あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« クミコさんインタビュー記事とピトレスク予習 | トップページ | 「ピトレスク」明日開幕 »

2014年3月25日 (火)

東京新聞と毎日新聞デジタルにピトレスク関連記事

本日付けの東京新聞夕刊にピトレスクの稽古場公開と制作発表の取材記事が掲載されました。

■東京新聞夕刊
2014年3月25日(火)

自由を獲得する姿を
舞台「ピトレスク」

小さな記事ですが、出演者の集合写真はカラー。
各コメントの一部:
演出の小林さん「戦時下の人々が声を上げて自由を獲得する姿を描きたい」
クミコさん「沈黙せずに何かを発信し続けることが必要」
保坂さん「東日本震災で被災した方々が淡々と生きている姿と登場人物がオーバーラップするのでは」
あっきーのコメントはありませんが、最後にこんな記述が。
「広く知られた欧州の民謡などとともに、出演者の一人、中川晃教が手掛ける音楽が作品を彩る」

こちらはオンライン記事。

■MANTANWEB(毎日新聞デジタル)
中川晃教 : 音楽劇「ピトレスク」出演&音楽担当 リフレッシュは「車の運転」
写真特集(計9枚)あり。

これ、あのツイッターでおふざけしてた頃の取材ですね(笑)
今回はひとり突出して自由な人の役ではなく(笑)大人で聡明でリーダーなんですね!happy02
音楽を提供したことで、ソンライに続き制作側の立場もあり、どちらかというと全体を俯瞰して見る語り手的な役割なのかな?
また新しい中川晃教を見せてもらえそうかなlovely

ところで↓に公開した記事がクミコさんの(スタッフ)公式Facebookで紹介されました。→こちら
なんかちょっと恥ずかしいけど、あのインタビューはクミコさんのファンのみなさんにも読んでいただきたかったので、よかったですbleah

クミコさんによる写真アルバム「クミコ通信」も楽しいです。
あっきーによる盗撮!もあります(爆)

« クミコさんインタビュー記事とピトレスク予習 | トップページ | 「ピトレスク」明日開幕 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/55516506

この記事へのトラックバック一覧です: 東京新聞と毎日新聞デジタルにピトレスク関連記事:

« クミコさんインタビュー記事とピトレスク予習 | トップページ | 「ピトレスク」明日開幕 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ