あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 本日の中川晃教情報(2015/01/11) | トップページ | 本日の中川晃教情報(2015/01/13) »

2015年1月12日 (月)

本日の中川晃教情報(2015/01/12)

石井さんブログ更新されました。

■石井一孝公式ブログ
熱狂・友情・興奮・感謝!石井一孝ソロコンサート『Winter's Diamond』終了しました!

各ゲストとのツーショット、昨日公式アカウントさんがアップしてくれた集合写真、アラジンメドレーで登場時の肩のアブーもいますよ(笑)

「アッキーは「天才」で「愛情深く」て「大胆」で「きわめて繊細」」というお言葉がうれしいですね。
出会いのCHESSについては、「敵対しながら次第にシンパシーも感じて行くという男同士の不思議な絆」が生まれるシーンはコンサート版にはなかったはずですが…、でもシンパシーを感じてくれたのね、カズさんはね。ミュージカル版でぜひチェスプレイヤーとしての男どうしの絆、見せていただきたいです。

【追記】
昨日のゲスト田代万里生くんのブログも更新。

■田代万里生公式ブログ
終演!『石井一孝ソロコンサート2015』

楽屋にあっきーからのラブheart01メッセージが!coldsweats01

まりもLOVEheart04って~(爆)(爆)(爆)

去年のクリコンでしたっけ?同じ楽屋で仲良しになったのは。それにしてもいやん、おっかし~!happy02

でもこのブログ記事で気になったのが下のほうの告知。
http://www.suntory.co.jp/news/s_hall2015/sh0176.html

まりおくんのミュージカルデビュー5周年を記念したコンサートらしいんですが、なんかちょっとうらやましい…。

実は今日、ちょうど藤岡正明くんもミュージカルライブを開いていて、しかもその映像を生配信!一部無料!という企画がありまして。
いや、藤岡くんは元々月に一度自宅?からのライブ生配信してるので、その延長上の企画と思われますが、もちろん生には及びませんが音も映像もほんとに良くて、2000円のチケット買ったら3月まで何回でも見放題という太っ腹。

詳しくは、こちらを。

■ミュージカルライブ『M’s Musical Museum』
視聴チケットの詳細&購入は→コチラ

■藤岡正明ライブ配信『はい!おまちどうさん!』
視聴はコチラから!
http://cytv.jp/
今年最初の配信は1月18日(日)22時スタート!

■藤岡正明公式サイト
http://tpdrecords.com/fujiokamasaaki/

■藤岡正明公式ブログ
http://ameblo.jp/fujioka-masaaki
 →旧公式ブログ

あっきーが出演した(してなくても)ミュージカルの歌ばっかり集めたコンサートとか言ったら、みんな喜ぶしチケットも売れること間違いなしなんだけどな。

ご検討いただけないですかね~。<誰に言う

あ、そういえばまりおくん、頚椎の骨折?もうすっかり大丈夫なのかな?
骨折仲間(をい)として気になってました。お大事に~。
あ、わたしはもうすっかりくっつきましたので。(たまにしみるような痛みがあるけど)
ご心配いただいたみなさまありがとうございました!happy01

【追記】
あっきーのミューコンあったじゃない?という声が。
そうですね。確かにミュージカル楽曲中心のライブがありました。

STB139ライブ「HOUSE!」、2009年9月6日(日)たった1日、2公演。
→公演詳細(レポへのリンクが下の方にあります)
セトリは→このへん

この頃は大量にレポ書いてたんだな~、と自分で自分に感心(笑)
こういうのが評論家型ファンとか言われちゃう所以でしょうか(爆)
ただね、このライブ、あっきー的にはミュージカルの歌中心というより、舞台での楽曲歌いますっていう位置づけのライブだったような気がする。だからミューコンっていう印象じゃないんです。
そして、ファンにとってこれがすっごい感激ものだったということは、伝わったのか伝わらなかったのか、もう一度!という切実な願いもむなしく、その後こういう楽曲配分のソロコンサートはありません。
あっきーにとっては舞台はあくまで音楽活動の一部なんだろうと思います。
だけどね~、ファンからするとそれはかなり重要な一部なんだよね。
最近ようやく自分のライブで2,3曲ミュージカル曲を歌うようになってきたから、少しずつ頑ななこだわりも溶けてきたかな~と思うけど。
あっきーファンの求めるあっきーの歌という意味ではセトリの半分くらいミュー曲でもいいくらいと思うわけ。
まあ、それじゃつまらないか、本人的には。自分を表現したい人だもの。自分の中から生まれてきた歌を歌いたいし聞かせたいよね。
わたしがあっきーを初めて知った頃から、ファンの求めるもの(聞きたい歌)とあっきーがライブで聞かせたい歌のギャップが大きくて、なかなかつらい時期もあったけど、それでも今は少しは舞台曲も歌うようになったから、少しずつ歩み寄ってはいるんだよね。ここに来るまで何年かかったか考えたら、あっきーのミュージカル(ソロ)コンサートが実現するのはまだまだ当分先かな…。

などとぐだぐだ書いてるから、また評論家と言われる(笑)

« 本日の中川晃教情報(2015/01/11) | トップページ | 本日の中川晃教情報(2015/01/13) »

コメント

藤岡くんの配信、見ましたが、思った以上にミュージカル俳優としての厚みを感じさせてくれて、とてもよかったです。

晃教くんに関しては、自作へのこだわりはいいけれど、それだったら、singerとしての今だけでなく、song writerとしての彼の現在をもっと提示しなくては、と思います。
極論すれば、過去の曲は一度封印するくらいの意気込みで、本気で新しい「中川晃教」の音楽を創り、歌ってみせてほしい。
でないと前に進めない。一段高いステップにあがれないのではないかしら。

歌い手としてのあっきーには、とても期待しています。
次はどんな曲をどう聴かせてくれるか、楽しみでいつもわくわくします。
だから、ミュージカルのソロ・コンサートも、どうせなら本格的にやってみてほしいと、強く願ってます。

>ミミさん
そうですよね、シンガーとしてだけでなくソングライターとしての中川晃教をアピールするなら、もっと新曲もがんがん作ってがんがん歌ってくれないと!
一度間に合わなくてぽしゃったCD制作はその後どうなったんでしょうね~?あの中にはわたしが待ってるあの歌も入ってたはずなんですが(笑)
CDにはならないけど、ここ数年寡作ながら生み出された歌を聴いてると、新曲のたびに少しずつ人間らしくなってきてる気がします(従来晃教比)
歌のスキルに人生経験に裏づけられた人間的な深みが加われば鬼に金棒!(になってほしいな)
THE WIZのような一人ミュージカル的な企画も面白いけど、もっといろんな歌を歌うミューコン、本気で取り組んでくれないかな。(最後はなぜか弱気)
HOUSE!記事のコメント欄まで読むと、当時の興奮と期待で目がキラキラしてたみんな(自分も)の顔を思い出してちょっと泣けてきます。願いが叶わなかったことも含め。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/58561858

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の中川晃教情報(2015/01/12):

« 本日の中川晃教情報(2015/01/11) | トップページ | 本日の中川晃教情報(2015/01/13) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ