あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 「ロックオペラモーツァルト」劇評とか | トップページ | 言葉を失うとはこういうことか »

2013年2月16日 (土)

観劇記録

やっぱり平日の仕事帰り観劇はつらいsweat02
アフタートークのレポどころか、見るたびに変わる感想をアップする余裕もなくsad
とりあえず観劇の記録を。

東急シアターオーブ
『L'OPERA ROCK MOZART ロックオペラ モーツァルト』

■2013年2月9日(土)17:00~
プレビュー公演(インディゴバージョン)
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:山本耕史
アントニオ・サリエリ:中川晃教
座席:2階7列センター

■2013年2月11日(月・祝)17:00~
初日ソワレ(ルージュバージョン)
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:中川晃教
アントニオ・サリエリ:山本耕史
座席:2階6列センター

■2013年2月13日(水)18:30~
(インディゴバージョン)
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:山本耕史
アントニオ・サリエリ:中川晃教
座席:3階1列センター下手寄り
◎スペシャルアフタートーク
登壇者:山本耕史 中川晃教 高橋ジョージ

■2013年2月15日(金)18:30~
(インディゴバージョン)
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:山本耕史
アントニオ・サリエリ:中川晃教
座席:3階1列センター
◎スペシャルアフタートーク
登壇者:山本耕史 中川晃教 鶴見辰吾 キムラ緑子

ご覧の通り、ルージュまだ一回、インディゴ三回。
観劇3回目にしてようやくこの舞台のリズムというか乗り方がわかった気がして、昨日の観劇4回目にして初めて思えた。わたしはこの舞台、大好きだ~!lovelyheart04と。
そしてあっきーファン仲間では圧倒的にルージュバージョン派が多いんだけど、わたしはインディゴも同じくらい好きだな。
あっきーのモーツァルトもサリエリも気に入ることは初めからわかってたこと。
でも山本耕史という役者さんを初めて舞台で見て、聞きしに勝るその才能と実力に完敗です。
これは自分でも思いがけないことでした。
そしてこの二人だからこそ生まれるハーモニー。音楽も物語も。

そうそう、物語っていうかこの作品はストーリーで見ちゃダメですね。
純粋にスペクタクルとして楽しむのが正解。
それに気がつけば後はただ舞台の美しさと音楽に酔いしれるだけ。

今日は東京公演最後のルージュバージョン、あっきーモーツァルトです。
プレビュー見てから、居ても立ってもいられずcoldsweats01最初はソワレだけの予定がマチソワになっちゃった。平日観劇とマチソワは体力的に無理…と思って避けてたのに、大丈夫か、わたしsweat01

オーブからの眺めで好きな方角はやっぱりセルリアンタワー方面なんだけど、そこに富士山が見えることを発見!開演前、夕闇せまる中でくっきりとしたシルエット~fuji
あまりきれいに撮れていませんが、最後にこれを。13日、アフタートークの日ですね。

Mtfuji2013021301

さあ、あっきーモーツァルトに会いに出かけよう♪

« 「ロックオペラモーツァルト」劇評とか | トップページ | 言葉を失うとはこういうことか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/49441340

この記事へのトラックバック一覧です: 観劇記録:

« 「ロックオペラモーツァルト」劇評とか | トップページ | 言葉を失うとはこういうことか »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ