あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« ヴァンゼーを揺らす月は今日も輝いているか | トップページ | 振り返らず前へ前へ »

2014年4月 3日 (木)

雨のピトレスク

Pitto01

あいにくのお天気となりましたが、SHOW-ism VII「ピトレスク」無事に千秋楽を迎えました。まずは今回この美しい舞台に関わられたスタッフ・キャストのみなさんに、ありがとうとお疲れ様と言いたいです。

Pitto02

千秋楽らしく、カテコではキャスト全員からのご挨拶がありました。詳しくはまたのちほどまとめたいと思いますが、中学生の頃からの夢だったミュージカル出演を果たすことができたという岡本さんの涙が印象に残っています。ともちん、最後まで可愛かったlovely

三度目の観劇にしてようやく各出し物の意味がわかったり、いろいろ納得の千秋楽でした。やっぱり近くで見るのって大事。今回初めて少し前方列だったのでキャストのみなさんのお顔もよく見えました。難しいかもしれないけど、これはもっと小さい小屋で、お互いの体温感じるくらいの距離で見たかった。

みなさんはどんなピトレスク、お持ち帰りになりましたか?

Pitto03


« ヴァンゼーを揺らす月は今日も輝いているか | トップページ | 振り返らず前へ前へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/55637421

この記事へのトラックバック一覧です: 雨のピトレスク:

« ヴァンゼーを揺らす月は今日も輝いているか | トップページ | 振り返らず前へ前へ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ