あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« おわくり更新♪ | トップページ | チューチューチュブギ♪ »

2014年4月 1日 (火)

ピトレスクを見た人々

当たり前だけど日々観客の累計は増えていって、その感想も様々ながら増加。怒涛のように流れていくつぶやきをクミコスタッフさんがまとめてくださってます。

■クミコスタッフさんによるまとめ(開演直前~公演中)
SHOW-ism Ⅶ『ピトレスク』(2)2014/3/20~
http://togetter.com/li/647820

■クミコスタッフさんによるまとめ(開演前)
SHOW-ism Ⅶ『ピトレスク』(1)2013/10/18~2014/3/27
http://togetter.com/li/647840

わたし自身は、誰にでも無条件でお勧め!とは言えないし、手放しで絶賛もできないでいるのだけど、ただいくつものシーンが、歌声が目に耳に焼き付いて離れない。そんな感覚に襲われています。めっちゃ好みなのは、舘形さんと彩輝なおさんの二つのダンスシーン。
仮面舞踏会の(ユダヤを表す)黄色いドレスと黄色い鍵の謎めいたやりとり。ルパンがどうとか言ってたような?
そして「愛の嵐」や「地獄に堕ちた勇者ども」を思わせる退廃的な額縁ショー(笑)
松葉づえついたボンデージ美女~、ドツボにはまった(爆)

歌でいうとやっぱりあっきーとJKimさんの「声のない恋」(モ~ナムール♪)と「ピトレスク」ですね。なんと言っても。鳥肌立つようなピトレスクの前半の原曲が知りたい!ケルティッシュかと思ったけど、二度目聞いたらちょっと西南アジアっぽいエスニックな響きも。そして後半あっきー曲のなんて優しい!またまたアーティスト中川晃教を見直しましたhappy02<エラそう
そしてクミコさんの力みのない歌声!なのにとても力強く心に響いてくる。JKimさんとの「黒い瞳」「群衆」。「ぶんぶんぶん」のハミングさえ思わず耳をそばだてたくなる。
岡本さんの人間離れした歌声。どこかで耳馴染みあると思ったら、フジテレビのフィギュアスケート番組のオープニング「ボレロ」を歌っているのが岡本ともちんでした。聞き覚えあるはずだわ。
でもこのお二人、歌よりさらにいいな~と思うのが素朴な演技とセリフheart01
たくまず人間性がにじみ出てくるような。岡本ピョートルほんとに可愛いったらlovelyheart04
クミコさんはブログで歌やセリフ覚えに苦労されてることや舞台上での失敗をまったくためらいなく正直に書かれていて、頭や体が少しずつ思い通りに動かなくなりつつある自分もすごく共感してしまうんだけど、忙しい合間にご両親のめんどうみたりと、同じ人間として生きてる実感というのかな、歌の自然さや強さはこの「普通の人間」としての人生から生まれてくるのかな、と。一文が長い!(笑)
とにかく大好きです!わたしは。

あと、初日書き忘れましたが、音楽演奏が生です!
姿が見えないのでわからなかったんですが、カテコに(たぶん)前嶋さん他ミュージシャンの方々が登場したのでわかりました。どこにいたんだろう?

クミコさんブログにもピトレスク公式アカウントさんのつぶやきにも観劇されたたくさんの方々のことが話題になってますが、

■大澄賢也さんブログ
ピトレスク

あっきーとのツーショットあり。また共演したいと言ってもらえるのって幸せですよね。

■知念里奈さんブログ
ピトレスク観劇。

この間のドラロマチームとは別にお一人で、いや親子でご観劇だったんですね。
息子さんエライ!
そうです、そうです。ありふれた日常がどんなに貴重で大切で愛しいものか、それが何より美しいピトレスクだっていうのがこの舞台の大きなテーマなのですよ。<またエラそう

ドラロマチームと言えば、先日いらしたよっしーこと井上芳雄さん、今度フランクル著「夜と霧」を題材にした舞台にご出演だそうですね。

りゅーとぴあ発 極限に向き合う男 第1弾 井上芳雄による「夜と霧」 ~アウシュヴィッツからの生還~

ここでもアウシュビッツ!
あっきーと同じくナチスドイツを扱った舞台だなんて、何か因縁を感じますね。
そしてわたしが最近観たよっしー舞台といえば、昨年の「イーハトーボの劇列車」一昨年暮れの「組曲虐殺」。いずれも井上ひさしさんの戯曲で、治安維持法の時代、「口を開く」のが難しく、生きることが不自由な時代の物語(どちらも実在の人物を扱っていますが)でした。
そのへんもなんだか繋がるな~。

これって新潟だけなのかな?
能楽堂なら東京にもいくつかありますけど~bleah

« おわくり更新♪ | トップページ | チューチューチュブギ♪ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/55609979

この記事へのトラックバック一覧です: ピトレスクを見た人々:

« おわくり更新♪ | トップページ | チューチューチュブギ♪ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ