あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« ポプランって、そういうキャラ…だっけか?(笑) | トップページ | 観劇記録 »

2013年2月15日 (金)

「ロックオペラモーツァルト」劇評とか

昨日の観劇&アフタートークのご報告がまだ、っていうか初日レポが途中だしsweat01
また、これダメかもしれないwobbly(え゛~)

本日(2/14)付けの朝日新聞夕刊に、カラーの舞台写真付きでモーツァルトの劇評が掲載されています。ルージュバージョンをご覧になったようで、あっきーの「演技は明るく奔放、高音が多い歌を激しく情熱的に歌い上げ、モーツァルトにぴったり」という評価はうれしく、M!や「アマデウス」からの既視感は確かに…sweat01

朝日デジタルの舞台関連記事には残念ながらアップされていません。
スターファイルの今後の予定に「「ロックオペラ モーツァルト」公演評」っていうのがありますが、掲載いつかな~?

メディアになかなかゲネ記事出ないな~、と思ってましたが、こちらもプレビュー(インディゴ)観劇レポ。

■チケットぴあ演劇ニュース

山本耕史&中川晃教が魂をぶつけ合う!『ロックオペラ モーツァルト』上演中

「ロックライブ×ファッションショー」という捕らえ方は、観劇三回目にしてやっと見えてきたわたしのイメージにかなり近いです。この舞台はミュージカルでもオペラでもなく、やはり「スペクタクル」なのだと。この新しさが自分も含め一部の観客の戸惑いを引き起こしているような気がする。
これが「日本ミュージカル界の新しいページを刻む名作」となるのかどうか、もう少し判断は保留。

それにしても

「中川は心の奥底に抑えた葛藤を炎のゆらめきで演じながら、ソロナンバーでは高低自在の歌唱力で感情を爆発させる。特に二期会の北原瑠美が歌うモーツァルトのオペラ『後宮からの逃走』のアリアにかぶさるようにして歌われる『痛みこそ真実』は圧巻」

っていう表現はいいですね~。
「痛みこそ真実」の場面はわたしもフランス版を超えた!と思うscissorsshine

実際あっきーサリエリは、背中に炎しょってるのが見えるようだspaspaspa
目が白く抜けて効果音(ごごごぉ~~!)付き(笑)
島本和彦かbleah


« ポプランって、そういうキャラ…だっけか?(笑) | トップページ | 観劇記録 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/49415196

この記事へのトラックバック一覧です: 「ロックオペラモーツァルト」劇評とか:

« ポプランって、そういうキャラ…だっけか?(笑) | トップページ | 観劇記録 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ