あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 「東京流行通信」2014年1月号に記事掲載 | トップページ | アトリエ・ダンカンのこと、そして「OUR HOUSE」の思い出 »

2014年2月 2日 (日)

クリコレ大楽トーク再現

なんだかんだでこの週末もまとめ切れなかったマイクリコレ。
もうあきらめますか…。

いやいやいやそれにしても素晴らしいサービス精神!というかたぶんきっと、好きなんですよね、こういうこと。猟人で爆笑させていただいた石井一孝さんがまたやってくれました。

■石井一孝の情熱マニア日記
クリコレ万歳!<2> 1幕冒頭トーク 奇跡の再現 実況込み 〜大千秋楽 北九州ソレイユホールにて〜(2/1)

クリコレではいわゆるMC(司会)というものがなくて、冒頭にキャストのみなさんが日替わりお当番で短いトークをしてくれてたんですが、その大楽担当はブログで予告したとおり石井さんでした。というところまでは現地のファン友から聞いて知っていました。
が、そのトークを完全再現!
ライブの録音ではなく再現トーク。
これは今まで誰も思いつかなかった!(笑)
実際に聞いた友だちによると、かむところまで忠実に再現されてるらしく(爆)
は~、なんかいろいろとぎりぎりのところでこういうファンを喜ばせようとする心意気に感動いたしましたheart01

そして誰も思いつかなかったといえばこちらでも。

クリコレ万歳!愛しのお父ちゃん  〜誰も思いもつかない発想と優しさとあたたかさ〜(1/31)

山口祐一郎さんのアイデアだったんですね、あの白髪づら。
わたし、見てないので舞台のヴァンパイアの教授がどんな姿をしていたか知らないのですが、あのヅラ、元々教授のヅラなんだろうな~と、それをどっかに置き忘れたのを伯爵が返してあげた、という展開にしてあるのかなと勝手に思っていました。もちろんクリコレバージョンではってことですよ。実際の舞台じゃなく。
なんかけっこう当たらずとも遠からずって感じだったみたいでちょっとうれしいhappy02(単純)

クリコレ冒頭トーク担当とセットリストなどのまとめは、→公演情報ページで。

【追記】2/15
なぜか迷惑コメントが集中してるので、申し訳ありませんがこの記事はコメント不可とさせていただきました。
もしもこの記事について何かコメントがおありの方は、他のクリコレ記事にコメントしていただくか、右サイドバーのメールフォームからお知らせください。
ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いします。

« 「東京流行通信」2014年1月号に記事掲載 | トップページ | アトリエ・ダンカンのこと、そして「OUR HOUSE」の思い出 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/54840913

この記事へのトラックバック一覧です: クリコレ大楽トーク再現:

« 「東京流行通信」2014年1月号に記事掲載 | トップページ | アトリエ・ダンカンのこと、そして「OUR HOUSE」の思い出 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ