あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 兵庫公演も無事終了 | トップページ | 音楽劇「あかい壁の家」金沢公演大楽終了 »

2013年9月 2日 (月)

夏休みの日記その6.音楽劇「あかい壁の家」仙台公演

長い一日の最後は、元々この旅の目的地日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)で音楽劇「あかい壁の家」を観劇。

Seinenbunkacenter01_2

Seinenbunkacenter02

Seinenbunkacenter03

2013年8月21日(水)19時開演
音楽劇『あかい壁の家』
会場:日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)シアターホール
座席:G列下手寄りサイド
作・演出:渡辺えり
音楽監督・作曲:近藤達郎
テーマ曲作曲:中川晃教
キャスト:
中川晃教/高岡早紀/馬渕英俚可/稲荷卓央/土屋良太/田根楽子/若松武史
緑魔子/渡辺えり
奥山隆/瑚海みどり/石田恭子/小出奈央/佐藤友紀
石山知佳/川口龍/泉佑里奈/大鶴美仁音/小倉卓
形桐レイメイ/金宮良枝/Kiyoka/栗山絵美/佐川守正
十倉彩子/林田航平/藤本沙紀/宮島朋宏
生演奏 バンドネオン:川波幸恵

会場のシアターホールは、約600席弱のキャパですが、ほぼ満席状態でした。
キャストの金宮さん(振付師役)ブログに画像がありますが、客席通路が本多劇場と比べるとずっと前の方にあり、わたしは少し後ろから見ていたのですが、まだ客電明るいうちに入ってきた凡平に友だちと二人で「来た来た♪」と盛り上がってました(笑)
この友だちは、あっきーファンではなく、バレエ繋がりの友だちなのですが、妖精さん登場シーンで「シルフィードだね」と耳打ちしてきて、そうそう、そうなのよ~!バレエのシルフィードのポーズです。わかってくれてうれしいhappy01
前からそうだったかわかりませんが、助手も同じポーズしてました。

今回少し残念だったのは、音響があまり良くなくて(響きすぎ?)細かいセリフや歌詞が聞き取りにくかったこと。せっかくこの作品の舞台になっている現地公演なので、東北ネタや笑いのツボ、もうちょっとしっかり届けたかったなと思いました。

でもそれ以外は舞台の上は大熱演でした!歌も踊りも。
舞台の幅が少し広いのか、左右の移動が大きく感じました。
特に笑ったのが、紅嶋先生をエスコートしている振付師さんが頭で押して移動させるところ、若松さん、完全に寄りかかっていて全然前に進まず、距離もあるので金宮さんすごい苦労して押してました(笑)

笑いのポイントがたぶん違うだろうとは思いましたが、愛島でかなり受けてましたね。やっぱり地元の固有名詞が出てくると反応ありますね。他にはアトムの敷物でもけっこう受けてました。

東京と演出が変わった、と感じたところ。
・最初のあか壁テーマ曲の演奏、少し前奏が長かったような。これは気のせいかもしれません。(その間下手の赤いテーブルセットの後ろで待機してる渡辺えりさんが四つん這いで隠れているのを見てしまいました)
・オデオン座の小劇場で声が響くという説明で、関西人の新郎新婦が「マコト~」「ミチコ~」と叫ぶところ、「二人の愛は永遠や」と付け加えられていました。これで横穴の落書きと結びつきますね。
・味噌会社の社長と社員たちがポンペイの音楽祭とミュージカルオーディションの説明をするところで、社長の言葉を受けて浪子さんが「味噌は力、味噌は命、味噌は必須アミノ酸を多く含み最も栄養価の高い食品云々かんぬん」と力説するところが全部社長のセリフになっていました。社長のこのキャンペーンにかける意気込みを強く印象付けてよかったと思います。

変わったわけではないけど、初めて気が付いたこと。
・山形出身作曲家志望のゆりちゃんはサクランボ模様のブラウスcherry
・下手のセットで、紅嶋先生が座る椅子とテーブルは青で、凡平のとうちゃんかあちゃんが座るのは白だった。ずっと同じかと思ってました。
・ねえちゃんが恋しくなった凡平が抱きつく前にねえちゃんの顔にさわろうとして拒絶される(笑)←これはもしかしたらこの日だけのハプニング
・これは東京楽後に気が付いて、今回確認できたんだけど、赤黒ダンサーズが踊り、花嫁二人がデュエットで歌う歌は「PASSIONE」と同じメロディ。ワルツ風のダンスミュージックにアレンジされてるからずっと気が付きませんでした。

な~んて、基本のストーリーや音楽データもまとめずいきなりこんな風に書いても、見た人にしかわかりませんよね。すみませんsweat01

ほんとはぜんぶ語りたい。
音楽について、繰り返される言葉について、生者と死者が時間と空間を縦横無尽に行き来するえりさん独特のマルチキャストについて。

この舞台は、黙って座ってれば目の前で楽しく歌ったり踊ったり、ドラマチックな物語が語られて涙を誘ったりする他のミュージカルやお芝居とは違います。観客も一緒に巻き込まれて(悪)夢のような世界に参加することを求められている、そういう作品だと思っています。
わたしはこういうの大好きなんですが、わけわからず戸惑う方が多いのもわかります。
わたしも昔小劇場大ブームの頃に全然ついて行けなくて置いてきぼりくらった気分になったものです。今こういうのを受け入れられるようになったっていうのは、やっぱりタイミングなのかな。
オフィス3○○の公式サイトにアップされている感想は、絶賛か好意的なものが多いですが、個人的に聞く限りではわかりにくいという声がすごく大きいのです。そういう方々はわざわざ否定的なことなんかアンケートに書かないですよね。
その「声なき声」をどう受け止めて、どう活かすか…なんて、もう残り1公演になってしまった今さら仕方ないのですが。
今回メディアのレビューもすごく少なくて残念な気持ち。
この作品の良さが理解されないのだとしたら。

見ながら個人的にいろいろ調べたりもして、そのたびになるほど、と思ったりして、それをここで公開できればよかったんですが、もう生活と仕事で手いっぱいで、全然余裕なくsweat01

ポンペイとモーツァルト
イシスとホルス
アポロンとアルテミス
米沢織の状差し
アマゴイルリトンボ
奢侈品等製造販売制限規則
特高と治安維持法
南極二号 ※あまり積極的に調べないことをお勧めします。
仙台大空襲
アッと驚く為五郎
リラの咲くころバルセロナへ
雷神山古墳
宮沢賢治のグスコーブドリの伝記
浜田広助の泣いた赤鬼
遠野物語

そのうちちゃんとしたまとめができないまでも参考リンクくらいは公開するかもしれません。

まあ、でもあっきーファン的には前も書いたけど、これだけ出ずっぱりの歌いっぱなし、しかもあっきーにぴったりの二つのキャラだから、それだけでも楽しめましたよね!(ここだいじ)
仙台公演の話に戻りますが、会場ロビーで物販をチェックしたら、東京で買いそびれたTシャツが2000円(東京2500円)だったので赤をお買い上げ。友だちが買ったプログラム(これも1200円→1000円)を見せてもらったら、なんと中に歌詞カードが入っている!
セリフと同様歌の歌詞もとても重要な役割を果たしているので、これは貴重。
というわけでこれもお買い上げ。東京でも入れてほしかったな~。

お花がたくさん届いていました。

Flowers4a01

Flowers4e01

あっきーには東北高校校長先生から。
えりさん宛てにはたくさん届いていましたが、これ!日和山の近くで見た看板のかまぼこやさん!繋がりがあったんですね。びっくり。

というわけでそろそろ時間切れです。
また何か思い出したり、まとめられるネタがあったらアップします。

【追記】
カテコのこと書こうと思ってて忘れてましたsweat01
カテコは計三回。
最初は普通に、渡辺えりさんのご挨拶。「閖上」という地名を出すべきかどうか最後まで迷ったお話。でも現地での復興支援活動を通じた交流の中から、やはりどうしてもこの地名を使おうと思ったことなど。
二回目では、あっきーが仙台出身だということ、若松さんのお父さんが宮城出身であることなど紹介。あっきーは「いまですか??」と何か挨拶しなきゃと思ったのかな?でもそれはなく(笑)
三回目は、初めからあっきーキーボードに向かい、

♪仙台はいいとこだっちゃ
♪仙台はいいとこだっちゃ
♪今日はみんな来てくれてありがとぉ~~~

と歌ってくれましたhappy01

物語の舞台になっている場所(ややこしい)を訪れた後に見た公演は、わたしにとって特別なものになりました。ある意味一生忘れられない光景になったかも。

これでようやく仙台公演レポ終了(たぶん)

« 兵庫公演も無事終了 | トップページ | 音楽劇「あかい壁の家」金沢公演大楽終了 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/53114064

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みの日記その6.音楽劇「あかい壁の家」仙台公演:

« 兵庫公演も無事終了 | トップページ | 音楽劇「あかい壁の家」金沢公演大楽終了 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ