あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 舞台「銀河英雄伝説 第三章 内乱」アフタートーク追加&追加先行 | トップページ | ポプランって、そういうキャラ…だっけか?(笑) »

2013年2月13日 (水)

放蕩息子の帰還

「ロックオペラモーツァルト」初日ソワレの話の続き。
また例によって劇場への道から記録。
今日はこちらから、JRと東横線抜けて行きました。

Shibuya2013021101

今年2回目、通算5回目のヒカリエ。時節柄バレンタイン仕様となっております。

Hikarie2013021101

Hikarie2013021103

Orb2013021101

そして今日も同じ開演時間なので、夕焼けモード。

Orb2013021102

Orb2013021106

前日のプレビューであっきー友たちが大騒ぎしていた、そしてこの日のマチネでも盛り上がったらしいルージュバージョン。

やっと見られるのでわくわくしながら入場。

Orb2013021103

Orb2013021104

Orb2013021105

あ、2幕の時間が5分延びてる。ライブCDの予約受付開始。

インディゴ、ルージュ各バージョン1枚4000円。2枚同時購入で7800円。送料各600円。
舞台写真入りブックレットというのは、人から聞いたところによると、歌詞カード的なものらしい。中川晃教FCでも取り扱うと言うお知らせDMが届き、こちらは特典として各バージョンの舞台写真が1枚ずつ付くらしい。送料がほんの少し高いけど、わたしはこちらから」申し込もうかな~。いまちょっと現金ないのでcoldsweats01受付期間中(2月末まで)にはきっと。

これ、劇場予約のみかな?今回劇場まで来れないけど、CDだけほしいっていう全国のファンも多いのでは。通販してくれるとありがたいんだけどね。
NANでは一般向けのご案内はしないのかな?(と、またここでつぶやいても)

 

本編に入ろうとしたところで、突然の眠気がsleepy

がんばって少しだけ。

ルージュバージョン、帰ってきたあっきーのヴォルフガング、もちろん別のキャラクターなんだけど、やっぱりよかったです。
あっきーが歌うと生き生きと立体感をもって心に届く。山本くんが歌ったのと同じ歌とは思えないくらい。特に「薔薇の香りに包まれて」だっけかな?1幕最後の歌はよかった。
しかしこの日一番わたしの印象に残ったのは、山本くんのサリエリでした。
後ろで結んだ髪型、コートの裾さばき、白くなめらかな横顔、落ち着いた演技と歌声。これまたあっきーが歌った歌と同じとは思えない説得力をもって胸に迫りました。
またしてもやられた!

でもわたしはあっきーのことを…(ぱた) <え゛~??そこで終わるsweat01

(一応続く予定)

【追記】
これではあんまりなので、ライター大原薫さんのブログ記事をご紹介。

さすがにプロの視点は違う。わたしのなんちゃってレポなんかよりずっと深くて詳しくて読みでがあります。観劇レポったら、こんな風に書けたらいいですね。いや、わたし、とうてい無理だけど。

それにしてもゲネのニュース出ないな~。

【追記2】2/14

何か書いておかなきゃと思ったんだけど、もうすでに記憶が定かでないsweat01

この日感じたことは、あっきーヴォルフ(放蕩息子)がやっと帰ってきた、という感慨と、でもそれだけで感動しないものだな、という思い。

もちろんあっきーはモーツァルトの自由奔放さや時代の制約や常識にとらわれない柔軟性、純粋に自分の音楽を求める情熱なんかをまんま気負うことなくそれこそ自由にのびのびと演じて、見ていて清々しいくらいだったんだけど。

でもそういう「モーツァルト像」を演じるだけだったら、山本くんのモーツァルトも負けてなかった。と思う。

そして今日のサリエリ。何もかも美しすぎますlovelyshineshine

やられたな~、ほんとに。完敗。(わたしが負けたのか?)

山本くんのファンのみなさん、ごめんなさい。ライブCDが出たらぜんぶあっきーバージョンのプレイリスト作ってそれしか聞かない、みたいなこと書きましたが、撤回します。

やっぱりこれは、この組み合わせだからいいのだと、気づきました。

あっきーヴォルフと山本サリエリ。このマッチングは最高。

というわけで、二人にはもう何の文句もないのですが、舞台としてあらためて見ると、プレビュー初日に比べたら各段に流れがよくなってる。気がしたけど、もしかしたらそれは、わたしが二度目で慣れたから?かもしれないし、そこはあまり客観的な評価はできません。

まだちょっと歌と歌の間が間延びに感じるし、各キャラクタ(モーツァルトとサリエリ以外)の感情の流れがつかめない。というか共感できない。

いっそストーリー捨てて、コンサートバージョンに徹すればいいのに。

そんなわけであっきーファン大絶賛のルージュバージョンでしたが、わたしはかなり温度差ありありだったのです。

キャストのことで、まだコメントしてなかった人がいた。
大野くんと高橋くんの「苦悩」コンビ。
この二人が出てくると、ハッと目を引かれる。動きのシャープさが全然違う。
大野くんは、CHESS in Concert で、16人分のコールドの働きをしたと思っているけど、今回の二人も40人分くらいまかなってるかも?
1幕最後の「薔薇の香りに包まれて」でのモーツァルトの苦悩。
2幕中盤の「殺しのシンフォニー」でのサリエリの苦悩。
「運命」の派手なたたずまい(笑)とは対照的にシンプルにからみつく二人のダンサー。
すごく印象的で、この二人のダンス、サリエリも巻き込んだダンスシーン、大好きです。

他にまだ何か初日に感じたことで思い出したら追記します。

« 舞台「銀河英雄伝説 第三章 内乱」アフタートーク追加&追加先行 | トップページ | ポプランって、そういうキャラ…だっけか?(笑) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/49369524

この記事へのトラックバック一覧です: 放蕩息子の帰還:

« 舞台「銀河英雄伝説 第三章 内乱」アフタートーク追加&追加先行 | トップページ | ポプランって、そういうキャラ…だっけか?(笑) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ