あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 夏休みの日記その2.サマージャズ後編 | トップページ | 夏休みの日記その3.サマージャズ番外 »

2013年8月26日 (月)

「あかい壁の家」久慈公演も終了

渡辺えりさんのブログが更新されています。
久慈の様子、その1その2その3
久慈公演、無事に終わったみたいですね。おめでとうございます&お疲れさま。
観客は700人。3万規模の人口の市で告知から2週間ではかなり健闘したといえるのではないでしょうか。それにこのお芝居を見るにはちょうどいい観客規模だったのでは。1200いっぱいだったら逆に遠すぎて一体感生まれなかったかも。なんて思います。
凡平登場シーンの反応、東京やその他の会場でも勘違いされた話(中にはスタッフまで!)を聞きましたが、久慈のみなさんは温かいですね~。笑いで迎えられたあっきー、どんな気持ちだったでしょう(笑)

それにしてもえりさん、忙しい合間を縫ってほんとに活動的。
伊藤多喜男さんの歌は、以前野外イベントで一度聞きました。
民謡のイメージを覆すようなパワフル&ソウルフルな歌声でした。
いろんなつながりがあるんですね。

あか壁次の公演は、28日福岡。旅公演の後半戦開始ですね。
久慈からの移動がまた遠い!みなさん、がんばってo(*^▽^*)o
自分ではもう見ることはできないけど、ずっと応援してます。
東北と震災被災地、被災者への思いとメッセージがあふれたこの作品が、東北を離れた場所で上演されて、どんな風に受け止められるかも興味深いです。

夏休み日記その3.はやっぱり無理そうgawk おやすみなさいnight

« 夏休みの日記その2.サマージャズ後編 | トップページ | 夏休みの日記その3.サマージャズ番外 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/53034187

この記事へのトラックバック一覧です: 「あかい壁の家」久慈公演も終了:

« 夏休みの日記その2.サマージャズ後編 | トップページ | 夏休みの日記その3.サマージャズ番外 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ