あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« ホワイトデイのおわくり更新 | トップページ | モーツァルトの夢からさめない »

2013年3月15日 (金)

真夜中のモーツァルト

ワンダフルコンサートのこと、モーツァルト大楽のこと、書きたいネタはいっぱいあるのに、体調悪かったりしてなかなか書けずにいますがsweat02

フランス版「L'OPEARA ROCK MOZART」のCDを聞いていたら、モーツァルトとサリエリの美しいデュエットの中で繰り返される「♪シンフォニ~」と聞こえるところの歌詞は何を言ってるんだろう?と突然思い立ち、友だちに教えてもらった翻訳サイトをのぞいてみました。

そしたらまず、「シンフォニー」ではなく、「S'il faut mourir」でしたcoldsweats01
意味は日本語版の歌のタイトルになっている「死すべき定めなら」。
そうだよね~、Symphonie なら発音は「サンフォニー」だもんね。(♪ラササンフォニ♪)
そして突然訳してみたくなったので、訳してみます。英訳版(5つもある)を元にしてるので、オリジナルのフランス語版とは少しニュアンス違うかも。

Vivre A En Crever
生きよう最後まで

人はみな死んでゆく
思い出の行方も知らぬまま
ため息のようにはかない命

涙も 恐れも
もうどこにもない
それでも叶わぬ
昨日の望みを嘆くのか

(繰り返しここから)
死すべき定めなら
生きよう 最後まで
何もかも 胸におさめて

死すべき定めなら
墓に刻もう
死も時間も笑い飛ばせと
(繰り返しここまで)

やさしく抱きしめる
この命を
愛する人のように
もう一度触れ合えるなら
ほかに何もいらない

愛しい人よ この胸に飛び込んでおいで
ほかにできることなどないから

(繰り返し)

また逢おう
また逢おう
すべての意味が失われた場所で
そのときわかる
人はどこから来たのか

(繰り返し)

以下は耳コピった、モーツァルトの歌詞。
ヤバイかもしれないけど、↑の直訳と読み比べていただきたいので。

死を恐れ 無駄に過ごす
人生に 意味などない
涙も 苦しみも
いつか消える
残るのは思い出だけ
昨日の自分悔やむより
恐れず今日という日を生きよう
最後まで
明日はもう来ないなら
笑い飛ばそう 何もかも
Oh oh oh ...
また会おう また会おう
その時わかる
すべての意味が
Ah ah ah ah ...

こうして見ると、日本語版の歌詞はものすごくよくできてるなって思います。
原詞と若干意味合いが変わってるところもありますが、日本語としてむしろ自然でわかりやすい。
単なる歌の歌詞でも訳すの大変なのに、歌詞で物語を伝えなければならないミュージカルの訳詞は責任重大。元の意味を落とさず離れず、しかも「音」として耳に心地よくなくてはならない。
この訳詞は、上演台本の吉川徹さんのお仕事と思われますが、この歌だけでなく、どの曲も素晴らしいgoodshine
時間と精神的余裕があれば、いずれ他の曲についても原詞のご紹介できればと思います。

【追記】
途中まで書いてオチがつかずに放置してあった記事ですが、もったいないのでこっそりアップしておきます。

« ホワイトデイのおわくり更新 | トップページ | モーツァルトの夢からさめない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/50769267

この記事へのトラックバック一覧です: 真夜中のモーツァルト:

« ホワイトデイのおわくり更新 | トップページ | モーツァルトの夢からさめない »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ