あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« クリコレネタばれレポ続き | トップページ | ゲキ×シネ「SHIROH」1/18上映開始予定 »

2014年1月15日 (水)

クリコレネタばれあっきー編

何回か書きかけて、「SHIROH」で長くなりすぎて頓挫してるので、ここでは感想書くのやめた。(え゛sweat01)

■「SHIROH」より♪まるちり
シロー:中川晃教
ゼンザ+かくれキリシタンたち:アンサンブルのみなさん

■「三銃士」より♪ひとりは皆のために
アトス:岡田浩暉/今拓哉
ポルトス:中川晃教
アラミス:石井一孝
ダルタニアン:田代万里生/上原理生

■「ダンス・オブ・ヴァンパイア」より
♪ACT1 フィナーレ

クロロック伯爵:山口祐一郎
アプロンシウス:教授 石井一孝
アルフレート:中川晃教
ヘルベルト:田代万里生/上原理生
クコール:岡田浩暉/今拓哉

■「MOZART!」より♪僕こそ音楽
中川晃教

■「ジキル&ハイド」より♪時が来た
中川晃教

■「RENT」より♪Seasons of Love
石井一孝、涼風真世、岡田浩暉(今拓哉)、瀬奈じゅん、中川晃教、知念里奈、田代万里生(上原理生)

■「ダンス・オブ・ヴァンパイア」より
♪ACT2 フィナーレ

全員

※1/12公演から
■「エリザベート」より♪闇が広がる

トート:山口祐一郎
ルドルフ:中川晃教

「三銃士」なんであっきーが一番でかい、というよりビヤ樽みたいなポルトスなのか?
一番ちびっこいのはダルタニアンじゃないの~(笑)

「ダンス・オブ・ヴァンパイア」このミュージカルの評判は聞いていたのに見てないんだよね。今回はこれが致命的sweat02
な んでスポンジなのか、なんでそれが「とても大切」なのか、誰かわたしにレクチャーしてください(笑) アルフレートが想いを寄せているサラに関係すること かしら。お風呂場のシーンあったよね。見てないけど、公式ブログや友だちからの聞きかじりやウィーンミュージカルコンサートとかでも何回か楽曲だけは聞いてるのでね。
伯爵があっきーの前髪をくるくるってするのも、笑いが起きてたけどあれは単に絵として可愛いから??(それはわたしも思ったheart04)それとも何かもっと意味があるの?
ヘルベルトやクコールは出てきただけで笑われてるし、何なのよ~、わかんないよ~、とやや欲求不満なのでした。

ジキハイから「時が来た」これは以前指揮者の塩田さんとのトークイベントのとき、英語版を聞いていて、どっちかっていうとあっきーにはそちらの方が似合ってたような気がするんだけど、今回のは鹿賀丈史さんがやったジキハイと同じ歌詞なんですよね?
見てないからわからないけど、あっきー初めて歌う歌の方がはりきるというか新しい表現狙ってきますよね?まるちりも僕音もよかったけど、わたしはこの歌がソロ曲3曲の中では一番気に入りました。今の中川晃教の歌声の持つ魅力を存分に発揮できてると思うから。
特に「逃がすな」のところが好きですheart04

「RENT」のあっきーはジョアンのパートだった?なぜ女声パート(笑)
フェイクやや控えめ。もっとガンガンやっていいよ~(笑)
→ご参考動画(RENTのPV)

そして問題のデュエット「闇が広がる」
これについては、わたしはつくづく縁がないなとsweat02
以前瞳子さんのチャリティトークライブでも歌ったみたいだけど聞き逃してるし。
今回の曲とキャストの組み合わせ、変更のタイミングからすると、これはたぶん東京公演では、1/15まで。予想ですが、その後は万里生くんがルドルフを歌うのでしょう。最終週(1/20~)はもしかしたらまたあっきーかもしれないけど、わたしの手持ちチケットはもうあと今週末だけなんです。無理して最終週のチケットをゲットしても、曲が戻る(わたしが踊る時)可能性だってあるし、そんな博打みたいなことできません。

初日にあっきー担当曲を知った時はものすごく興奮して盛り上がったけど、それは自分も聞けると思えばこそ。
今回の曲変更はローテーションからして自分はおそらく聞けない、ってわかった時点でもうダメです。つらくてつらくて、聞いた方々の感動ツイとか見ては泣いてばかりweep<見なきゃいいだろ!
あっきーがすごい歌を歌って拍手喝さいを浴びたこと、その歌声を聞く幸運に恵まれたあっきーファンがたくさんいたこと、それを一緒に喜んであげたいのになんでできないんだろう?こういうのきっと心が狭いって言うのね。
すっごく自分勝手でわがままな感情だとわかっているけど、これはどうにもならない。
あっきーの歌はひとつも聞き逃したくない。
それが無理だとわかっていても。
聞けないことがバカみたいにつらいんですheart03sweat02

そしてそんな気持ちをこんなところに書いて、せっかく訪れてくれたみなさんの気分を盛り下げてるに違いないと思うと、ほんと申し訳ないthink

今の私足りないものはたぶん「足るを知る」こと。
クリコレにしたって、聞きたくともなんだかんだいろんな事情で前半にしか聞けなかった方や一回しか聞けなかった方、そもそも一度も来れなかった(地方公演にも行けない)方だっていらっしゃるのに、3回もあっきーの歌を聞けるわたしはむしろ羨まれる立場ですね。
それなのに一曲聞けないくらいでこんなにぐだぐだしちゃって。も~しょうがないな。

聞けなかった歌について考えてめそめそしててもしかたない。
次回ラストは運よく聞くことのできた歌をかみしめて幸せを感じよう。
そう自分に言い聞かせます。

でも聞きたかったな。(しつこい)

« クリコレネタばれレポ続き | トップページ | ゲキ×シネ「SHIROH」1/18上映開始予定 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/54624403

この記事へのトラックバック一覧です: クリコレネタばれあっきー編:

« クリコレネタばれレポ続き | トップページ | ゲキ×シネ「SHIROH」1/18上映開始予定 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ