あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 中川晃教メディア情報(雑誌・ラジオ) | トップページ | CHESS吊り橋理論とダブルキャンディード »

2014年1月13日 (月)

ミュージカルなんか大きらい

だったんですよ。
あっきーに出会うまでは。
特に和製ミュージカル。四季とかね、東宝ミュージカル含めて。(ファンのみなさんごめんなさい)
たぶんあっきー以前に見た日本のミュージカルって、大昔に市村さん目当てで見た「ウェストサイドストーリー」(飯野さんだったかな~、トニー。マリアは久野綾希子さん)と、「ジーザスクライストスーパースター」(鹿賀丈史ジーザス&滝田栄ユダ)と、おつきあいで見た森繁さんの「屋根の上のバイオリン弾き」くらい。
あ、いや、そのもっとず~っと前に父に連れられて今陽子さんと西村晃さんの「死神」を見たのが最初かもしれない。(いったいいつの時代やねん)
あといずみたくフォーリーズの舞台を2本くらい見た記憶があります。
要するに手の指で数えられるくらいしか見たことなかったわけ。
ハリウッド映画のミュージカルなら大好きで、マイベストスリーは「オズの魔法使い」「サウンドオブミュージック」「雨に唄えば」なんですが、これはどっちかっていうと「映画が好き」から入ってるので、比較にはならないかも。

海外で舞台のミュージカルを初めて見たのは、仕事で訪れたニューヨークで、せっかくだからと現地のスタッフがチケット取ってくれたブロードウェイ版「ピーターパン」shine
郁恵ちゃんとか日本版の上演が始まるもっと前ですよ。(大昔すぎる~)
これが衝撃でしたpunchimpact
ファミリー向けなんだけど、まったく子どもだましじゃない!
日本のミュージカルとは全然レベルが違うやんかcoldsweats02 
これでなんかがっかりして日本のミュージカル見る気がすっかり失せました(笑)
でもだからと言って海外までミュージカル見に行けるほどの余裕もなく、その後は長いブランクが。
それを破ったのは、あっきー、、、ではなくてダーリンだったわけですが、それだってほんとはミュージカルなんかそんなに興味ないのに、ダーリンが出るっていうからしょうがなく(笑)見に行ったのが始まりです。その証拠にせっかく何回もロンドンまで行っておきながら、ダーリン公演以外で見たのは、「オペラ座の怪人」「メリー・ポピンズ」「ビリー・エリオット」だけ。

でもあっきーに出会ってからもあっきー舞台以外のミュージカルはそんなに見てないです。
基本的にミュージカルそのものに興味がない(何度もすみません)のと、あっきーだけで手一杯の経済事情からcoldsweats01

和製ミュージカルの何がダメって、まず歌がダメ(をい)
うまいと言われてる方でも実際聞いてみると、う~んthinkこんなもん?sweat02って感じだし、歌とセリフの流れが不自然すぎる。これは海外と比較してどうこうとか以前から感じてたことです。
それがあっきーの「SHIROH」を見たら、歌声にガツンとやられたのはもちろん、セリフなのか歌なのかわからないくらいシームレス!日本にもこういう人がいたのか!?日本のミュージカルもここまで進化したか?!という第二の衝撃が(ミュージカルについての認識という意味で)
それであっきー舞台を通じて興味を持った俳優さんの出演作も少しずつ見るようにはなりましたが、確かに数十年前に比べると歌も演出も格段に進化はしているものの、やっぱり「中川晃教」が特別なんだ、と理解するに至りました。
(サードインパクトがあるのかどうか、それは永遠の謎bleah)

と、ざっとわたしのミュージカル歴を紹介してみましたが、長い前置きすみません。
そろそろ行きますよ。クリコレネタばれ。

今回のクリエミュージカルコレクション、まだ全貌は明らかになっていませんが、歌われる楽曲は、プログラムによると以下のミュージカル19作品から公演日、キャストによって一部楽曲を変更して披露されるとのこと。

『イーストウィックの魔女たち』
『エニシング・ゴーズ』
『エリザベート』
『キャンディード』
『三銃士』
『ジキル&ハイド』
『SHIROH』
『ダンス・オブ。ヴァンパイア』
『トゥモロー・モーニング』
『DRAMATICA/ROMANTICA』
『42nd Street』
『ブラッド・ブラザーズ』
『モーツァルト!』
『ラ・カージュ・オ・フォール』
『ラ・マンチャの男』
『ルドルフ ザ・ラスト・キス』
『レ・ミゼラブル』
『RENT』
『ローマの休日』

この中でわたしが見たものはといえば、
『エリザベート』
『キャンディード』
『SHIROH』※映像のみ
『モーツァルト!』
『ルドルフ ザ・ラスト・キス』
『レ・ミゼラブル』
『RENT』
たったの7作品。しかもM!と「SHIROH」以外は一回しか見てないので、見たうちに入るかどうかcoldsweats01 (歌とか具体的に憶えてなかったりして)

特に今回は山口祐一郎さん復帰舞台ということで、全体の構成の中心になっているヴァンパイアを見ていないことが個人的に大きなネックになりましたsweat02

いや、楽しめなかったわけではないんだけど、そしてこれはもう個人的な好みの問題としてお許しいただきたいのですが、全体的にあっきー以外の歌の部分はちょっと眠かった やや退屈 もう少しメリハリのある選曲 いやもうどう言えばいいかわからないけど、そして誤解のないようにお伝えしておくと、これは正しく「山口祐一郎さん、お帰りなさい」コンサートheart04であり、東宝ミュージカルファンに捧げられたコンサートとしては素晴らしいcrownshine
あっきーファン仲間にも祐さんのファンは多いので、ほんとにおめでとう!って思います。
そして、あっきー担当の歌の選曲については、東宝さんには心から感謝!感謝!heart01cryingheart04

え、だからね、何が言いたいかって、わたしはたぶん「ミュージカル」とか「舞台」とか「音楽」とかそういう枠組みではなくて、あくまで「中川晃教」が好きで行動しているのだということ。だからミュージカルきらいでもいいんだもんね。(居直った!)

« 中川晃教メディア情報(雑誌・ラジオ) | トップページ | CHESS吊り橋理論とダブルキャンディード »

コメント

私も、アッキーに出会うまで、
自分がこんなにミュージカル観る人になるとは思ってませんでした。

それまでも観てはいたけど、ストプレ、歌舞伎、能、狂言に比べると
圧倒的に少なかったです。
今となっては、アッキー以外の舞台を見ていることが圧倒的に少ない!

私たちにとっては、「中川晃教」という存在自体がひとつのジャンル!
ですね

>たかこさん
たかこさんはそっちからいらしたんですね。
わたしはスケート→バレエ→ダーリン→あっきーの流れです(笑)
舞台に関していえば、人にはまりやすいみたい。
だからやっぱりミュージカルじゃなくて、新ジャンル「中川晃教」ですねhappy01
このジャンルは奥が深いですよ~bleah
この先はまだはるか彼方みえない~♪(by 砂漠)

今回のクリコレに行ってみて、私も悟りました。「ミュージカル結構好き」と思っていたのがちがっていたってことを。見ていない演目がかなりありました。
アッキーにはまるまでは、ほとんど見ていなかったし。hildaさんのお言葉にいちいち納得です。
「ヴァンパイア」は好きかもしれません。フィナーレでの知念ちゃんとアッキーいい感じじゃありませんか?アッキーが出てくれたら、きっとリピートしちゃうな。

>YUKAさん
こちらにもコメントありがとうございます~。
そうですね、ヴァンパイア、おもしろいと評判は耳にしていたのですが、なぜかご縁がありませんでしたsweat01
もし次回再演があったら、今度こそ三度目の正直?で見たいと思います。
ミュージカルにしろ音楽にしろ、あっきーのおかげでそれまで興味なかった分野に足を踏み入れたことで世界が広がった、そのことはとても感謝しています。
これからもあっきーについていくと、いろいろおもしろいことに出会えそうですよね!(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/54593029

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージカルなんか大きらい:

« 中川晃教メディア情報(雑誌・ラジオ) | トップページ | CHESS吊り橋理論とダブルキャンディード »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ