あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 叶ありさバースデイライブ そしてさかきーの新たなる旅立ち | トップページ | ビッグバンドフェス、リハーサル »

2014年4月21日 (月)

「あの日、 星は重かった」 千秋楽

Hoshi04

Hoshi03

Hoshi02

最終公演だけ見てきました。
銀河劇場でこんなに人が入ってるの初めて見ました。立ち見まで出たくらいだもんね。
音楽監督石山理さんブログによると大入り袋出たみたい。おめでとうございまーすshine
(やっぱり小野D人気の威力でしょうか)

このところの残業疲れのせいで、ちゃんとお話を理解できたかどうか、ちょっと自信ないのですがcoldsweats01
11歳(小五)で出会って、小中高、大学もかな?一緒に過ごした幼なじみと卒業後2回目に再会した時には二人とも35歳になっていて、それぞれの現在と過去について語り合ううちに二人にとって共通の大切な思い出の「彼女」について新たな事実を知ることに…。って感じでしょうか。
よかったのは、プログラムに使用楽曲が全部記載されていたことscissors
いやいや、じゃなくて(笑)
歌はそれぞれよかったです。
特にわたしがあっきーに歌ってほしいなと思っていたアニソンのひとつ、「創聖のアクエリオン」をソロで(コーラス付き)歌ってくれたこと。
「宇宙戦艦ヤマト」は物語の時代背景としては古すぎるんじゃないか、あっきーファンの年齢層を考慮した選曲かと思ったけど、去年レビ放映された(ただいまMXと11で再放送中)「宇宙戦艦ヤマト2199」で古代進役を小野大輔さんが演じてらっしゃるんですね。なるほど。
それにまあ、これならリアルタイム世代じゃなくても誰でも知ってるし。
ヒーローにあこがれる小学生時代、女の子にあこがれる中学生時代、そして人生の苦さを知り始める高校生時代、それぞれの時代のヒット曲にのせて物語が進行していくわけですが。
ほとんどよく知っている耳馴染みのある歌ばかりで、それぞれよかったですが。

なんやねん、その「が」って(笑)

いやこういう時代とともにある音楽って、選曲難しいな~と思ってcoldsweats02
1980年代後半~2000年前後というこの物語の背景になっている時代の音楽、わたしが一番聞いてなかったsweat02時期(仕事しながら子育て中)でもあるので、もちろん超有名曲とか当然どこかで耳に入ってきてるから、聞き覚えのある曲がほとんどではあったけど、その「時代」を感じたり懐かしがったりするところまではいかず。同じ曲を聞いていてもたぶん世代によっても印象の残り方が違うだろうし。
これはピンポイントで自分の青春時代と重なる人にはよかったかもしれないけど、わたしには残念ながら音楽的にピンとくるものはなかったのが残念。
でもどの世代に合わせるかって、当然主人公の生きて来た時間に合わせるしかないのでしょうがないかな。
あ、一曲だけまったく聞いたことがなかった曲がありました。最後の「さぁ鐘を鳴らせ」ドリカムだったんですねsweat01去年のドラマも見てなくて、この最重要な歌を知らなかったのはちょっと残念でしたが、知らなくても歌詞はすっと胸に落ちてきたから問題なし!

でも脚本的には同じ時間を生きていて、それぞれの違った視点でその時を再現するような試みはちょっと新しかったかな。こういう手法は小説や映画では時たま見かけるけど、朗読劇では初めて見ました。もうちょっと時系列と同じ場面のちょっと違う再現だということがわかりやすいともっとよかったかな~。少し混乱するところがあったので。

そしてたぶん大事なポイントあちこち捕らえそこなってると思うけど、最後に「彼女」のお父さん(いつ出てきました?)から「あの日」のことを聞かされるところでは、ああ、確かにこういうことってあるよね。自覚もしていない小さな行為が、誰かに取って救いになること。
(逆に無自覚に人を傷つけてることも多いけど)
ここでジーンときて、思わず落涙weep

アクエリオンとこの涙で十分元は取れたかなgood

そういえば1989年って、昭和が終わった年であり、平成が始まった年ですね。個人的には手塚治虫さんが亡くなった年として忘れられない年。

小野さんはやっぱりさすが声のプロという感じで一番安定してましたね。
朗読ということでみなさん手に台本持ってらっしゃるので、どうしても視線が下向きになりがちなんですが、小野さんだけがほとんど客席を向いて顔を上げて語りかけるようにしてたのが印象に残っています。
カテコで歌の苦手意識が強くて、とおっしゃってましたが、CDも出してないのに(笑)堂々たる歌声でしたよscissors

あっきーはやっぱり歌声ではダントツで、いろいろおもしろい歌を聞かせてくれてありがとう(笑)
何を歌ってもうまいな~と思わせますが、たとえば美空ひばりさんはこれまで「悲しい酒」とか「りんご追分」とか聞いたことあるけどそれは完全あっきー節だったのを今回の「川の流れのように」はきっちり「演歌」として歌ってくれたり、尾崎豊「I Love You」も「MISSING BOYS」のときとは全然違う中学生男子バージョンだったりするのが楽しかったです。「♪きしむベッドの上で」の前のタメと興奮が可笑しかった(爆)

ちょっとお久しぶり(個人的には「リタルダンド」以来かな)の高橋由美子さん。さすがの歌声。そしてカテコでの突放しっぷり、男前で素敵でした(笑)
あっきーが他のキャストのこと、みんな自由人で、みたいな紹介のしかたをした時の「あんたにだけは言われたくない」的な女性陣の引き方には爆笑でしたhappy02
第一稽古場では他キャストから「Mr.フリーマン」とあっきー自身が呼ばれていたと、ピアノの中村友美さんがFBでばらしてますよ(笑)←というツイートを見ました。

仁藤萌乃さんはブログにも書かれていますが、初めてチラシ見てこの中に自分がいていいのか大丈夫なのか心配になったとカテコでもおっしゃってましたね。謎の「彼女」等身大の少女を素直に演じて可愛らしかったです。

小林美江さんと西村直人さん、この芸達者なお二人のおかげでこの朗読劇がしっかり支えられていたと言っても過言ではないと思います。
お二人とも様々な役をされますが、特に公演回変わりで演じたマロンちゃんという犬の役がお気に入りみたいで、カテコで西村さんは二回しかできなくて残念だった、(奪い合う二人の間で)死んだふりすればよかったと反省。小林さんは、「今の気持ちをマロンで表現して」というあっきーの無茶ぶりにもまったく動ぜず、三方に向かって犬語でご挨拶!(西方くんも見習おう)

稽古期間入れてたった二週間のお付き合いにも関わらず、とっても息の合ったカンパニーだったみたいで西村さんブログによると、あっきーが「星重一座」と名付けたらしい(笑)
歌のある朗読劇。この新しい実験的?な試みをせっかくなので、「星重一座」にはもう少し追求していってほしい気がしますね。

最後に、飲まなかったけど銀河劇場名物スペシャルドリンクの画像。

Drink03

Drink01

Drink02

なんかまだもうちょっと思ったことあったような…。

思い出したらまた追記するかもしれません。

グッズはプログラム1500円(薄!)、クリアファイル500円、フリクションペン(消えるボールペン)500円、キーホルダー(すでに完売で値段不明)でした。
プログラムとクリアファイルだけ購入。セピア加工した稽古場写真(なぜかフランス新聞記事のフレーム)が雰囲気あります。

Hoshi01

あ!いけない、おわくり更新リンクするの忘れてたsweat02

4/19
あの日、星は重かった!今日、初日!

4/21
あっと言う間に終りました!

ほんとにあっという間でした。
また新たな活動に向かって歩き出してるんだろうな、あっきーは。

次はビッグバンドか~。わたしチケット取ってないけど(え゛)

【追記】
大事なこと書き忘れていた!

あっきーがわたしの名前を何回か呼んでくれたのでちょっとうれしかったheart02
よくある名前なんだけどね(笑)
ちなみに「サオリ」ではありません(爆)

それとひとつ思ったこと。
「星は重かった」というタイトルは、流れ星が降るのは星が重いからということらしいんだけど、流星を表現するのにあまりロマンチックじゃないな~とsweat02
いや、言葉って難しい。
ユニークな表現だけど、それが耳に心地よいかどうかは?

「実験的」とか「前衛的」とか言われるパフォーマンスはえてして難解で伝わりにくいもの。意欲作ではあったかもしれないけど、そのエネルギーが客席にどのくらい届いたかはちょい疑問の残るところ。
それでも客席が満席だったらいいのかな。
う、ちょっと皮肉っぽい言い方になっちゃってゴメン>誰に?

« 叶ありさバースデイライブ そしてさかきーの新たなる旅立ち | トップページ | ビッグバンドフェス、リハーサル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/55882231

この記事へのトラックバック一覧です: 「あの日、 星は重かった」 千秋楽:

« 叶ありさバースデイライブ そしてさかきーの新たなる旅立ち | トップページ | ビッグバンドフェス、リハーサル »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ