あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 青山劇場よ永遠に | トップページ | 吉本百年物語三月公演千秋楽 »

2013年4月 8日 (月)

VIVA☆Democracy!!

舞台「銀河英雄伝説 第三章 内乱」
場所:青山劇場
2013年4月7日(日)18:00~
出演:     河村隆一 / 横尾渉(Kis-My-Ft2) 二階堂高嗣(Kis-My-Ft2)
馬渕英俚可 白羽ゆり / 天宮良 渡辺裕之 石坂勇
園岡新太郎 井田國彦 伊藤哲哉 内浦純一
岩永洋昭 はねゆり 荒木健太朗(Studio Life) 中村誠治郎 川隅美慎
長江崚行 中山由香 高山猛久 深澤英之 佐藤和久 bable
間宮祥太朗 / 中川晃教 貴水博之 ほか

原作:田中芳樹 「銀河英雄伝説」シリーズ(創元SF文庫刊)
脚本:村上桃子
演出:西田大輔

感想の前に、初日の情報から上演時間が変わっているようです。
聞くところによると4/2公演くらいから変更されたもよう。

Aoyamat02

【上演時間】
第一幕65分
休憩20分
第二幕95分
上演時間計3時間00分

★参考終演時間
18:00~21:00
18:30~21:30
13:00~16:00
11:30~14:30

今日はカテコの時、時間を確認したら20:50でした。
今日はロイエンタールの内浦さんの38歳(!)のお誕生日ということで、ヤンの音頭取りで会場みんなでハッピーバースデイを歌い、そのまま〆の挨拶もおまかせ(笑)

カテコというかフィナーレ?では同盟篇のテーマソングだった河村さんの「Searching for the light」をみなさんで歌うのですが、歌い出しがジェシカとフレデリカなのは一緒ですが、その後は少し担当が変わっていました。アンネローゼの白羽ゆりさんのソロパートが入っていましたね。あっきーポプランの担当は変わらずで「♪この胸を離さないから」ですが、その前は確か前回は河村さんだったところをオーベルシュタインの貴水さん、あっきーの後を受けてラインハルトの間宮くんが歌ってました。あっきーのコーラスが、あったかな?記憶あいまい。河村さんの歌声はさすがの安定感です。

そしてね、あっきーが叫ぶ「VIVA! Democracy!」(民主主義万歳!)
この物語の続きと、ポプランがこの先選択する道を思うと、ある意味とても皮肉な言葉なんだけどね。

感想って言えるほど、ちゃんとした感想は書けそうもないので、ざっくりした印象だけ。
でも思いっきりネタばれですのでご注意ください。

同盟篇、撃墜王と見てきて、このシリーズにはもうあんまり演劇的な期待をしてはいけない(笑)と思って覚悟して見ましたcoldsweats01
あきらめ半分、そしてまた今回も失望の方が大きかったら、今度こそ情け容赦なく叩こうと思って虎視眈々と(笑)

そうやって期待値低~く設定していったせいか、思ったよりよかったです。
舞台の動きが予想以上によかったのは、半分は青山劇場の素晴らしいメカニズムのおかげだとしても、それを縦横無尽に駆使した制作スタッフの力だと思うし、脚本もこれほどたくさんの登場人物を抱えているにもかかわらず、帝国側と同盟側、二つの物語を破綻なく、バランスよくまとめていました。(かなり上から目線)
ストーリー的には、ほとんど原作どおりかな?
もう細かいところはだいぶ忘れてますがcoldsweats01 (今回読み返す元気なかった)
第一章で描いた同じ場面をなぞるのはちょっと苦しかったかな~。一章のキャストがよかっただけに。いや別に今回がよくないと言ってるわけではあるんだけどねbleah

あっきーポプランは相変わらずの子犬キャラで、ちっとももてそうに見えないしsweat01アドリブシーンでのシェーンコップ連隊長と並ぶとその身長差にちょっと愕然(笑)
このお遊びシーンでのふざけ方が、これまでの酒場シーンに比べて、あまり唐突感がなく全体の流れを壊してないのはよかったです。
ちなみに今日のシェーンコップの口説き方は、浮気を疑う彼女(あっきー)が石を蹴ってる(笑)と、「なあ、男でも女でも浮気するやつはするし、しないやつはしない。俺はしないよ。あっきーだけだ」(がばーっ)「どうだ、好きになっただろう」「うん…」(爆)
「ちくしょう、ほんとに好きになっちゃいそう!(笑)」
でした。
もうひとつの場面では、パンティとかカーテン?(ガードルだろとツッコミあり)、にんじんに食いつくお馬くんみたいなあっきー(笑)
何回もコーネフにばしっと叩かれるのは痛そうだったなぁ。
まあでもこのお笑いシーンにあまり違和感がなかったのは何よりでした。
今までは、笑いながらも、いい加減にしろ!と言いたくなるようなつらさがあったので。
これも慣れかな?
今回ポプランは、戦闘シーンでのアクションや歌(撃墜王のときの「The end of the story」)などの見せ場はあるものの、ストーリー進行にはあまり大きな関わりを持たないので、やっぱり「特別出演」的な印象を否めないです。
それでも「モーツァルト」以来の舞台上のあっきーが生き生きと動いてる姿を見るのは、それなりにうれしいものですheart01

いくつかの印象的なシーン、ヤンとジェシカ、ジェシカの最期、リンチとアンスバッハ、カテコまでぶれないオーベルシュタイン、若返った(笑)ユリアン、アンネローゼ、ミッターマイヤー、ビッテンフェルトのそれぞれのダンスシーン、それから、それから、、、

一番感銘を受けた人の話が最後になってしまいました。
ヤンとともに今回の実質的な主役(っていうか原作では元々主人公)ともいえるラインハルト役、間宮祥太郎くん。弱冠19歳。敵からは金髪の孺子(こぞう)と呼ばれ、支持する者からは常勝の英雄と呼ばれた野望に燃える若き軍人をキラキラモードshineで演じて、そりゃもうまぶしいのなんのlovely
声にも張りがあるし、姿は美しいし、他を寄せ付けない圧倒的なカリスマ性もある。特に目がいいですよeye これは掘り出し物!

マントの扱いとか、まだもうちょっと改善の余地はありそうなんだけど、いやとにかく目を引きつけます。あっきーいない間はラインハルトをずっと目で追って意識をシンクロさせている(笑)

惜しむらくは、そのラインハルトが失ってあれほど嘆き悲しむ半身ともいえるソウルメイトが、その嘆きの深さに見合うだけの魅力的なキャラだったらもっとよかったんだけどな~。(最大限婉曲的に言ってみた)

この人(間宮くん)を見にいくだけでも観劇の価値はあります!(きっぱり)

残念だなと思うのは、今回の客の入りがイマイチなこと。せっかく本筋に戻って、原作ファンにもそこそこ受け入れられそうなのに、肝心の見てほしい観客が来ない。これまでの積み重ねの上での判断だから仕方ないのですが。

一度去ったファンは、そう簡単には戻ってきませんよ。

チケットを売るために人気のキャストを投入しても、結局は失ったものの方が大きかったことに気づいてください。(誰に言う)

本来この舞台に関心を持ち、見てくれるはずの観客の信頼を回復するには時間がかかるでしょう。でももしもまだこの先このシリーズを上演し続けるつもりなら、時間はかかってもキャストの人気に頼るのではなく、演劇として良いものを作り続けることが必要と思います。逆にここで軌道修正できないようだと、この先の道はかなり険しいと思う。

今回のラストシーンは、ヤンの査問委員会召喚命令が出たところまで。まだまだ先は長いぞ~。ほんとに最後までやる気ですかね?第一章とのだぶりが少しもったいない気がしますが、時々こうやっておさらいしながらやってかないとその時初めて見た人にはわかりづらいのかも。しかし原作知ってるわたしでも時間軸の流れや、横のつながりが見えにくいところがあったから、知らずに見る人にはちんぷんかんぷんかも。

新しいファンを獲得しつつ、これまで支えてきたファンも繋ぎとめる(あるいは取り戻す)努力しないと先はないと知るべし。(あんた何さま?)

間宮くんがどれだけ素晴らしいラインハルトさまでも、それだけじゃ1万円のチケット買えないですもん。(あれ、あっきーは)

といったことをほんとはアンケートに書くべきでしたが、長すぎて書けなかったので、ここでつぶやいておきます。(届かないじゃないかー)

ざっくりなんて言って、けっこう長くなってしまったsweat01

また思い出したら、書きます。

会場ロビーには、シリーズ作品の歴代ポスター展示、イゼルローン要塞の模型の展示などがありましたが、どれも「撮影はご遠慮ください」の貼り紙がsweat01
グッズならいいかな。

Nairangoods01

Nairangoods02

プログラムとクリアファイル。そして生写真。今日から急きょ発売の間宮くんのセットも買っちゃいました(笑)

« 青山劇場よ永遠に | トップページ | 吉本百年物語三月公演千秋楽 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/51138913

この記事へのトラックバック一覧です: VIVA☆Democracy!!:

« 青山劇場よ永遠に | トップページ | 吉本百年物語三月公演千秋楽 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ