あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 本日の中川晃教に関する雑多な情報 | トップページ | 雨の日曜日、横浜KAAT界隈 »

2015年11月 8日 (日)

石井一孝さんブログのCHESS祭終了

カズさん、すごい!ありがとうheart01
こんなにファンの気持ちや質問に応えてくれようとする誠実さ、なかなかできないですよ。感動しました。
みなさん、コメントとのやりとりも一緒にチェックしてみてくださいね。カズさんとファンのみなさんの心の交流に気持ちも温かくなります。

10/27    開催『Chess祭』!俺が困らない程度の質問受付中(笑)。

10/29    『Chess祭』2  〜熱き想いにふれて...〜

10/30    『Chess祭』3 〜カルテット〜

10/31    『Chess祭』4 〜1956 Budapest is Rising〜

11/1    『Chess祭』〜5〜 回答編<其の一>

11/2    『Chess祭』〜6〜 回答編<其の二> アナトリーの生い立ちとスヴェトラーナとの出逢い。

11/3    『Chess祭』〜7〜 日"和と紅井がチェスの次に書いたミュージカル「Kristina från Duvemåla」

11/7    『Chess祭』〜8〜 <完結編>

カルテットの歌詞はもちろん、エンドゲームの最後のところ、はっきりわからなかったから、教えてくれて感謝です。

スヴェトラーナとの関係、フローレンスとの関係、フレディに対する複雑な思い、カズさん的解釈と表現、ちょっと苦しいけどいろんな縛りがある中で最大の努力をしてくれたんだなとわかりました。
そしてそれはカズさんだけでなく他のキャストのみなさんも。

(だからと言って自分の感想は変わらないけどね)

でもこういう人間性にふれるとアナトリーは男としては最低だけど、カズさんはほんとにいい人だな~って(当たり前!)思いますねwink

« 本日の中川晃教に関する雑多な情報 | トップページ | 雨の日曜日、横浜KAAT界隈 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/62412888

この記事へのトラックバック一覧です: 石井一孝さんブログのCHESS祭終了:

« 本日の中川晃教に関する雑多な情報 | トップページ | 雨の日曜日、横浜KAAT界隈 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ