あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 懐かしいメンバー | トップページ | 中川和泉ちゃんの予定 »

2013年6月16日 (日)

自分に正直に

「ロックオペラモーツァルト」ライブCD、数日間を置いてまた聞き直してみた。
今度は聞きたい曲だけのプレイリスト。
要するにあっきーの歌のみですが。
これはやらないと思ったんだけどな~。
全体を通してこそのミュージカルだし。と思っていたのですが。
舞台を見るのと楽曲だけ聞くのにこんなに落差があるとは思ってなかったので。
聞いてストレスになる音楽はパス!ごめんなさい。
で、聞きたいものだけならべて聞いたら、舞台全体の流れはもちろん再現(脳内的に)されないものの、あっきーの歌声を通して各場面は鮮やかに蘇ります。(もちろん実物ともあやふやな記憶とも違う)それはもう再現ではなく、「再生」あるいは「新生」ですね。
舞台を直接見ていた時とは違う、新たな物語の誕生。

自分を守るために自分に正直なるって大切。

そして、公演期間中のインタビュー↓、一度ご紹介してますが、お友だちに言われていまあらためて読んでみたら、ライブCDから聞こえてくる歌声の味わいがいっそう深くなった気がします。

女性自身のインタビュー

どんな舞台も得るものはたくさんあって、それぞれ思い出深いものだと思いますが、この舞台は苦しんだ分、ほんとうに新しい力をもらった、と言えるのではないでしょうか。
わたしにとってもミュージカルアクターとしての中川晃教の力量と成長を確信できた舞台でした。

やっぱりまた見たいな~。

« 懐かしいメンバー | トップページ | 中川和泉ちゃんの予定 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/52066553

この記事へのトラックバック一覧です: 自分に正直に:

« 懐かしいメンバー | トップページ | 中川和泉ちゃんの予定 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ