内容はただいま発売中の本誌(演劇ぶっく)と同じかな?
写真は別のようです。
(本誌記事の写真差し違えについてのお詫びの言葉もありますね)

ラサール石井さん、「7days 死神の精度」での共演で、あっきーのことを戦友と!
そして真っ先にお声をかけてくださったとのこと、ありがたいお言葉です。
あっきーもCHESSがあるから大変だったのにどうしても出たかったなんて、そりゃラサールさんの初ミュージカルだもんね。あっきーの得意分野でラサールさんにある意味「ご恩返し」したかったんじゃないかなと勝手に推測。
少し出番が減ってしまったらしいのはちょっと残念だけど…(それもCHESSの減点ポイント?)
「ブロードウェイものなどは、絶対に変えてはいけない…」っていうあたりに、それはやはり「T****」とか「C****」とか縛りの多かった舞台への心残りが本音で滲み出ちゃったかな~、とこれまた勝手な推測(笑)
だからみんなで自由に作れるオリジナルは楽しいのかな。。。
楽しいほうがいいよね、そりゃ。<何その奥歯にものがはさまったみたいな言い方、やめなさい

仕込みとバラシを目の前でやってくれるという、本物のバックステージもの、わたしはとても楽しみにしています。
いつ見られるかまだわからないいけど。

« CHESSロス続行中のあなたへ | トップページ | 続・村尾昌美写真展:PICTURES~かりそめの一夜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/62456632

この記事へのトラックバック一覧です: 【インタビュー記事】演劇キック観劇予報:

« CHESSロス続行中のあなたへ | トップページ | 続・村尾昌美写真展:PICTURES~かりそめの一夜 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ