あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 「ロックオペラモーツァルト」大阪公演が開幕 | トップページ | ライヴCDの申し込み »

2013年2月25日 (月)

インディゴの夢 ルージュの愛 終わりは始まり

「ロックオペラモーツァルト」大阪最終公演が無事に(でもないけどcoldsweats01)終了しました。
あっきー、山本くんはじめキャストのみなさん、裏で支えたみなさまも、大成功おめでとうございます!!
最後まで見届けて、今日の午後帰宅しました。
現地ではホテルでPCが使えず、リアルタイムにご報告できなくてすみませんでした。

素晴らしい舞台です。いまあらためて書きますが、ほんとうに美しく、力強く、スペクタクルで、ロックコンサートで、ミュージカルの枠には収まり切れない、新しい舞台が誕生しました。

今は満足感と幸福と感謝と一抹の寂しさと新たな希望と、夢の時間が終わったことが信じられない気持ちとで、頭がごちゃごちゃしてうまく言葉にできません。

落ち着くために富士山でも見ましょうfuji

Fujisan20130225

ああ、夢からさめたくなかった。それがたとえサリエリの悪夢でも。

大阪公演は、大阪という場所の持つパワーに後押しされてか、鬼もいないし、ライブ録音も終わって解放された気分なのか、あっきーの特にモーツァルトの自由度が東京比三割くらい増量されてました(笑)逆にサリエリは少し緊張感がとけてリラックスした演技にconfident

一方山本くんのモーツァルトは安定し…てると見せて、最後にやってくれました(爆)
おっかしくって、でも次の瞬間、うまいな~とうなる。すごい人だ。
大楽はおもしろいハプニングやアドリブ、ちょっとハッとするようなアクシデントまで、盛りだくさんで最高に盛り上がりましたhappy02happy02happy02heart04 涙と笑顔のカテコはもちろんオールスタンディング。細かい話は、後でまとめられたらまとめますが、大阪でのわたしのつぶやきは→こちら からどうぞ。

東京公演すらまとめきってないのに、大阪まで辿りつけるかな…sweat02

大楽をふり返ってキャストのみなさんもブログアップしてくれてます。

公式Facebookに千秋楽おめでとうメッセージ
AKANE LIVさん
キムラ緑子さん
栗山絵美さん
平田小百合さん
大野幸人さん
なんと!あの苦悩メイクは、単に足してってるんじゃなくて、一回落としてたんですね?!そりゃあ、大変sweat01sweat01
千田真司さん
千田さんのブログには、前日の打ち上げ写真もあります。
香月彩里さん
大楽開演前の劇場。
平井琴望さん
湊ゆりかさん、いらしてたんですね

こちらは2/23土曜日のお客さま。西田ひかるさん、劇場でおみかけしましたよ~happy01
ご自分のブログにモーツァルトのことを書いてくださってます。
→その1
→その2
→その3
山本くんは元恋人で、あっきーは元旦那ですか(笑)

そしてお友だちブログで知ったこの記事。

■女性自身(エンタ@jisin)
中川晃教 主演舞台『ロックオペラ モーツァルト』で、「これまでにない辛さを味わっています!(笑)」

すごく読みでのあるロングインタビュー。公演が終わった今読むと、なるほどそうだったのか!と思うところ多々あり。特に個人的に受けたのは、フィリップさんの言葉「モーツァルトは子犬dogのようではない」(爆)
アメリカ人にまで子犬に見えるのか~coldsweats01
大変なお稽古の末に生まれたモーツァルト&サリエリ。この経験が次につながりますように。

いろいろな思いがこみ上げてきて、書きとめておきたいけれど、最近体力がなくてまとまりません…。
でも今のネット環境なら、ツイッターでもブログでも、大勢の方がつぶやいてくださってるので、PCだけでなくスマホでもちょっと検索かければ大量の情報が入ってきます。
(わたしひとり頑張らなくていいんだ)
だから無理しなくていいんだよね。(え゛)

もうちょっと意味のあること書けそうだったら、今週中に書きます。それ以上は記憶がもたない(笑)

« 「ロックオペラモーツァルト」大阪公演が開幕 | トップページ | ライヴCDの申し込み »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/49660406

この記事へのトラックバック一覧です: インディゴの夢 ルージュの愛 終わりは始まり:

« 「ロックオペラモーツァルト」大阪公演が開幕 | トップページ | ライヴCDの申し込み »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ