あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« JPMAサイトにあっきーインタビューパート1. | トップページ | 『ゲゲゲのげ~逢魔が時に揺れるブランコ~』DVD発売 »

2013年8月 1日 (木)

音楽劇「あかい壁の家」開幕

Hondagekijo01

無事に初日の幕が開きました。おめでとうございますshine

音楽劇『あかい壁の家』
会場:本多劇場
公演期間:2013年8月1日(木)~11日(日)
作・演出:    渡辺えり
劇中劇作曲:中川晃教
キャスト:
中川晃教/高岡早紀/馬渕英俚可/稲荷卓央/土屋良太/田根楽子/若松武史
緑魔子/渡辺えり
奥山隆・瑚海みどり・石田恭子・小出奈央・佐藤友紀
石山知佳・川口龍・泉佑里奈・ 大鶴美仁音・小倉卓
形桐レイメイ・金宮良枝・Kiyoka・栗山絵美・佐川守正
十倉彩子・ 林田航平・藤本沙紀・宮島朋宏
生演奏 バンドネオン:川波幸恵

Hondagekijo02

 

まだ初日ですし、わたし自身見たり聞いたりしたことをまとめるなんてことが不可能なので、基本情報のみ。

Hondagekijo03

上演時間は、事前のシアターガイド情報では、2時間20分ということでしたが、来てみたら、2時間30分。休憩なし。
実際の終演時間もカーテンコール含めて9時38分だったので、正味そのくらいかな。
ゲネで延びたか、逆に長いの整理つかなかったか。
今後公演期間中に少しずつ変わっていく可能性あり。
物販は、プログラム1200円、デザインTシャツ(数色あり、値段チェックしてこなかったsweat01) あとはあっきーのコンサートDVDとかPOPSSICほかCD販売。

Akakabe_program

このプログラムもポスターやチラシと同じビジュアルですが、「時計じかけのオレンジ」のアレックスみたいなメイクのあっきー、舞台では全然違ってました(笑)

でもわたしはけっこう気に入ったけどね。特に仮面劇風ミュージカルのところ(笑)

物語は、、、って書けないんだった(笑)

もちろんまだうまくまとまった感想など書けないというだけでなく、時間も時空も自由自在に行き来する渡辺えりさんの舞台はゲゲゲで慣れておいたおかげで、今回はすんなり入り込めました。

つじつま合っても合わなくてもいい。わかる人だけわかればいい。みたいな(笑)

今回特に3.11と東北に向けたメッセージということを意識したせいか、東北にまつわる様々なキーワードがバンバン放りこまれていて、かなりびんびん来ました。

ここでそのキーワードだけでもメモっておこうかと思いましたが、それこそがネタばれになっちゃうので難し~sweat01

東北生まれでよかった。と思いました。
そうでなければピンと来ない部分が多すぎて、そのためにこの舞台そのものの価値も理解できなかったかも。

別にそうかって、東北人じゃなければ楽しめないかって言ったらそうでもないんです。

あっきーファン的には、とにかくしょっぱなからあっきーが歌う歌う、踊る、長台詞を決める、そしてまた歌う、弾き語りで。もっと歌う、アカペラで。もうそれで十分です。

あっきー以外では、なんといっても緑魔子さん。素晴らしいshine
昔から独特の雰囲気をまとった方ですが、あの年齢不詳さと可愛らしさはいったい何なんですかっ!
そして若手アンサンブルキャストの中では特に大鶴美仁音さんがすごい。とにかく演技が濃くてエネルギッシュimpact 小劇場パワーさく裂!impactimpactimpact(笑)
唐十郎さんのお嬢さんですからね。そりゃ小劇場というかアングラ体質(最近はDNAとか言いたがる)は引き継いでますよね~。

まだまだ理解も共感もできてはいない舞台ですが、ゲゲゲのときみたいに何回か見てるうちに、そうか、そうだったのか?!flairっていうポイントが増えていくと思う。
いつはまるか、ただタイミングの問題。

劇場ロビーで重要な告知がありました。お知らせは次の記事にしますね。

ああ、でも(こっちが)熱出そうなくらいのエネルギーあふれる舞台でした。
熱いのはいいんですが、あっきーが一瞬セットの上から落っこちそうに見えたシーンがありまして(お姉ちゃんに抱きつくところ)最後までケガなくお勤めできますように。と強く願います。
幕が開くのも降りるのも、ただの普通じゃなくて、幸運と多くの方の尽力の結果であり、奇跡に近いめぐり合わせだと知ってますよね?わたしたち(って誰)あっきーファンは。
無事の幕開け、本当によかった~heart01heart04
あっきー、お疲れさま。みなさん、お疲れさま。
次回は土曜日に観劇予定です。

« JPMAサイトにあっきーインタビューパート1. | トップページ | 『ゲゲゲのげ~逢魔が時に揺れるブランコ~』DVD発売 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/52703748

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽劇「あかい壁の家」開幕:

« JPMAサイトにあっきーインタビューパート1. | トップページ | 『ゲゲゲのげ~逢魔が時に揺れるブランコ~』DVD発売 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ