あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 本日の中川晃教情報(2015/01/09) | トップページ | 本日の中川晃教情報(2015/01/11) »

2015年1月10日 (土)

本日の中川晃教情報(2015/01/10)

石井一孝ソロコンサート、楽しかったです♪
石井さんは歌声はもちろんですが、期待を裏切らない面白さ(笑)
アラジンメドレーの「抜き取り」お見事でした!
ロングトークでいろいろ面白あっきー語録も飛び出しましたが、なんといっても笑ったのは「ボッチュウ」(爆)何かに没頭して熱中(集中)してる様子を表しているようですcoldsweats01
その他、詳しく説明できませんが、努力なしの天才はないとか、僕のファンは評論家タイプとか、あの大曲(CHESS)に挑むには足の爪切らないと危険だとか、舞台は毎日同じことの繰り返しだけど新鮮さを保つために、生まれてくる瞬間のぱーっと世界が広がる感じを忘れたくないとか(憶えとるのか?!)いくらお友だち仕事(CHESS)でも譜面(めんふー)は見ましょうとか、爆笑トークの合間に見せる二人のアイheart01コンタクトやハグがラブラブすぎて、見てる方もなんだか幸せ(笑)CHESSとキャンディードという二つの超難曲舞台が二人を結び付けてる絆なんだな~と、あらためて感じましたhappy01

今日行くまで知らなかったのですが、コーラスにアワハやCHESSでご一緒している池谷さんがコーラスで入ってました~。ブログに画像をアップしてくださっています。

■池谷京子さんブログ(2015/01/10)
石井カズさんのソロconcert初日終了!
このあっきー衣装は2着目。足元写っていませんが黒いブーツで斜めのジッパーがあっきーらしいお洒落な感じでした。一着目はちょっと光沢のあるエンジ系のスーツで、石井さんの後半衣装にちょっと似てました(笑)
明日あたりカズさんブログにアップされるかも?

そしてなんと、終演後はCONNECTION取材に参加!忙しい!

■大澄賢也さんブログ(2015/01/10)
取材

ここはまたblackAですね。ビジュアル撮影もbAだったし、よく使ってるな~と思ったら、公式サイト見たらスタッフ大坪正さんの名前が!音楽監督・編曲担当だって。この繋がり方面白い。制作サイドにVOJの名前はないけど、全面協力って感じですね。

で、帰宅してからチラシ束をチェックしたら、CONNECTIONチラシに裏ができていた!表はまだ速報チラシ版なんだけど最近公開されたメインビジュアルのパーツをあしらった速報版2って感じです。本チラシ前に少しでも早くビジュアル見せたいってことなんですかね~。意気込みは感じますがcoldsweats01

【追記】
会場のご案内と本日のセットリストです。

20150110_sogetsuhall

20150110_setlist

あっきーの歌は、以下の三曲でした。

1. I WILL GET YOUR KISS (弾き語り)
2. That's What Friends Are For (石井一孝さんとデュエット)
3. 夏の終りのハーモニー (石井一孝さんとデュエット)

「That's What Friends Are For」はこないだのカツアゲ!でちらっと歌ってましたね。カズさんとこで歌う練習してたからスッと出てきたのか~(笑)

「夏の終わりのハーモニー」これはうれしかった!
タイトル聞いた瞬間、客席からも「おぉ~!」というどよめきが走りましたが、わたしは同時に感激のあまり背中がぞわぞわぁ~っと(笑)
実は昨年暮れのFCイベントで合唱曲のリクエスト募集があった時にリクエストした曲でしたscissors
だからほんとは一緒に歌いたかったけどねbleah
あまりにもあっきーとカズさんがらぶらぶモードなので入り込めなかった(笑)

ところで「That's What Friends Are For」の邦題は「愛のハーモニー」、発表は1985年ですが1986年全米シングルチャート第一位!crownshine
そして「夏の終りのハーモニー」は同じく1986年9月の神宮球場での井上陽水さん&安全地帯のジョイントコンサートで初披露!karaoke

というわけで1986年とハーモニーというキーワードで繋がっていたのでしたflair
音楽オタクの石井さんとこだわりのあっきーだから、たぶん意図的な選曲でしょうねwink でもありがとう!happy02

今日いらっしゃれなかった方へ。どちらも超有名曲なので、タイトル知らなくても聞けばきっとわかるはず。こんな歌です。

"That's What Friends Are For"
by Dionne Warwick with Elton John, Gladys Knight & Stevie Wonder

井上陽水&安全地帯(Vo.玉置浩二) 夏の終わりのハーモニー
@神宮球場

とか言ってね、わたしも実はこの歌知ったのは案外最近で、しかもあっきーに教えてもらったようなものなので、感激もひとしおでした。
あっきー、また玉置さんの歌を歌ってね。

« 本日の中川晃教情報(2015/01/09) | トップページ | 本日の中川晃教情報(2015/01/11) »

コメント

かずさんソロコンの様子をありがとうございます。
hildaさんの紹介を読ませていただいたら
デュエット曲の選曲にかずさんの拘りを感じました。
「ハーモニー」!!(あっきー、気づいていたかな?)
あっきーを表現するかずさんも サブタイトルに「Born To Be On Stage」を使いながら
舞台曲デュエットを選んでないのも興味深いです。
選曲された2曲を歌われている方々の声は声好き人間にとっては至高の歌声で
何度も繰り返し聴きたくなります。

>じゅんぺいさん
すみません、遅くなりましたsweat01
実は一度お返事書き込んだんですが、突然ネットが切れてしまい反映されなかったのでがっかりしちゃって。でも気を取り直してrock
「ハーモニー」2題、「愛の~」はカズさんの提案で、「夏の~」はあっきーからの提案だそうです。男性デュオ曲ってなかなかないみたいで(花月さんコンサートのときも言ってましたね)、たぶん二人で相談して、ちょっとしたシャレっ気も込めたのではないでしょうかwinkほんとにいい曲ですよね。
サブタイトルのon Stageは、舞台に限らず歌のステージっていうことでコンサートやライブも含んでいるようです。二人ともステージ大好きって(笑)
でも舞台曲のデュエットも聞きたかったな~。
CHESSの「You and I」とか、大楽で「ぼくたちのもの」って言ってたのにな~(笑)ゴールデンソングスのことも言ってましたが、瞳子さんがいるから、男二人でって言ったら今回がチャンスだと思ったんだけどな。キャンディーズはよっしーに入ってもらわないと実現難しそう。
今回は別々のゲストだったけど、まりおくん(らぶheart01)ともコラボできたらいいな~。とか妄想は果てしなく続く(爆)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/58542929

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の中川晃教情報(2015/01/10):

« 本日の中川晃教情報(2015/01/09) | トップページ | 本日の中川晃教情報(2015/01/11) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ