あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 夏休みの日記その3.サマージャズ番外 | トップページ | 凡平キューピー »

2013年8月26日 (月)

夏休みの日記その4.閖上(ゆりあげ)へ

写真の整理に手間取っちゃってsweat01遅くなりました。
「あかい壁の家」仙台公演、いろいろ紆余曲折あって行けると決まったのが東京公演開幕の直前。そのときは仙台の友だちと、南三陸の被災地を訪れてウニ丼食べよう、なんて話していたのですが、東京公演始まって実際の舞台を見たら、せっかくならこの作品の舞台になっている閖上という場所に行ってみたいと思うようになりました。
そして日和山から凡平の見た風景を見たい。
そんなわたしのわがままを聞いてくれて、慣れない道を探しながら車で一緒につきあってくれた仙台のTさん、ほんとにありがとう。
あの場所で感じたものを言葉にするのはとても難しくて、写真では伝えきれないものの方が大きいのですが、「あかい壁の家」をご覧になった方、これからご覧になる方、被災地の現在にご興味のある方のご参考までに、何枚か画像をアップしてみようと思います。

国道から名取市内に入り、津波被害に遭った地域に入ると、突然視界が開けます。そのはるかかなたにポツンと小さく、時々高く生い茂った夏草に隠れるほどのその山が見えてきました。回りに何もないので、本当に目印のように、ここだよと呼んでいるかのようにポツンと。

Hiyoriyama07

日和山。少し離れて見るとその小ささがわかると思います。このわずか6mあまりの小山をはるかに超す8mとも10mとも言われる大津波が襲いました。

Hiyoriyama08

Hiyoriyama03

Hiyoriyama06

この階段の手すりは今年の3月11日、三回忌の慰霊祭のために募金を募って設置されたそうです。

Hiyoriyama04_2

山頂には二つの神社が祀られています。元々ここにあった海を守る弁天様を祭る富主姫(とみぬしひめ)神社と、震災で同じように全壊し、ここに遷座してきた閖上湊(みなと)神社。

またここには、太平洋戦争の戦災で亡くなった方々の慰霊碑もありました。

Hiyoriyama05_2

渡辺えりさんは、仙台公演のカテコで、この舞台化の際に「閖上」という地名を出してよいものかどうか、かなり悩んだとおっしゃっていました。でも復興支援活動を通じた地元の方々との交流や、この日和山で戦災没者の慰霊碑を見たことなどから、どうしてもこの作品では「閖上」を舞台にしようと決めたそうです。

山頂からのながめ。四方八方何もありませんが、はるかかなたにかすかに海の水平線が見えています。この日は蒸し暑く、海もかすんでいますが、凡平が見た海の色はもう少し青かったかもしれません。地面も夏草に覆われてもはや「ただの茶色」ではありませんね。

Yuriage08

Yuriage07

あれから二年半。何事もなかったかのようににぎわう市街地を離れるとまだこんなにも手つかずの場所が残されている。そのことに衝撃を受けました。

少しだけ和む風景。日和山のふもとに小さな花壇ができていました。

Yuriage06

Yuriage02_2

遠くに見えるお寺も被災しています。

Yuriage04

Yuriage05

ロータリークラブのみなさんの手によるものみたいですね。ひまわりの黄色が少しだけ気持ちを明るくさせてくれました。

Yuriage09

港の方に漁船が見えたので、漁ができるくらいには復活してるのかな、と思ったら、市場が再開しているとのこと。行ってお買い物して、少しでも復興支援にと思ったけど、残念ながら水曜定休日でした。→閖上さいかい市場

Yuriage01

いろいろ感じることが大きすぎて、しばらくこのあずま屋で一休み。

Hiyoriyama01

何しろ回りに何もないし、被災地を一望できるのはここだけということもあり、最近ではこの場所を慰霊のために訪れる方も多いらしいです。わたしたちがいる間もひっきりなしに車やバスがやってきては山頂で参拝されてました。

帰り際に目に入ったかまぼこ工場の跡?なのかな?看板はかまぼこ会社ですが。為五郎さんはこのかまぼこ工場で映画のポスターを見たのかもしれませんね。映画館オデオン座は、夏草に埋もれて…。

Sasanao

この後、ちょっと確認したいことがあって、仙台空港に向かう途中。

Yuriagechu01

Yuriagechu02

閖上中学校と小学校の前を通りました。中学校の時計はよく見るとあの時間で止まっていました。わたしたちは、ただ通り過ぎただけですが、この後同じ場所を訪れた友だちが小学校と中学校の画像を貸してくれました。(Tさん、ありがとう)

Yuriage_chugaku02

Yuriage_rakugaki

↑中学校の黒板の落書き。

↓小学校の体育館だけが公開されて、遺品が展示されていたそうです。凡平がみつけた米沢織の状差しもこの中にあったのでしょうか。

Yuriage_shougakkou01

Yuriage_minato

右の写真は閖上港近くから。

次の目的地は仙台空港ですが、少し長くなったので今日はここまで。やっぱり夏休みの宿題全部できなかった~。

【追記】
ご参考。お時間と心に余裕のあるときご覧ください。

読売新聞の動画特集「東日本大震災」
【震災から半年】閖上・日和山の祈り
http://www.yomiuri.co.jp/stream/sp/earthquake/earthquake_172.htm
東日本大震災2年 宮城県名取市閖上
http://www.yomiuri.co.jp/stream/sp/earthquake/earthquake_233.htm
大震災から2年 竹灯籠で追悼 閖上
http://www.yomiuri.co.jp/stream/sp/earthquake/earthquake_245.htm


« 夏休みの日記その3.サマージャズ番外 | トップページ | 凡平キューピー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/53046421

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みの日記その4.閖上(ゆりあげ)へ:

« 夏休みの日記その3.サマージャズ番外 | トップページ | 凡平キューピー »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ