あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 「ロックオペラモーツァルト」東京公演感動の千秋楽 | トップページ | 「ロックオペラモーツァルト」ボーカル曲リスト »

2013年2月18日 (月)

「ロックオペラモーツァルト」一夜明けて

「幻のように耳にこびりついて離れない」音楽のおかげで、一日仕事に集中できずsweat02

という書き出しでやっと書きあげた記事がGoogle用に立ち上げてた別画面のFirefoxごと消えてしまった~crying

書き直す元気がないので、取り急ぎ情報のみ。

「ロックオペラモーツァルト」公式Facebookでキャスト全員からの直筆メッセージがアルバムになってアップされています。アップされた時間からして、あの熱い千秋楽の直後だったみたいでみなさんの気持ちがうれしい。お疲れのところありがとうheart01
短いコメントがツボだったりして。
ダ・ポンテ上山さんの「あざす」paper、天辺さんの「恋しちゃった」heart02
あっきーが詐欺師みたいな人って言ってた法定代理人コング桑田さんが大阪でもぶちかましてくれるみたいですねbleah(実はコロレドと同一人物ってカテコで初めて知った(爆))
オランジュ公妃の丹羽さんまで大阪弁でって(笑)大阪盛り上がりそうですね~。

あっきーと山本くんは呼応するように最後のシーン、「死すべき定めなら」からですね。
♪また逢おう また逢おう
その時わかる すべての意味が

昨日はここで涙が…weep
自分でもびっくりしました。
初見のプレビューでは一番トートツでビミョーな場面だったのに。
こんなにも短期間でこんなにも印象が変わってしまった舞台は初めてです。
そしてあっきーモーツァルトのルージュバージョン最高!と思わせておいて、その翌日のインディゴバージョンでは、これ以上ないというくらい完璧な山本モーツァルトを見せられ、歌声もまるでこの日に合わせて調整したかのような素晴らしさshine

聞けばCD収録日だったとか。なるほどあっきーの演技にも歌にもやや硬さが見えたのはそのせいかcoldsweats01 それでもあの最高の歌声がCDとして残るのはうれしいlovely
両バージョン購入してあっきーだけのプレイリスト作ろうなんて言ってた人がこの変わりよう!(爆) あっきーファンとして今回の舞台でいろいろと感動ポイントはあったけど、わたしにとっての大きな収穫のひとつは間違いなく山本耕史という役者に出会えたことです。

そのライブCDですが、今日VISIONのお知らせで、予約は会場だけでなく公式サイトからもできると書かれていたので、さっそく公式サイトに行ってみたけどそれらしきお知らせはなし。そこでネルケに電話で確認してみたところ、近日中に公式サイトでも予約受付できるようにただいま準備中だそうです!flair
時期は未定だそうですが、大阪公演の後になるかもというお話でした。

これは東京からも大阪からも遠方で劇場まで足を運べないファンにとっては朗報ですよね。また、観劇時には決断できなくてまたは知らずに、予約しそこなった方々にとっても。
今回は受注生産・販売だから、予約しないと買えないわけで。

たくさん予約が入って、東京公演に続いて大阪でも成功すれば、再演への足がかりになるかもしれない。再演はあるものと勝手に決めていますが(笑)
だってローゼンベルク伯爵のコンス(クリムゾンバージョンと命名)見たいもんhappy02

あの千秋楽の盛り上がり、フィリップさんにも見せたかったな~、と思っていたら、フィリップさんの公式サイトが更新されていて、日付からすると2/16ルージュバージョンの千秋楽並みの盛り上がりのことをどなたか(複数)お伝えしたらしく。チケットは完売、ふだんあまり感情を表に出さない日本の観客がスタオベで迎えてくれたことがよほどうれしかったと見えます。
ほんとによかったですねscissors 大成功と言っていいですよね。東京公演。
フィリップさんがお住まいの近くなのでしょうか、湖のあるすてきな場所。大きなお仕事を済ませたのですから、しばし休息&リフレッシュできるといいですね。
ほんとにお疲れさまでした。(あっきーに鬼とか言われてることは内緒にしといて)

先週2/14付の朝日新聞夕刊に掲載された劇評が、朝日デジタルのサイトにアップされています。残念ながら会員登録しないと全文は読めません。無料登録でも1日3本まで有料記事が読めるようです。

なんか書き直す前より長いような気も(笑)

取り急ぎここまで。

« 「ロックオペラモーツァルト」東京公演感動の千秋楽 | トップページ | 「ロックオペラモーツァルト」ボーカル曲リスト »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/49501122

この記事へのトラックバック一覧です: 「ロックオペラモーツァルト」一夜明けて:

« 「ロックオペラモーツァルト」東京公演感動の千秋楽 | トップページ | 「ロックオペラモーツァルト」ボーカル曲リスト »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ