あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 秋のお花見 | トップページ | 行けないけど和泉ちゃんライブとか »

2014年10月19日 (日)

ファンの欲望にはキリがない

Ceruleantower01

Ceruleantower02

Sakura01

見てきました。

藤間勘十郎文芸シリーズ 其の壱
綺譚『桜の森の満開の下』

10月18日(土) 18時30分開演
上演時間:一幕35分、休憩20分、二幕30分
【会場】セルリアンタワー能楽堂
【スタッフ】
原作:坂口安吾
構成・演出・振付・音楽:藤間勘十郎
【出演】
中川晃教 
市川ぼたん 
いいむろなおき

Sakura02

Sakura03

Sakura04

感想と言えるほどのことは書けませんが、美しい舞台でしたshine

原作は、出かける寸前に大急ぎで青空文庫版を斜め読みcoldsweats01

むか~し、岩下志麻さんの映画を見たような気がしますがほとんど忘れてますsweat01

お能のことはよくわかってないけど、一種の神事的な神聖さも感じつつ、ピンと張り詰めたような空気感を楽しんできました。
あと、終わった後の闇と静けさ。一瞬というよりは長く感じましたね。不思議な時間。異界から現実の世界に帰るための?
あっきー、和服が似合ってたし、ほつれた前髪が汗ばんだ頬にかかる様や、手の使い方もきれいで見惚れましたheart01朗読の声も以前の武士の尾からするとずいぶん進化してるような。
ぼたんさん、桜の精のような儚さのある美しき鬼でしたね。首遊びするときの無邪気な笑顔が怖かった~。
いいむろさんの首芸すごい(笑)

うまく言えないけど、単なる朗読でもなく、お能でもなく、日本舞踊とパントマイムという和洋折衷ながらコンテンポラリーダンスのようでもあり、こういう異種格闘技的実験的舞台で往々にして感じる違和感はまったくなくて、原作ともとてもうまく溶け合っていたように感じました。

なんですけど~sweat02

わたしの席が脇正面でちょうど能舞台の説明にある目付柱の真ん前で、最後のシーンが丸々まったく見えませんでしたcrying
でも男の慟哭だけは今でも耳に残るくらい響いてきましたけど…。

もう一回見たいと思っても千秋楽しかチケ取ってなかったので、それも叶わず。

そういう造りだとわかっていてもちょっと残念でした。

楽士の方がお二人とも女性だったこと、お琴と謡は生じゃなかったこと、最後の謡にあっきーの歌声が重なって、トリップしそうな何とも言えない雰囲気を醸し出していたこと、etc. いろんな印象的だったことについて、多くの方がTwitterやブログで語ってくれてますので、わたしが付け加えるほどのこともなく。

→終演後のいいむろなおきさんとあっきー
満足そうな良い笑顔happy01

新しい出会いがあるときはいつもそうだけど、今回もフィールドは違えど「本物」の方々とのコラボはあっきーにとって刺激的で良い経験になったのではないかなと思います。ここからまた新たな芸域への道が伸びていくとよいね。

でもこれまでにない中川晃教を見せられると、ファンとしてはもっともっとと思ってしまう。もっといいもの、もっと刺激的なもの、もっと…。「女の欲望にはキリがない」というセリフがあったけど、まさしくファンの欲望にはキリがないsmile

最後に届いていたお花。
フジテレビさんからは三人とも別々のお花が届いていました。
何かテレビのお仕事に繋がるといいなあ。

Sakura06

ああ、なんかやっぱり疲れがにじんでる記事think

まったく冴えないsweat01

ファーストデートの頃には引越しが終わってるはずなので、落ち着いて見られますように~。

« 秋のお花見 | トップページ | 行けないけど和泉ちゃんライブとか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/57729863

この記事へのトラックバック一覧です: ファンの欲望にはキリがない:

« 秋のお花見 | トップページ | 行けないけど和泉ちゃんライブとか »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ