あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 「SONG WRITERS」大阪公演開幕 | トップページ | 「CHESS in Concert2」歌稽古始まる »

2013年11月17日 (日)

「SONG WRITERS」大千秋楽おめでとうございます

ミュージカル「SONG WRITERS」大阪公演も無事に終了し、大楽はずいぶん盛り上がったみたいですね。楽しげな言葉が踊るTwitterを眺めながら、幸せだった舞台を反芻しています。
あっきーも、キャストのみなさんもお疲れさまでした。
そして見えないところで支えてくださったスタッフのみなさまもありがとうございました。

カテコで再演に期待するような言葉が聞かれたようですが、わたし自身は不思議とそれほど再演を切望してはいません。
もちろん、つまらなかったからじゃありませんよ。
自分の中ではすごく満足の気持ちが大きくて、十分幸せにしてもらったから。こんな風に感じるのは初めてかも。
まあ、でもこの幸せをもっともっとたくさんの方に分けてあげるために再演もちろん大賛成ですけど。

それにしても今回の音源も映像も残らないのはほんとに残念sweat02

ちょこっと書いたSW(笑)ネタ以外にもたぶんいろいろ仕掛けがありそうな気がする。
カルロ・ガンビーノというイタリアンマフィアが実在したこと、ほんとうにシナトラと「ダチ」だったこと、麻薬ビジネスには反対していたこと、つぶやいたけどパティ&ジミーのサンリオ風ネーミング、春麗ってストリートファイターだよね、とか細かいシャレが掘り返せばザクザク出てきそうです。

そしてわたしがこのミュージカルについて最後に(最後なのか)一言でまとめると、

「SONG WRITERS」はミュージカルというより優れたミュージカル論である。

え、わかりにくい?(笑)
解説する元気が今ないのでごめんなさ~い。

あるいは、

Life is a showtime

(そりゃ歌詞のパクリじゃん)

« 「SONG WRITERS」大阪公演開幕 | トップページ | 「CHESS in Concert2」歌稽古始まる »

コメント

ほんとうに楽しい舞台でした。
でもつくづく感じたのは、こんなにいろんなことが発達して便利な現代でも、舞台というのは、その時、その場に居合わせた人間だけが共有できる、非常に限定されたエンターテインメント、芸術だということです。
たとえDVDやライブビューイングで観ることができたとしても、あの空気の中で感じるものが全部は伝わらないと思う。それが宿命。
逆にいえば、それが魅力だと言えるし、そのためにチケットを買って、劇場に通うんですよね。

それでも、せっかく多くの才能と、努力と、時間を注ぎ込んで創りあげた舞台なのだから、せめて何かの形で残してほしいと思います。
DVDやCDだけでも十分楽しめるんですもの。もったいない。
どう頑張っても劇場に来られない人だっているんですもの。
もし再演があったら、公演前からDVD化の要望をじゃんじゃん送ることにしましょう! 

カルロ・ガンビーノ、実在したんですね。
春麗も、どこかで聞いたことがあるなとは思ったんです。(ストリートファイター、やらなかったので) ヨーコはどこから?
ピーター・フォックスって俳優はいるみたいだけど、関係ないですよね。

>ミミさん
ほんとに舞台は生モノ。一期一会ですよね。
でもDVDはともかくせめてCDにして音楽だけは残してほしかった、と思いますね。
ヨーコのネーミングは、NYのヨーコといえば?ぱっと思いつくのはオノヨーコさんかな?と秘かに思っていました。
ピーター、ポール&マリーという反戦メッセージ色の強いフォークグループもいましたが、エディがいないですね~(笑)
ニックのセリフにはベトナム戦争に対する反戦メッセージも込められていましたよね。
ベトナム帰りといえばピーターだったかエディだったか、どっちの部屋か忘れてしまいましたが映画「タクシードライバー」(1976年)のポスターもありました。
ミュージカルとしても優れた作品だと思いますが、1970年代のさまざまな現象に対する思い入れが感じられる舞台でした。
岸谷さん、雪之丞さんに対する評価が急上昇しました(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/53966188

この記事へのトラックバック一覧です: 「SONG WRITERS」大千秋楽おめでとうございます:

« 「SONG WRITERS」大阪公演開幕 | トップページ | 「CHESS in Concert2」歌稽古始まる »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ