あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« ミュージカル「SONG WRITERS」チケット一般発売開始 | トップページ | 「ONE-HEART Musical Festival 夏フェス」7/12ソワレ »

2013年7月13日 (土)

白あっきー黒あっきー黄あっきー♪

なんだか十周年コンサートみたいなタイトルになってしまった(笑)

昨日開幕した「ONE-HEART Musical Festival 夏フェス」@シアタークリエ、あっきー出演日だった昨日のソワレと本日のマチネに行ってきました。
昨日は、時間を間違えて遅刻wobbly、オープニングを見逃すという失敗もありsweat01
予想以上の長さ(3時間20分)と内容の濃さに、すっかり疲れ果てて帰宅してバタンキューsleepy
今朝もなかなか起きれなくて、ブログの更新もできずスミマセン…coldsweats01
(なんで謝るんだろう)

いや、楽しいミュージカルコンサートでしたよ♪
でもちょっと詰め込みすぎ、盛り込みすぎっていうか、お腹いっぱいで~す。
でも2回見られてよかったけど。
今回チケ取りがめちゃくちゃきびしくて、お互い一公演は見よう!を合言葉に確保したチケットを友だちと譲り合ったりして、なんとか知り合いはほぼ希望通りの公演を見られたみたいです。こういう時のあっきーファンどうしの助け合い精神ってすごいと思うのよ。みんな優しいよね。ほんとにヴァンパイヤ!じゃなかった(笑)ありがとうございました~happy01shine

で、全体的なセトリと感想の前に、ここをご覧のみなさんが一番知りたいであろう、あっきーが歌った歌のリストを先にアップします。
(せめてこれだけアップしてから出かけたかったけど、そんな余裕もなくsweat02)

【第一部】
■人のツバサ    新感線☆RX「SHIROH」より
中川晃教、アンサンブル    (シロー、お蜜、ゼンザ、マツ)

■闇が広がる    「エリザベート」より
中川晃教、伊礼彼方    (トート&ルドルフ)

【第二部】
■Dance With The Devil    「イーストウィックの魔女たち」より
大澄賢也、中川晃教    (ダリル&マイケル・スポフォード)

■私こそがふさわしい    「マリー・アントワネット」より
中川晃教    (オルレアン公)

以上4曲歌ってくれました。

「SHIROH」から「人のツバサ」、つい先日ゲキ×シネの話を書いたばかりですが、この歌でわたしはあっきーに墜ちました(笑)
出だしの「♪どこだろう」で髪の毛が逆立ち、次の「♪風の塔がある」の繊細なメロディの転がし方?でざざ~っと鳥肌がchick あんなに一瞬にして心奪われたのは生まれて初めて…ではなかったけど(え゛)、衝撃の大きさでは最大級でした。
この歌を以前一度だけ、コンサート(2009年STB「HOUSE!」)で歌ってくれたんだけど、たぶんそれ以来?こういう舞台つながりのイベントで歌ったのは初めてとあっきーも言ってました。
その時もセリフをまじえて歌い演じてくれたんだけど、一人で(笑)今回はアンサンブルさん(ごめん、お名前わかりませんsweat01)がお蜜さんやゼンザ、マツの役を演じてくれて、凧揚げの映像まで!
あのシーン丸々再現してくれたのがうれしかったですhappy02
もちろんわたしが墜ちた映像のあっきー(22歳)とは違ってるけど、今現在の中川晃教の歌声で聞けてうれしかったし、やっぱり今のあっきーの歌声が大好きだ~!と再認識できてよかったです。
衣装も全身真っ白で、ちょっとスカイ入ってましたが(笑)紗のストールとか光沢のあるパンツとか、シローのふわふわした衣装のイメージも取り入れてる感じでした。
これが白あっきー。

2曲目は、前回とは曲違いのトートです。
去年だったかな?わたしは行ってないんですが、瞳子さんのディナーショーでこの曲をルドルフとして歌ったんですよね。その時やっぱりトートをやりたいだったか歌いたいだかって言ってたみたいなんですが、望みが叶ってよかったねhappy01
今度は全身黒の衣装。シャツの胸を大きく開けて、折り目に銀色のステッチが入った黒パンツに黒光りする細かいブロックみたいな(すいません名称がわかりません)ブーツなんですが、裏が赤!普通に歩いてると見えないんですが、大きく動くとチラッと見えてかなりオシャレ。襟と袖口が毛皮風になってるシースルーのガウンもちょっとセクシーlovely
これが黒あっきー。

第二部の2曲はわたしが見たことのないミュージカルから。
イーストウィックって森公美子さんがフライングしたので有名なアレですよね(笑)
大澄賢也さんのデビル(笑)にそそのかされる草食系のマイケルくん。このあっきーがめちゃくちゃ可愛かった!heart02heart04
黄色いポロシャツに赤と紺の蝶ネクタイ、赤いメガネ、赤と紺のボーダー靴下、ピンクのスエード靴、そして緑の半ズボン(爆) 半ズボンの似合う30歳ってなかなかいないと思うけど(笑) これが黄あっきー。いや緑あっきーでも。
衣装とビジュアルのことしか書いてないみたいですが、歌ももちろんよかったです。
けっこう難しい歌だと思うけど、自然に歌いこなしてましたね。
そして去り際、賢也さんに「あっきー♪」と呼ばれてうれしそうに付いていくあっきー(笑)
初日は「焼き肉食いに行こう、叙々苑のな」と言われて「はい♪」
今日のマチネは「鰻食べに行こう、浜松まで」と言われていました。
ソワレはどんなネタだったのか??情報求むpaper
(一路さん差し入れのカツサンドだったらしいです)

「マリーアントワネット」通称MAも見てませんsweat01
だから誰の歌なのか、どういう流れの中で歌われるのか初日は全然わからなかったんですが、調べてみたらオルレアン公、東宝ミュージカルでは高嶋兄が演じた役のようです。
「私こそがふさわしい」って、何にふさわしいのかと思ったら、ルイ16世の従兄で王座を狙ってた方らしいですね。ふてぶてしく自信に満ちて、少し厭世的な雰囲気も醸してたのはそういうわけですか。これも良い選曲でした。最近黒いあっきーもなかなか良いんですよ。
ほんと、演技の幅広がりましたよね。
この時の衣装は、下半身はトートと同じ。←変な言い方すんな
トップスは、白地に細かい黒の豹柄…じゃないんだけどそんな感じのシャツに黒レザーのベスト。
髪型はそれぞれちょっとずつ違ってた気もしますが、基本形はウェーブを横流しにして少し金ラメふってたかな。かっこよかったです。

というわけで、ピュア&キュートからダークまで、あっきーのいろんな側面が楽しめたショーでした。
その他の楽曲と感想はまた別記事で。

« ミュージカル「SONG WRITERS」チケット一般発売開始 | トップページ | 「ONE-HEART Musical Festival 夏フェス」7/12ソワレ »

コメント

「私こそがふさわしい」
初めて聴きました。
あっきーが出演するミュージカルしか見ていないので
このコンサートで使われた楽曲では知らない曲が多かったですsweat01
「私こそがふさわしい」はダークな雰囲気で聴きごたえがありました。
あっきー、声色の変化で怖さを感じさせたりして良いですよねheart01

こういった沢山のミュージカルが集まったコンサートは
あまり行きませんが
衣装や髪型も曲によって変え
ミニミニミニミニミュージカルをみているようで面白かったです。

>じゅんぺいさん
お疲れさまでした!(心から)
今回歌だけでなく、ちょっとずつお芝居が入ってたのもよかったですよね。
ひとつセリフがあるだけで、物語の世界に入っていける。
わたしも知らない、見たことないミュージカルばっかりでしたcoldsweats01
でもあっきーの歌はどれもよくて、それぞれ全編通しで見てみたいと思わせてくれました。それが狙い?(笑)
ほんとに楽しかったですね♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/52439069

この記事へのトラックバック一覧です: 白あっきー黒あっきー黄あっきー♪:

« ミュージカル「SONG WRITERS」チケット一般発売開始 | トップページ | 「ONE-HEART Musical Festival 夏フェス」7/12ソワレ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ