あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 夏休みの日記その6.音楽劇「あかい壁の家」仙台公演 | トップページ | 「SONG WRITERS」に向けて »

2013年9月 2日 (月)

音楽劇「あかい壁の家」金沢公演大楽終了

「あかい壁の家」大千秋楽無事に終了したようですね。
おめでとうございます!happy01
本多劇場から始まり、日本縦断ツアー公演がこれですべて終了。
最後まで見届けたかった、という思いはいまだにありますが、東京6公演、仙台1公演、計7公演見ることができて、自分なりにこの舞台の世界を感じ取り巻き込まれ理解できた、と思っています。
めちゃくちゃなようでちゃんと全部繋がっている、渡辺えりさんの演劇世界はやっぱり大好きです。
みなさん、お疲れさま。あっきー、お疲れさま。
この公演を通じて、あきらめないこと、苦難から立ち上がる力、そして希望shineがきっと全国に届いたと思います。
えりさん、ありがと~heart01

あっきーは、この舞台で自分の最大の武器である歌声はもちろん、美しく場面にもぴったりな劇中歌の作曲を通してソングライターとしての才能も存分に発揮、さらには音楽的な魅力のみならず、役者としての成長も感じることができて、あっきーファン的にはこれ以上ないくらい幸せな舞台だったと思います。
えりさん当て書き、さすがあっきーの魅力をちゃ~んとわかってくれてましたよね。
も~、えりさんにはひたすら感謝です。

これは紙面かどうかわかりませんが、公演ご案内。

■北國新聞おでかけニュース

渡辺えりさんら音楽劇 赤羽ホール

チケット完売と聞いていたけどこういうお知らせが出るってことは当日券は出たんでしょうね。だからって行けなかったですけどsweat01

ああ、でも金沢行きたかったな~(しつこい)
戯曲本とDVDはぜひとも出していただきたいのですけどね。
要望は多いとスタッフの方もおっしゃってたので、ぜひぜひ前向きにご検討を!

【追記】
この舞台のキーワードのひとつに「偶然」がありますが、たとえば9/1防災の日=関東大震災の日に兵庫公演だったこと、大楽金沢公演の日に「あまちゃん」で3/11のあの瞬間を迎えたことは偶然なのでしょうか?えりさんは、放送スケジュールも内容も知っていたはずですよね。
今日放送の「あまちゃん」を見て、驚愕の方が大きすぎて目にしたものを信じ難く受け入れがたかったあの日の緊張と混乱がまざまざとよみがえりました。
それともやっぱり、たまたま?なんでしょうか。
だったらそれはそれですごい偶然ですよね。
(しかしクドカンうますぎ。録あま組のわたし、今日は帰宅してから録画を三回見ました)

思い出せ、忘れるな、というメッセージはゲゲゲの時も強く感じましたが、あか壁でも悲しみを忘れるのではなく悲劇を歌に変えて苦難を乗り越える力にしようという終盤のコーラス曲「行け我が思いよ」はえりさん流「民衆の歌」とでも言うべき素晴らしい応援歌になっていました。
悲しいこと、つらいことを、なかったことにして忘れるのではなく、きちんと向き合って乗り越えなければ。それは震災被害に遭われたみなさんだけではなく、生きてる人間みんなに言えること。わかりにくいわかりにくいと言われつつもこの歌の持つ普遍性と力強さは、きっと誰の胸にも届いて、各地方公演での成功にも結び付いたような気がします。
この歌だけじゃないけど。音楽の力ってやっぱりすごい。

と、話がばらけてきたところで、終わります。
仙台公演の追記します。

【追記2】
だらだら書いてるうちに、渡辺えりさんのブログ更新されていました~。
ほんとに最後までまめに更新してくださって、ありがとうございます。
あっきー、少しお疲れさん?でも充実の笑顔。
赤羽ホール、ちょっとりゅーとぴあを思い出すデザインです。
やっぱり行きたかったな~。(だからしつこいって)

ちょうど約一か月の公演。半分は旅回りで。
大変だったと思うけど、その分達成感とか満足感は大きいかも。
→馬渕英俚可さんのつぶやきも。
ほんとにみなさま、お疲れさまでした~。

« 夏休みの日記その6.音楽劇「あかい壁の家」仙台公演 | トップページ | 「SONG WRITERS」に向けて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/53124132

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽劇「あかい壁の家」金沢公演大楽終了:

« 夏休みの日記その6.音楽劇「あかい壁の家」仙台公演 | トップページ | 「SONG WRITERS」に向けて »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ