あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« あかい壁の家ツアーとチラシ公開 | トップページ | あっきーが新作ミュージカルに出演 »

2013年3月 6日 (水)

『POPSSIC』発売記念中川晃教ミニライヴ&握手会

Yamano130305

『POPSSIC』発売記念中川晃教ミニライヴ&握手会
 日時:2013年3月5日(火) 18:300開演
 会場:銀座山野楽器本店7Fイベントスペース JamSpot

出演:
中川晃教 (Vocal/Pf)
大坪正(Pf)
榊原長紀 (Guitar)
西方正輝 (Cello)

【セットリスト】
1. ビリー・ジーン (Pf+Gt+Cl)
2. I WILL GIVE U WHAT U WANT (Pf+Gt+Cl)
3. フタツ、ヒトツ Futa-tu, Hito-tu (あっきーPf+Cello)
4. 月光~カンラン石 (Pf+Gt)

「POPSSIC」収録時のメンバーがそろった贅沢なミニライブshine

あっきーは髪をひっつめ後ろでまとめてお団子風に。
黒いニットセーターに銀色チェーンのネックレス&ブレスレット。
黒のレザーパンツ。靴は見えませんでした。

あっきーからの指令(笑)を受けて「正直な感想」をツイートしてくださったみなさんのまとめ。
http://togetter.com/li/433431
ちょっと久しぶりに更新してみました。

取り急ぎこれだけ。
トークの内容など、つぶやきやレポにもありますが、後で思い出せるだけ追記します。出来たら(笑)

大事なお知らせ!これだけ!うれしい告知でしたhappy01

Bunkamura シアターコクーンに初登場!

中川晃教 コンサート2013
『I Sing』

2013.5月31日(金)  19:00 ~
2013.6月2日(日)  16:30 ~

Bunkamuraシアターコクーン
全席指定 ¥7,800
コクーンシート ¥5,800 (※2階バルコニー席) 

→キョードー東京の公演情報

【追記】3/7
参加者は、応募300通の中から選ばれた150名様なのだそうです。
前回ここであっきーのインストアライブ(5周年のベストアルバム特典)があったのは、7年前の4月。あっきーも登場するなり「やっと帰ってきた」って(笑)
その時のレポは→こちらに。
今回も写真撮ってましたので、もう少ししたら山野楽器のサイトにアップされると思います。
あのときはもっと倍率高くて、わたしはあっさり落選weep 悲しかったな~。今回は学習して、2口応募しました。それで1通当選したから、倍率どおり。
会場はたぶん200人くらい入るスペースかな。
ざっと数えたところで90席くらいの椅子が用意されてましたが、それ以外はお立ち見。
わたしの整理番号では、立ち見になってしまい、ちょっと足が痛くなっちゃったwobbly

Minilive_invitation

Popssic20130305

Popssic20130305b

話は開演前に戻るけど、地階のあっきーパネルがまだあるのを発見!
これはうれしかったhappy02
山野楽器さん、ありがと~!
でもあのパネルどうするんだろう?サインしてチャリティオークションにでもかけたら?っていう話をしたんだけど。でもどうやって持って帰るのかsweat02
よく見るとコーナーの薔薇がモーツァルトの舞台美術っぽい雰囲気ありconfident
(今回は勝手に撮っちゃった。良い子は真似しちゃいけません!)

いつもいつも思ってた。舞台で他の人(キャラクター)の人生を生きた後に、中川晃教という素の自分、アーティストとして純粋に歌い始める時、どんな気持ちなのかな~って。

今目の前で歌っているこの人は、本当にあの舞台の上にいた人と同一人物なのか?

それが良い舞台であればあるほど、「アーティスト」という素に戻ったあっきーを受け止めるのにものすごくエネルギーが必要でした。これまでは。

まだ舞台の世界から抜け出せずに面影を追ってしまうわたしを置き去りにして、どんどん先へ先へと走っていってしまうあっきーをちょっぴり恨めしく思ったり、寂しいと感じたり。

まだ記憶も鮮やかな「ロックオペラモーツァルト」が、わたしの中ではまだまだ絶賛ロングラン中なので、そんな中での素のあっきーを受け入れられるか、ライブを楽しめるのか、ちょっぴり不安もあったけど。

な~んにも心配することなかった。

同じ曲を歌っているのに、去年のHAKUJU HALLでのコンサートとも、CDの音とも、1月のタワレコライブとも違う、さらに情感豊かで表現力の厚みを増した歌声がそこにありました。「モーツァルト」という舞台経験がもたらした豊饒の世界。

ギャップと言うより、確かに繋がっている。と実感できたライブでした。

そのことは、「モーツァルト」が終わったという解放感はあるけど、まだその役柄(モーツァルト&サリエリ)から抜けた気がしない、というあっきー自身の言葉でも裏付けられました。

これはいつも先へ先へと視線を向けているあっきーにはとても珍しいことです。それだけモーツァルトという役(10年前と今回とは違う舞台とはいえ)は、彼にとって特別なものなんだろうなと思わせる言葉でした。

一曲目の「ビリー・ジーン」と二曲目の「I WILL GIVE U WHAT U WANT」を続けて歌った後にそんな話をして、梅田芸術劇場で販売したPOPSSICがよく売れたことや今でもオーダーが続いていることをうれしそうに報告した後で、このPOPSSICにもモーツァルトの曲が入っていることにも縁を感じる、なんて言うから、てっきり次の曲は「HAPPY DAY(トルコ行進曲)」かと思いきや、前回タワレコでも歌った「フタツ、ヒトツ」だったりするところがやっぱりあっきーだ~(笑)

この時はあっきーのピアノ弾き語りと西方くんのチェロのみ。二人きりになってすぐに「今日はいじめないから」(笑)
とか言いつつ、西方くんがカラオケでこの歌を歌ってくれた話をして、「じゃ、ちょっと歌ってみようか」ってまたまた無茶ぶりcoldsweats01 いじめないって言ったのに~(笑)
西方くん、今回もかなり本気で焦ってましたね。なんとか歌は逃れましたが(笑)
あっきー、きっとよっぽどうれしかったらしい。西方くんがカラオケで自分の歌を歌ってくれたこと。それが「フタツヒトツ」だったこと。この曲が好きな人は純粋な人が多いとかって。純粋って、単なるピュアってことじゃなくて、仕事だったり人に対してだったり、何かにまっすぐ一生懸命ってこと?みたいな話も。

話が前後しますが「I WILL GIVE U WHAT U WANT」のとき、少し構成を変えて歌ってたような気がします。一瞬歌詞を間違えたのかと(笑)そうではなく、意図的にリフレインのところ強調してたと思う。あれがアドリブなら、顔色ひとつ変えずに合わせてくれたさかきーと大坪さんを尊敬します。

「フタツヒトツ」も少しアレンジが違ってたし、最後の「月光~カンラン石」でも冒頭にさかきーのソロが入ったり、また新しい雰囲気。同じものは聞かせない、というあっきーらしいこだわりかな。

トークで、前後の脈絡は忘れたけど、印象的だったのは、指先の小さな傷をじ~っとみつめていると治るとか、今日は歌いすぎて喉を酷使したな~と思う夜寝る前に、喉に手を当てて「大丈夫大丈夫」と唱えると翌日ほんとにすっかり回復してるとか。

予想外に?売れている「POPSSIC」をさらにもっとたくさんの人のところに届けるため、TwitterなどのSNSによる口コミ宣伝お願いもありました。今日のライブの正直な感想をつぶやいてくれたら、またそれで(誰か)「引っかかる」かもしれないから、と言った後で「検索に」と追加(笑) はい、つぶやきましたよ。こんなもんでいかがでしょうか?→まとめ

たくさん引っかかるといいね wink heart04

最後にはうれしいお知らせ。コクーンでコンサートsign02

こういうびっくり告知はうれしいですね。

劇場でアーティストとしてのアイデンティティをアピール?

しかもフォーリズムだって。ここしばらくアコースティック続いたから、ドラム入ったバンド編成をバックに歌うあっきー、また新しい表情の歌声が聴けそうです。

モーツァルトが上書きされちゃうのが恐かったんだけど、まったくびくともせずにわたしの脳内再生続いてます(笑)どんだけ強烈な舞台だったかって。

だからって、このライブが弱かったってことじゃなくてですね、自然な感じで繋がってくれたので、楽しめました。いや、それどころか何度もさ~っと鳥肌立って震えるような瞬間も。

結局この人って「何よりもシンガー」なのだな~と何十回目(笑)の確認をしてきました。

こんなところで。

モーツァルトの話をもっとアップしたいんだけど、そうこうしてるうちに今週末は郡さんとのコンサートsweat01 書けるかな~。

【追記】2016/03/21
長年行方不明だった(笑)山野楽器さん公式レポートが発見されました!→こちら

もう、あるならちゃんと教えてくれなきゃ!

« あかい壁の家ツアーとチラシ公開 | トップページ | あっきーが新作ミュージカルに出演 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/50539555

この記事へのトラックバック一覧です: 『POPSSIC』発売記念中川晃教ミニライヴ&握手会:

« あかい壁の家ツアーとチラシ公開 | トップページ | あっきーが新作ミュージカルに出演 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ