あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« フォトグラファー木村洋之さんのサイトにSONG WRITERS写真 | トップページ | おわくり更新 »

2013年6月 9日 (日)

「ロックオペラモーツァルト」ライヴ盤CDが届きました。

朝目覚しより一時間も早く目が覚めてしまい、二度寝するとCD到着のピンポン聞き損ねるといけないと思って起きてたら、9時過ぎに到着しましたcdscissors
思ったより早かった♪佐川さん、ありがと~。
もちろん発送手配してくれたN.A NETWORKのみなさま、ありがとうございます。
FC予約特典の舞台写真も各1枚同封されていましたheart01
歌詞と舞台写真付きブックレットも各バージョン、なかなか豪華です。
ただ、各モーツァルトとサリエリが登場する場面は当然別の写真ですが、二人とも現れない場面の写真は同じ。実際は、それぞれのバージョンで同じ場面であっても違うはずなんですが。ま、そこまではこだわりなかったってことでしょうかcoldsweats01

さっそくルージュバージョンから聞き始めていますが、なんだか一気に聞いてしまうのがもったいないような。
あ、終わった。次はインディゴ♪(結局がまんができない)

Cd_cover

個人的には、このカバー写真の場面は逆じゃないのかな~?という気がしてますbleah
タトゥーはあっきーの歌、夢支配はこーじくんというイメージが。

Musicalnumbers

Booklets_2

収録曲見えますか?後で公演情報ページの方にまとめますが、ボーカル曲だけでなくオープニングのマスカレードもちゃんと入ってたし、アロイジアのアリアや歌姫のラクリモーザも入っていてよかった!happy02

思ったよりたくさんセリフも入っているのでうれしいんですが、できればプロローグのサリエリとモーツァルトのやりとりも入れてほしかったな~。なんて、贅沢ですね(笑)

再演の時はぜひDVDを~movie

【追記】
一通り聞いてみました。
最初に思ったのは、POPSSIC のクオリティを求めてはいけないなぁ~、ということcoldsweats01
やっぱりあれは特別だったんですね。

特にあっきーモーツァルトのルージュバージョンの方に強く感じましたが、やっぱり生とは違う。当たり前なんですが、POPSSICに慣れ過ぎですねsweat01

見る前の予想では、圧倒的にルージュバージョンが良いだろうと思って、ライヴCD出たら、あっきーモとあっきーサでプレイリスト作る気満々だったのですが、実際の舞台を見たら、インディゴVSルージュ、甲乙つけがたし!で大反省bleah
で、いまライヴCD聞き比べたら、これは…。ライヴ盤だけの評価で言うと、わたしは断然インディゴです!crownshine
この収録があった東京楽を実際に見ていますが、あの日のこーじくんモーツァルトは、全日程通しても最高の出来だったと思うし、あっきーサリエリも鬼気迫る迫力で、それはCDを通じても感じられ、何度も鳥肌立つくらいでした。

ルージュバージョンの収録はいつだったのかわかりませんが、その前日だとすると、それもわたしマチソワ見てるはずなのですが…。う~ん、こんなだっけかな??

POPSSIC 効果で物足りなさを感じてるだけかもしれませんが、何だろう?やっぱりあっきーの歌声には、生でないと感じられない何かがあるような気がします。普通の録音ではとらえきれない何か。

そんなこと言ったら、あっきー以外のキャストの歌声だって生とのギャップはあるはずですが、山本くんはじめ他の方々にはあんまりそれを感じなかったのですよね。

というわけで、わたしの評価は、

CDルージュ<CDインディゴ<生インディゴ≒生ルージュ

ですかね~。比べるもんじゃないって?(笑)

あとちょっと気になったのは、ルージュのジャンルが「Soundtrack」でインディゴが「Rock」だったこと。アーティスト名の表記も違ってるから、単に統一しそびれただけかもしれないけど、あっきーモはロックじゃないんですか~??と思いました。

待ちくたびれるほど待ってやっと手に入れた「ロックオペラモーツァルト」ライヴ盤CD。
もちろん編集しないでそのまま聞きます!ルージュもインディゴも。
これで7月のクリエまでなんとか持つわgood

公演時に書きそびれた、あんなことやこんなこと、思い出したら何か書くかも。書かないかも。(どっち??)

【追記2】
フィナーレの曲はやっぱり「Debout Les Fous」でした。

« フォトグラファー木村洋之さんのサイトにSONG WRITERS写真 | トップページ | おわくり更新 »

コメント

CDが出ただけでも良しと思う事にしました。

>tabibito さん
正しい!paperhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/51971248

この記事へのトラックバック一覧です: 「ロックオペラモーツァルト」ライヴ盤CDが届きました。:

« フォトグラファー木村洋之さんのサイトにSONG WRITERS写真 | トップページ | おわくり更新 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ