あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 【再掲】ラジオの聞き方 | トップページ | ネルマガにVAMPビジュアル撮影ニュース »

2014年5月 6日 (火)

BIG BAND FESTIVAL 2014

ビッグバンドフェスのレポが遅れてました。その前にJPMAさんからの詳しいご報告が。

■JPMA公式ブログ
中川晃教 ビッグバンドフェスティバルを終えて レポート⑧

毎度ながらあっきーファンへのご配慮痛み入ります。

文京シビックホール、ここへはコンサートで一度、バレエでは何回も訪れていますがちょっと最近ご無沙汰coldsweats01

Bunkyocivic01

Bunkyocivic02

Bunkyocivic03

BIG BAND FESTIVAL 2014 Vol.16
2014年5月3日(土)
文京シビックホール 大ホール

18:00~18:40    ※実際は18:15~18:55くらい
森寿男とブルーコーツ
ゲストボーカル:中川晃教
MC:牧岩雅夫

【セットリスト】
1. Take the A Train
2. Has Anyone Here Seen Basie
3. What Kind of Fool Am I
4. It Don't Mean A Thing(スイングしなけりゃ意味ないね)    *
5. The Way You Look Tonight    *
6. My Way (日本語版)    *

7. Caravan
8. One O'Clock Jump    *
* あっきーボーカル、8.はスキャットで

他の用事があったのと、最近ほんとに体力なくて昨年も途中退場した前科があるので、今回は、ほんとに申し訳ないけどあっきーの歌だけ聞きに行こうと思いました。だから前半の3組すっとばして(ゴメン)ブルーコーツさんのところだけ。

あっきー登場予定の18時5分前くらいに会場に着いたら、まだ前のキューバンボーイズのみなさんの演奏が続いていて、受付で「これが終わったら休憩です」と言われたので、そのままロビーをうろうろ。休憩が18:00~18:15くらいだったから少し押して始まったのかな。その間顔を合わせたあっきーファン友からは「絶妙のタイミング(で入場)」と褒められる。(たのか?)

ブルーコーツさんの三曲目「What Kind Of Fool Am I?」の演奏の後、司会の牧岩さんがこの曲がミュージカル曲だというお話から、ブロードウェイからはもちろん多くのミュージカルスター(何人か名前を挙げて)が生まれていますが、、、と言ったところでどこに行こうとしてるか予想がつきました(笑)「日本にも素晴らしいミュージカルスターが!」というわけであっきー登場ですshine

あっきーは髪は自然な感じでグレイのスーツに白黒パンダみたいな靴(コンビというらしい)で、去年のサマージャズに比べるとかなりフォーマルな衣装でした。

そして一曲目からとても楽しそうにのびのびと歌い始めて、わずかなMCをはさんで3曲ほぼ一気に歌いあげました。

一曲目は去年演奏だけ聞いて確か司会の方があっきーに歌ってほしいとおっしゃってたような(うろおぼえ)

二曲目はタイトルも説明もなく歌い始めてしまって、その後のMCでもスルーされちゃったので、何の曲かわからなかったのですが、きれいなメロディラインのバラード調、あっきーの歌声には合ってましたね。その後調べたら、フレッド・アステアの映画「有頂天時代」(原題:Swing Time)からの曲だったみたいです。

フレッド・アステア自身が歌っている映像。



きれいな歌ですよね。

ついでに
「What Kind Of Fool Am I?」も。次回はこれを歌ってほしいかも
ミュージカル『地球を止めろ、私は降りたい』(Stop The World - I Want To Get off)より。面白いタイトルですね(笑)ブロードウェイの伝説的スター、ロバート・グーレの歌で。



そして三曲目、これはリクエストがあったとかで「マイ・ウェイ」日本語版。
MCでこの曲名を聞いた時に思わず「おぉ~!」と声が出ました。
まさかそう来ると思わなかったので。
でもこの曲についてはいろいろ思いがあるので、また別記事にします。

最後の曲に即興のスキャットで参加!これがおもしろかった。
一番あっきーらしく、一番ジャズっぽかった。
途中で楽器の音色を真似したり、「♪永遠に~終らない~」とどっかで聞いたような歌詞が出てきたり、もう自由奔放に(笑)

いつも思うけど、あっきーって自分のちゃんとしたコンサートより、ゲストとかフリーライブとかの方が緊張少ないせいか、生き生きしてない?(爆)
そして前回もだったけど、森さんはじめブルーコーツのみなさんのあっきーラブが半端ない(笑)二階席からだったけど、楽団のみなさんからの熱視線感じました~happy01heart01heart04
いや、冗談抜きであっきー、可愛がられてるんだなってわかってとてもうれしかったですよ。
孫でも見るような優しい目、というか実際そういう年齢の方々かもしれないんですが、単なる可愛がりじゃなくて、ちゃんとあっきーの音楽性と才能に対するリスペクトを感じられたからよけいに。

短い時間でしたがビッグバンドジャズの楽しさも味わえて、思いがけないあっきーの歌も聞けて、やっぱり行けてよかったです。特に7曲目8曲目はバンドの方々も自由に動き回ってアドリブ三昧は楽しかった♪

でもやはりB席は遠かった!
コンサートってステージとの距離ってかなり重要。
気持ちまで遠くなっちゃいそうな距離からだとやっぱり寂しい。
今度はちゃんと初めから(あきらめて)S席買いますcoldsweats01(たぶん)

« 【再掲】ラジオの聞き方 | トップページ | ネルマガにVAMPビジュアル撮影ニュース »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/56079777

この記事へのトラックバック一覧です: BIG BAND FESTIVAL 2014:

« 【再掲】ラジオの聞き方 | トップページ | ネルマガにVAMPビジュアル撮影ニュース »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ