あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« おわくり更新と赤い壁の家 | トップページ | 大阪でみかけた変なもの »

2013年3月19日 (火)

いまさらワンダフルコンサート

いや、やっぱり一応アップしとこうかなっとcoldsweats01sweat01

Wonderful07

Wonderful02

Wonderful03

Wonderful05

Wonderful06

↑会場周辺と館内の風景。

ハハ(郡 愛子)とアキボン(中川晃教)のワンダフル・コンサート
【日時】2013年 3月9日(土)15:00
【会場】川口総合文化センターリリアホール(音楽ホール)
【出演】
郡(こおり)愛子(司会進行・歌)
中川晃教(歌・ピアノ)
松本康子(ピアノ)

【セットリスト】
第一部
1. 花                (郡・中川)
    (作詞:武島羽衣/作曲:瀧廉太郎)
2. 人生とはこんなもの        (中川)
    (L.Bernstein「キャンディード」より/訳詞:橋本邦彦)
3. 私は何にでもすぐ染まる    (郡)
    (L.Bernstein「キャンディード」より/訳詞:橋本邦彦)
4. ああ、幸せな二人        (郡・中川)
    (L.Bernstein「キャンディード」より/訳詞:橋本邦彦)
5. ONE HAND, ONE HEART(ピアノ演奏) (松本)
    (L.Bernstein「ウェストサイドストーリー」より)
6. バラ色の人生            (郡)
    (原詞:E.Piaf/作曲:P.Louiguy/日本語詞:郡愛子)
7. そして今は(ピアノ弾き語り)    (中川)    *英語 Ver. (What Now, My Love)
    (原詞:P.Delanoe/作曲:G.Becaud)
8. マイ・ウェイ            (郡)
    (原詞:G.Thibault/作曲:J.Revaux&C.Francois/日本語詞:中島潤)
9. 春(ピアノ弾き語り)        (中川)
    (作詞・作曲:中川晃教)
10. 夜明けのうた        (郡・中川)
    (作詞:岩谷時子/作曲:いずみたく)

第二部
1. I WILL GET YOUR KISS(ピアノ弾き語り)    (中川)
    (作詞・作曲:中川晃教)
2. おかあさん(ピアノ弾き語り)    (中川)
    (作詞:郡愛子 作曲:中川晃教) ※作詞もあっきーとの情報あり
3. パパ、聞こえる?        (郡)
    (作詞:A.&M. Bergman/作曲:M. Legrnd/日本語詞:郡愛子)
4. 北の宿から            (中川)
    (作詞:阿久悠/作曲:小林亜星)
5. リンゴ追分            (郡)
    (作詞:小沢不二夫/作曲:米山正夫)
6. HAPPY DAY            (中川)
    (モーツァルト「トルコ行進曲」より~作詞・作曲:中川晃教)
7. うつくしい日々        (郡・中川)
    (モーツァルト「レクイエム」"Lacrimoza"より~作詞:中川晃教)
8. 終わりのない愛        (中川)
    (チャイコフスキー「白鳥の湖」より~作詞・作曲:中川晃教)
9. これ以上の愛は        (郡)
    (ショパン「別れの曲」より~作詞:郡愛子)
10. 谷間の風            (郡・中川)
    (ドボルザーク「新世界より"家路"」から~作詞:中川晃教)

アンコール
AMAZING GRACE            (郡・中川)

※特に記述のない曲は、松本さんのピアノ伴奏

【追記】2014/02/11
遅れてまとめてアップしようとして、さらに放置してましたsweat01
感想をちゃんと書いてなかったのでいつか、と思っているうちにこんなに日が経ってしまって。
気がつけばもうすぐ1年じゃないか(笑)
もはやそのときの感想なんて思い出せないけど(メモしたけど見直す気力もなく)、印象に残っているのは、完全アコースティックなクラシックコンサートであっきーの生声が聞けてうれしかったこと。思えば郡さんのお口添えでHAKUJU HALLを使わせていただけたところから始まって、ポピュラーウィーク3回(2010~2012)の出演や、河村隆一さんのNo Mic. No Speakersコンサートへのゲスト出演(2010)を経て、もうすっかりマイクレスにもなじんだ歌声notes その成長にもうるうるweep<母ですか
郡さんとのデュエットは、古いテレビ映像(映画音楽とかNHKふれあいホールとか)でしか知らなかったけど、まったく違和感なしで感慨深かったです。
後で知ったことですが、「おかあさん」という歌は、実はあっきーの作詞作曲だったみたいで、とても胸に響く歌だったから、ぜひ一回で終わらせないでまたどこかで聞かせてほしいです。「母」のひとりとしてお願い<やっぱり母か?!

あとは、えーと、コンサート内容とは関係ないですが、あっきーのサイン入りチケットホルダーが数量限定で販売されていました。

Ticketholder2

ただ数量限定だったのと、事前の告知なく休憩時間のみの販売だったので(すぐトイレに並んだりして)気づかなかった方も多く、入手できなくてみんな残念がってました。
このホルダーは以前あっきーFCイベントで販売されたもので、わたしも1枚持ってますが、サインだけでなくこの一言がうれしくていつもはあまりサインに惹かれない(笑)わたしも思わずゲット。

こういう小さな心遣いというのかな、これがどんなにファンにとって貴重かってこと、もしかしたら気づかずに単に数量限定でサイン入りだったら売り切れるかな~くらいの気持ちでの販売だったのかもしれないですが、できれば今後はもうちょっと機会均等でお願いしたい。

っていうかFC会員向けのグッズ、たとえばカレンダーとか、このチケットホルダとか、全部サイン入りでもいいと思う。

なんか最後は文句で終わってしまいそうなので、関連記事をリンクしておきますbleah

気になる歌声
http://hildaslullaby.cocolog-nifty.com/note/2013/03/post-e856.html

男なら…
http://hildaslullaby.cocolog-nifty.com/note/2013/03/post-af65.html

同じ日のさかきー&目玉トリオライブ「Music In Art」について。
http://hildaslullaby.cocolog-nifty.com/note/2013/03/music-in-art.html

« おわくり更新と赤い壁の家 | トップページ | 大阪でみかけた変なもの »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/50830613

この記事へのトラックバック一覧です: いまさらワンダフルコンサート:

« おわくり更新と赤い壁の家 | トップページ | 大阪でみかけた変なもの »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ