あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 「VAMP ~魔性のダンサー ローラ・モンテス~」配役公開 | トップページ | 中川晃教公式FCメンバーズサイトの更新 »

2014年5月25日 (日)

コンサートから未亡人へ

遅ればせながら、昨日おわくり更新されてますね。
オペラシティでのコンサート、本編衣装(黒)とアンコール衣装(赤)もちゃんと見せてくれて、よしよしgood

コンサートの一曲一曲について感想書けなくなってからもうだいぶになるので、今回も書けなかったけどもうしょうがないかな。。。
年取ると少しずつ前はできてたことができなくなってくる、そんな当たり前のことが当たり前だと知るのも当事者になってからなのよね。というのは半分言い訳ですが。
しょうがないよねと言いながら、一番納得してないのも自分だったりするので、めんどくさい。

えーと、何の話だっけcoldsweats01

あ、そうそう、コンサートね、記憶に残ってるのは、「月光」の時の大きな丸い月や「フタツヒトツ」の時のろうそくの明かり、「マイソング」のステンドグラス風などの様々な照明が美しかったこと。そして「CHINA GIRL」で歌の一部をあっきー自身が歌わずに弦楽器に歌わせていたこと。
トークでは、初めて行く場所から本能的に感じるものがある、誰も歩いたことのない道をぼくは行く、何かが待ってる気がする、ビッグバンドで歌った「マイウェイ」みたいに自分では歌いきれないかもしれないような大きなものが込められている歌でもチャレンジする、明日は明日、前を向いて歩こう…的な話の間に、ジムで泳いでる時に隣のレーンで泳いでる人に闘志を燃やして負けた話とか(笑)
あと、先週テレビで見たボビー・フィッシャーのドキュメントで、日本に潜伏中、毎朝英字新聞を読んでいたという蒲田の駅前のベンチを見た時に、そういえばあっきーもジムの庭?の石のデッキ(座ったら温かかったとか)でコーヒーとベーグル食べた話をしていたな、なんてことを思い出したり。

何のことはない、いつもいつでも自分の精神世界はどこかであっきーに結びついてる、というか結びつけたがっているのですね。

あ、そういえば「マイウェイ」で書きかけの記事まだアップしてないのを思い出したsweat01
そういうの多いんですよ。下書きのまま埋もれてる記事。
また何かのきっかけで発掘して日の目を見せてやれたらと思ってるんですが。

あ~、それでもう「抜目のない未亡人」のお稽古真っ最中ですね。(急に話変わる)
今日のサンデーメール読んで、ちょっと思い出したこと。

吉本百年物語に出演したのって、もう一昨年??早いね。
その千秋楽前に大阪でFCイベントあったんですよね。
そのときのことはちょっと思うところあって、ここではあまり詳しくご報告してないんですが。
参加者からの質問に答えるコーナーがあって、二つの質問が選ばれたんですが、そのうちのひとつが「なぜ自分にこの話が来たと思いますか?」(正確ではないかもしれませんが、まあ、そういうこと)というものでした。
それに対してあっきーの答え、というより、もう記憶も定かではないのでわたしの個人的解釈でしかないかもしれませんが、こんな感じ。
「この役の林弘高さんという方は、お笑いとは違った新しい世界に通じるものを日本人に見せたいと思った人。自分がミュージカルその他様々な分野にチャレンジしてる姿を見て下さった方がいて、その姿勢が弘高さんに通じるものがあると声をかけていただいた。芸人さんたちとの稽古は大変だし、ちゃんとできるか不安だった。(吉本の舞台は)危険でやらない方がいいって言う人もいる。自分自身恐れや恐怖はあった。でもこの6月を逃したらもう縁がないと思った。タイミングを逃したくない。そう思って自分から引き寄せた仕事だった。
やってみたら本当に大変だった(笑)
でも共演者にも恵まれ、「楽しもう」という気持ちでやれた。
(観客からすると)普通の舞台として見ると物足りないかもしれないけど、参加型アトラクションと考えて楽しんでもらえれば、この2時間でしか味わえない楽しさがあると思う…」

なんでこんなこと長々と書いてるかと言うとですね、
これまで以上に芸達者な役者ぞろいの共演者に囲まれて、もしかしたら少しばかり凹んでるかもしれないあっきーに、思い出してほしいから。
あなたがそこにいるのはちゃんと意味があるってこと。誰かが見ていてくれてその場所にふさわしいと思ってくれてるということ。そして常に新しいこと、できないかもしれないようなことに何度も挑戦してきて、ちゃんと期待に応えてきたってこと。
だからたとえ今は高い壁に見えても、必ず乗り越えられると信じてます。
吉本のお笑いもだけど、京劇とかね、普通のミュージシャンでありえないでしょ(笑)

というわけで、最後にこの歌を。星めぐりのうたですべての歌詞を書いてくださったこんやしょうたろうさん(アルケミスト)の歌で「あの空」

→YouTube

こんなにも素直に「がんばれ」という言葉が心にしみてくる歌もないと思います。
普通がんばってる人に「がんばれ」って言うな、って言うじゃないですか。
もうこれ以上がんばれないくらいがんばってるのに、今以上にがんばるなんてできないよって。
でもこの歌を聞くと、また新しい気持ちでがんばろう、って思えるから不思議です。
え?それはわたしがそれほどがんばってないから??coldsweats01

それはともかく(え゛)、あっきー、がんばってrock きみならできるはずさ、きっと。

« 「VAMP ~魔性のダンサー ローラ・モンテス~」配役公開 | トップページ | 中川晃教公式FCメンバーズサイトの更新 »

コメント

中川晃教ってひとは、つくづく幸せなひとだなって思います。
25日のサンデーメールのあと、ファンが思ったり、つぶやいたりしているのを見聞きするたびに、彼がみんなから信じてもらえていること、期待されていること、見守られて応援されていることを感じます。
それは彼の今までの歩みが、そうさせているのだと思うけど。

「あなたがそこにいるのはちゃんと意味がある」からの4行は、まさに今、私が(おそくらほかのファンも)感じていることで、すぐにそれを書いてくださったhildaさんはさすが。
あっきーにもこの気持ちはちゃんと伝わると思います。
ありがとうございました!

>ミミさん
ありがとうございますhappy01
そんな風に言っていただけると、眠い目をこすって書きあげた甲斐がありますheart
ほんとに日曜日のTLは楽しくて(笑)
クイズに答えてみんなで行きましょう!ハワイwave(in 福島)
以前はあんな風に甘えられると傷ついたりもしていたのに
今はもうこの胸でドーンと受け止めてあげようimpact的な?(笑)
それも長い時間をかけて、いい時も悪い時も見守ってきた、という自信?のようなものができてきたおかげかもしれません。
そして割と最近彼を知ってファンになった方にとっては、他にはない彼だけの魅力と映るのかもしれません。
いずれにせよ、ファンの期待と信頼はもう揺るがないと思います。
「抜目のない未亡人」苦労した分、(あっきーにとってもあっきーファンにとっても)絶対おもしろい舞台になるはずなのでほんとに楽しみですlovely

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/56313070

この記事へのトラックバック一覧です: コンサートから未亡人へ:

« 「VAMP ~魔性のダンサー ローラ・モンテス~」配役公開 | トップページ | 中川晃教公式FCメンバーズサイトの更新 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ