あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« こんなあっきー見たことない☆「SONG WRITERS」初日 | トップページ | ゲキ×シネ「SHIROH」品川プリンスシネマで »

2013年10月 6日 (日)

「SONG WRITERS」初日のカテコとかいろいろ

毎度後で書く書く詐欺になってしまってますが、今日は少し元気なので、昨日お約束の初日カテコの様子を書いてみたいと思います。
とは言っても挨拶の言葉とか、細かい文言はもちろん憶えてないので、だいたいそんな感じのことを言ったのか~、とゆる~く思っててください。

フィナーレがあって、(フィナーレがあるんですよ)一度みなさんでご挨拶してはけた後で、ほんとのカーテンコール。キャストのみなさん、順番に登場してご挨拶です。
3回目くらいかな、客席もすごく盛り上がってたから、自然にスタオベ始まりました。
わたしはA席でかなり後方でしたが、後ろから見てると一階席はほぼオールスタンディング。全部は見えなかったけど、2階席やボックス席でも立ってる方の姿が見えました。

座長、屋良くんからのご挨拶は、「ありがとうございます。とりあえず初日開きました」とりあえずって~(笑)そして「すみません、緊張してます!」(笑)
いやいや、緊張して普通だから。

「素晴らしいキャストやスタッフと一緒に作ってきた舞台、特に岸谷さんと森さんの愛がいっぱい詰まった舞台です」と言って、客席の岸谷さんたちを紹介してくれたような。

岸谷さんと森さんは通路より後ろのセンターブロックはしっこのあたりでご覧になってました。
開演直前にお二人が客席に入ってこられた時に期せずして拍手がわきましたよ。
観客の期待にみごと応えてくれましたね~happy02

あ、そして屋良くんのご挨拶は、うまくまとまってもう終わりかな、と思ったら「あっきーからも一言」って!その前にあっきーのことを紹介するのに、「物語の中でのパートナー、プライベートでも」相棒と言ったかな、仲間と言ったかな?なんかそんな感じで言ってくれてうれしかったです。

あっきーも、これまでまわりが大人(年上)ばっかりでかわいがられキャラだったから、やっと同世代の対等な仲間ができたのがうれしそうでした。(勝手な推測)

「ありがとうございます。今日はみなさん、楽しんでいただけましたか」で大きな拍手がわいてよかった。「ほんとに楽しんでますか?!」までいくとあっきーも緊張してる証拠だって友だちが言ってた(爆)

何言うかな~?って一瞬ドキッとしたけど、今日のセリフミスについてbleah
まあ、このくらいはネタばれとも言えないと思うので…。
あっきーピーター、ヒロマリーに向かって「エディはどうして…?」って言っちゃったsweat01
それを受けてマリーが「エディ?わたしはマリー」って、うまい具合に切り抜けてくれたんです。これでもう島袋さんには頭が上がらない?!(爆)

そしてあちこちの取材記事でも屋良くんとあっきーのなかよしぶりを見せてますが、ここでも屋良くんがあっきーはめんどう見のいいお兄ちゃんみたいで、マッサージしてくれるんだよねとかまたべたべたしてたから、、、じゃないとは思いますが(笑)
いい感じで締めようとしてたところに武田くんが「あのぼく、どうしても言いたいことが…」
なに、なに、なに?
「ぼく、今日あの○○○のシーンで笑っちゃって…森さんの脚本も岸谷さんの演出もすごく緻密なのに、あそこだけはどうしても意味がわかんなくて」
突然の告白に客席大爆笑です。
そう、確かに○○○で笑っちゃってセリフがうまく言えなくなっちゃった。
あれはそういうわけだったのか。
そこにあっきー、「いやあれには深い意味が」
えー、ほんとー?
「長くなるからやめよう」って打ち切りhairsalon

いや、可笑しかったな。なんかまるで武田くんがぼくも仲間に入れて~、みたいな感じで割り込んできたから(笑)
さあ、これからご覧になる方は、武田くんのために○○○のシーンの意味をみつけてあげてくださいwink

で、また締めようとしてると今度はコングさんが「本日は…」とか言いかけてみんなでズッコケ。もうもうほんとに観ててあきないカンパニー。カテコだけでコントの劇場できちゃう(笑)

ほんとに楽しかったです。カテコ含め。
これはかなり予想外(爆)

期待してたのとちょっと違ってたところもありました。
まずストーリーがあらすじから想像してたのと全然違う展開に転がっていく。それはそれで納得できるものではありましたが。そして数々のツッコミどころはあれど、二幕の拷問シーン(あ、ちょっとネタばれ)あたりで、あ、これは漫画だ、コミックだ、と気がつきました。
現実にはありえない世界、ありえない物語、でもどこかほっとする、昔の無国籍「外国」漫画なんだ~、と思って受け入れられればあなたの勝ち。
あとは素直にシーンごとに楽しむだけです。

期待と違ってたその2は、屋良くんのダンスはもっとガンガン来るのかと思ってたので、少し肩透かしかな。いや、いっぱい踊るんですけど、ちょっとソフトっていうか。
と思ったら、今回はご本人の振付まったくないんですね。
藤林さんの振付はかっこいいし、けっこう難しいんじゃないかと思うけど、そのくらいは難なくこなしちゃってるってことなのかな。もうちょっとがっつり踊ってほしかった。
その分、意外にも、なんて言ったら失礼coldsweats01、歌がうまくていい声だったのにびっくりです。いや、わたしかなり好みです。どうしよう(笑)

期待と違ってたその3は楽曲。思ったよりいい。(また失礼!)どの歌もわかりやすい歌詞とキャッチ―なメロディ、テーマソングなんか、プログラムに歌詞も書いてあるし、舞台中でも何回かリプライズするから一回聞いただけで耳に残って歌えちゃいます。
あっきーが歌う歌のうち、わたしは恐竜のバラードが好き。
あまり歌い上げるような強い歌ではなく、切ない恋の歌なんだけど(しかもとてもピーターらしい)、これはたぶん日にちを重ねるうちにどんどん進化しそうですよ。恐竜だけに。
恐竜と思ってたら、いつの間にか始祖鳥になって飛び立っていった、なんてね。歌が、ですよ。

いやいやいや、どんだけ期待してなかったかバレちゃったcoldsweats02たはっsweat02

なんで今、こんなにだらだらと書いてるかと言うと、次の観劇は三週間後なので(笑)
ネタばれしないように、なんて控えてると忘れちゃう~。

だから今のうちに初日の感想できるだけ書きとめておかないと。最後とどう変わったか比較検証できないもん。

あといいなぁと思ったのはいずみん、こと泉見洋平くんね。
むちゃくちゃキーパースンなので、役名も書けないという(笑)
でもすごくいい役。公開稽古の画像で藤林さんとデュエットする姿がチラッと見られますが、とーってもすてきざんすlovely

キャスト以外のところでは、インタビューで五朗さんが言ってたプロジェクションマッピング。この効果はすごいです。平面に映像を映し出すだけでなく、でこぼこしたセットに投影してあっという間に背景を変えてしまう。これは舞台技術としても画期的なものとしてこれからどんどん取り入れられそう。だって背景ボードを作らなくてもいいんだもの。
このプロジェクションマッピングという最先端技術の導入と、キャストによるアナログな動きを組み合わせると…いろいろとおもしろいことが起きますよ。

これからご覧になる方はいいなぁ、いろいろ発見するお楽しみがあって。
でもリピーターはリピーターで、日替わりのアドリブやハプニングを楽しむことができそうな作りになってるから、一回だけでも楽しいし、何回見ても楽しい舞台になってると思います。

あ、そうそう、ロビーに”もうひとつの幸せキャンペーン”なる貼り紙がしてあって、何かと言うと要するにリピーターズチケット。半券提示でS席が10500円→9500円になるですと。曜日が限られていまして、平日のみのご用意だそうです。
前にご紹介した e+ の<特別企画>も合わせてご検討ください。

わたしは、追加するとしたら千秋楽かな。
どこかに落ちてませんか~?bleah

長すぎるのでいいかげん、おしまいにします。

« こんなあっきー見たことない☆「SONG WRITERS」初日 | トップページ | ゲキ×シネ「SHIROH」品川プリンスシネマで »

コメント

ネタバレにならずに舞台に興味を持たせる素敵なレポありがとうございます。いつも感謝しています。
恐竜の歌わたしも大好きです。

>キリコさん
コメントありがとう!happy01
わ~い、キリコさんにほめられた、うれしい(笑)
恐竜の歌すてきですよね。
日を追うにつれてきっとどんどん進化していくに違いないと確信してます。
千秋楽行けそうなので、最後にどんな姿を見せてくれるか、すごく楽しみですlovelyheart04

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/53516235

この記事へのトラックバック一覧です: 「SONG WRITERS」初日のカテコとかいろいろ:

« こんなあっきー見たことない☆「SONG WRITERS」初日 | トップページ | ゲキ×シネ「SHIROH」品川プリンスシネマで »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ