あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 残念な結果にはなってしまったけれど | トップページ | 中川晃教明日FM福岡ラジゴンに生出演! »

2013年5月10日 (金)

あっきー文豪になる

行けないはずだったリーディングドラマ「鴎外の恋人 舞姫」の夜公演をお友だちのご好意でチケット譲っていただき、見ることができました。
鴎外の処女作「舞姫」と鴎外自身の留学先での恋人との関係を解き明かしていくドキュメントと「舞姫」そのものの朗読を織り交ぜた構成で、あっきーは主に「舞姫」や鴎外の作品(詩や短歌)担当。難しい漢文調の文体をそれほど違和感なく読みあげ、演じてました。
衣装は、照明の加減でグレーっぽくも見えるベージュのスーツに、白シャツ、胸のポケットに白地に黒い水玉模様のチーフ。ネクタイはこれまた照明の加減で紺色にも茶色にも見える…。(どっち~?)髪は後ろで一本にまとめていました。

実は、この公演見る前に(っていうか見ないと思ってたので)予習?として原作本を読もうと思ったんですが、図書館に行ったら検索では在架になってるのに、どうしても見当たらず、代わりにその元になっているNHKスペシャルのDVDを借りて見たんです。
キーワードになっている、モノグラムの型金は、映像で見ないと言葉からだけではちょっと想像力が追いつかない感じで、そこがちょっと惜しかったかな。

NHKスペシャルの映像の最後に、庭先で「トリスタンとイゾルデ」を歌う晩年の鴎外の姿があったのですが、その場面が取り入れられて、あっきー舞台の前面に腰かけて少し歌いました!

というところで、唐突ですが今日はわたしは他に宿題抱えてまして、このレポの続きはまた後で。でも友だちに約束したので、必ず書きますよ。ちょっとお待ちくださいpaper

【追記】5/11朝
おわくりブログ
が更新されて、他の3人の出演者の方々との写真がアップされています。

【追記2】5/11夜
会場にいらしてた辰巳真理恵さんがご自身のブログにあっきーとのツーショットをアップしてくださってます。二人ともうれしそう(笑)

« 残念な結果にはなってしまったけれど | トップページ | 中川晃教明日FM福岡ラジゴンに生出演! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/51578830

この記事へのトラックバック一覧です: あっきー文豪になる:

« 残念な結果にはなってしまったけれど | トップページ | 中川晃教明日FM福岡ラジゴンに生出演! »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ