あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 【リマインダー】コントの劇場「春のスペシャルエディション」 | トップページ | 「中川晃教コンサート I Sing~with strings~」お誘いビデオ »

2014年3月27日 (木)

無花果のなる部屋への招待、SHOW-ism VII「ピトレスク」開幕

Pittoresque02

Pittoresque01

シアタークリエで本日無事開幕しました。SHOW-ism 第7弾「ピトレスク」。

感想は体力なくてまとめきれませんが、簡単につぶやいてます。→Twitter

公式サイトに→舞台写真がアップされています。
MOVIEページには→ダイジェスト映像
→YouTubeで直接

■チケットぴあ演劇ニュース
多彩なジャンルのトップランナーが集結する音楽劇が開幕
舞台写真もたくさんアップされています。

取り急ぎ情報のみですが。
上演時間:休憩20分を含み2時間45分。けっこう長いです。夜7時開演だと、カテコ入れて外に出たら10時近い。

Pittoresque03

物販は、公式グッズとしては、プログラムが1200円。

あっきーのスワロフスキーブレスレットというのが2色(黄色とブルー)販売されていて各2000円。これって公式?たくさんの方が両方購入されていました(笑)

あっきー以外ほぼ初見の方々ばかりでしたが、それぞれ個性的で実力のある方がそろった、という印象。詳しくはまたのちほどまとめるとして(出来たらbleah)

キムさん、歌声がすごすぎるheart02

岡本さん、かわいい!lovely

保坂さん、カッコイイ!happy02

クミコさん、大人~confident

舘形さん、声がすてき!<そこ?

彩輝さん、美しいlovely

風花さん、美鳳さん、二人のダンスシーン美しい。

三井さん、肉屋の主人?からドイツ軍将校までがんばってました。

そしてあっきー、さすが!(何が)
衣装のタスキがほころび?切れちゃって首にかけたり、斜めに結び直したりちょっとハラハラしたけどなんとかうまくしのぎました。小道具さん、よろしく。
ジャン・ルイの赤いマフラーに秘められた哀しい過去の物語には涙涙でした。

場面の作り方や転換のタイミングが映画的。地下の話なので仕方ないのかもしれないけど薄暗くて…老眼にはきびしいですcoldsweats01

音楽は、けっこうクラシカルな曲が多かったですね。わかったもので言うと、「黒い瞳」、「ハバネラ」(カルメン)、「アランフェス協奏曲」、「リリー・マルレーン」、「歓びの歌」(第九)etc. あと聞いたことあるけど、曲名がわからないもの。

一番の見せ場で歌われた「ピトレスク」前半のキムさんの歌声には鳥肌。
ケルト風?ちょっと民族音楽的な楽曲で、それに続くあっきー作曲部分への流れもよかった。

公開稽古シーンから気になってた仮面劇風のシーンで岡本さんの歌う歌は曲名が思い出せなかったんだけど、ヘンデルの「サラバンド」だと友だちに教えてもらいました。宮廷舞曲ですね。

基本的にはミュージカルというより、ショーです。あ、SHOW-ismですもんね(笑)

あ、あと、チラシ束の中に「抜目のない未亡人」とオペラシティコンサートのチラシ入ってました!scissors

今日はこんなところでcoldsweats01

【追記】

リピーターチケットがあります。8500円。(もう一声ほしいかなbleah)

Pittoresque04

« 【リマインダー】コントの劇場「春のスペシャルエディション」 | トップページ | 「中川晃教コンサート I Sing~with strings~」お誘いビデオ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/55547045

この記事へのトラックバック一覧です: 無花果のなる部屋への招待、SHOW-ism VII「ピトレスク」開幕:

« 【リマインダー】コントの劇場「春のスペシャルエディション」 | トップページ | 「中川晃教コンサート I Sing~with strings~」お誘いビデオ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ